1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. おでかけ
  4. ボーはおそれている

悪夢の迷宮に出口はあるのか

ボーはおそれている

©2023 Mommy Knows Best LLC, UAAP LLC and IPR.VC Fund II KY. All Rights Reserved.

ちょっと理解しがたい人に会ったことがあるかと聞かれたら、きっと皆さん度合いの差こそあれ、幾人か思い当たるのではないだろうか。でも他人のことなど、本来わからないほうが普通なのではないか。なぜその人がそんな風なのか、ちょっと知っただけでわかるはずがない。わかるはずがないのに、世の中ではなぜだかわかる方が普通だと思われていて、わかりにくい人は異常であるとされがちである。この作品はそういう事実を強烈に突きつけてくる。

主人公の日常から物語が始まり、少しずつ、パズルのピースが与えられる。しかし情報が増えるほど「わからなさ」が増していく。次第に揃っていくピースを並べて浮かび上がってくる悪夢。主人公の周りに現れる人物たち。主人公よりも理解できそうに見える人たちを私たちは本当に理解できているのか。作品の終盤に差し掛かるころ、もはや誰のことも理解などできないという気分になる。よく知っているはずの誰かのことも、本当は何一つわかっていないのではないかと思えてくる。

この作品はホラーではなく、サスペンスでもない。もっとずっと恐ろしく、地獄のような悪夢である。それでいて、現実とほとんど違わない。(映画ライター・ケン坊)

ケン坊がさらに語る!WEB限定おまけコラム

この記事には映画のネタバレが少々含まれているので、まだ映画を見ていない人はその点をご承知おきの上で読んでください。

もっと読む

一言で言えば悪夢であり、率直な感想を述べるとすれば、生きているのが嫌になるような映画だった。

主人公のボーは少々変わった人物だ。知的障害があるか、もしくは何らかの精神疾患を抱えているような描き方がされている。彼はスラムに住んでいて、セラピーを受けているという日常が描かれる。何一つ情報がないところから断片的にわかることが増え、次第にボーという人物のことがわかってくるわけだが、彼を取り巻く環境がわかってくるほど、同時に疑問も増えるようになっている。実にうまくできていて、途中でかかわってくる人物も、自然で善良な人たちに見えながら次第に「もしかしたらそうでもないかもしれない」という印象になってくる。人の印象などというものはほとんどあてにならないと思い知らされる。

ボーの周囲に次々登場してくる人たちは、一見普通の人に見えながら全く異常であり、誰一人信用ならないし理解できない。その意味不明なふるまいに戸惑い怯えるボーは、いつのまにか観客である私たちが唯一理解できる人物になっている。この脚本は見事だと思う。ボーに異常なところなど一つもないのだが、しばらくこの物語に付き合い、様々な情報を得て初めてそれがわかる。一方、少ない情報で信頼できそうに見えた人たちの信用ならなさはまさに地獄だ。「いい人そう」という印象はいったいなんだったのか。

ボーの人生は悪夢そのものであり、我々は3時間に渡り、その悪夢を追体験する。終盤、もう生きていたくないとさえ思うに至り、はっとした。この作品が描いているのはボーという人物を取り巻く異常な世界などではなく、紛れもない現実世界なのである。影響力の大きいものが他を支配する。正しさではなく強さが正義であり、ボーのような人物はどんなに正直で悪意が無かろうと葬り去られる。この作品が地獄に感じられるのは、描かれている悪夢があまりにも現実に酷似しているからであろう。

関連スポット

シネプレックス旭川

シネプレックス旭川

住所:旭川市永山12条3丁目ウエスタンパワーズ内

TEL:0570-783-882

永山/アミューズメント

関連キーワード

シネマの時間 バックナンバー

パスト ライブス/再会
仲が良かった幼なじみと小学生の頃に遠く離れてしまい、24年を経て再会するというお話。実際に対面するまで24年だが、12年目にオンラインで再会する。今、インターネ... (4月12日)
オッペンハイマー
ロバート・オッペンハイマーの半生を描く伝記映画であり、その時代を描く歴史映画でもある。ただ、時系列がシャッフルされているため、史実の順序を知らないと少々わかりに... (4月5日)
マイホームヒーロー
娘がヤバい男と付き合ってしまい、命に危険が及びそうだ。そうなったらお父さん、あなたはどうしますか?本作では娘を守るために殺人を犯してしまったお父さん。しかしこと... (3月15日)
身代わり忠臣蔵
これまでに幾度となく映像化されてきてもはや誰もが知っていると言っても過言ではない忠臣蔵。それを誰も見たことがないドタバタコメディにしたのが本作である。奇想天外な... (2月16日)
ゴールデンカムイ
明治の北海道を舞台にした漫画作品『ゴールデンカムイ』。アイヌ文化に触れながら壮大なアクションを描くこの作品は、すでに原作漫画、アニメ化作品ともに大好評でご覧にな... (1月26日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

アカウント作成

ライナー最新号

2024年4月19日号
2024年4月19日号
パナソニックの
ショールームが移転
体感型の展示で魅了
紙面を見る

ピックアップ

注目グルメ
注目グルメ
定番から新作まで
ライナーが今注目する
お店の味はこれだ!
スーパーのお惣菜
スーパーのお惣菜
スーパーうまい!
惣菜パン編
シネマの時間
シネマの時間
映画ライター・ケン坊が語る新作映画と
そのみどころ
つくろう旬レシピ
つくろう旬レシピ
プロの料理人が教える
季節の食材を使った
絶品レシピをご紹介
味な人
味な人
北北海道で食に携わる
人々の横顔をご紹介
ものぴりか
ものぴりか
ライナーが集めてきた
地元の素敵な品々を紹介します
不動産情報
不動産情報
不動産・リフォーム等
住まいに関する情報を公開中
クーポン
クーポン
お得なクーポンを公開中
お知らせ
お知らせ
お店・スポットの
お知らせ
ラーメンマップ
ラーメンマップ
ラーメン食べたいなぁ
そんなときは専用マップで探してみよう
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
4/16〜22

ページの最上段に戻る