1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. おでかけ
  4. ブルー きみは大丈夫

あなたの大切な「IF」

ブルー きみは大丈夫

©2023 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

毎週映画館に通っているのに、この映画の予告を見た記憶がない。今回新作のリストを眺めてタイトルだけでこの映画を選び、まったく知らないまま見たのだが、何度も胸がいっぱいになって感情が溢れるような、とてもステキな作品だった。ぜんぜん宣伝をしていないせいなのかお客さんはまばらだった。この映画、ぜひもっと多くの人に知ってほしい。

主人公は12歳の少女。子どもから少しずつ大人になっていく年頃。幼い頃、心の中にいたイマジナリーフレンド。それは成長とともに次第に必要なくなり、やがて忘れてしまうもの。でも、大人には本当に必要ないのだろうか。自分が負けそうなとき、折れそうなとき、もしあのイマジナリーフレンドがそばにいたとしたら、彼らは勇気をくれたりしないだろうか。

この映画、主人公は少女だし、サムネイル画像を見ればなにやら大きなモンスターみたいなのが写っているしで、「子ども向けでしょ?」と思われるかもしれないけれど、かつて子どもだったすべての人にお勧めしたい映画である。大人になる途中で手放してきたもの。それは不要なものばかりではなかったかもしれない。この映画はそういう何かを思い出させてくれる。(映画ライター・ケン坊)

ケン坊がさらに語る!WEB限定おまけコラム

この記事には映画のネタバレが少々含まれているので、まだ映画を見ていない人はその点をご承知おきの上で読んでください。

もっと読む

主人公の少女は母親を亡くしており、今度は父が手術をするために入院することになった。父子二人暮らしで父親が入院するため、少女は祖母のところへ預けられることになる。幼いころに過ごしたことのある祖母の家で、少女は不思議な男に出会う。

一緒に過ごしていた子どもが成長してしまったことで必要とされなくなったイマジナリーフレンドたちが閉鎖された遊園地の地下に集まっていて、彼はそのイマジナリーフレンドたちに、新しいパートナーの子どもを紹介する斡旋業者みたいな仕事をしている。少女はこの仕事を手伝うことになるのだが、新しいパートナーを斡旋するのではなく、元のパートナー、すでに大人になっている彼らのところに、イマジナリーフレンドたちを返すことにする。この仕事の変換がこの作品の核になっていると思う。これが普通に新しいパートナーに斡旋するだけの話であれば、ファンタジックな子ども向けの映画であったろう。でもすでにイマジナリーフレンドを必要としなくなった大人のもとへ帰すという無理難題にしたことで、作品の深みが激増した。

一般にイマジナリーフレンドは心が成熟していけば必要なくなり、やがて忘れてしまうとされている。でも大人には本当に不要なのか。忘れてしまったものは永遠に思い出されることはないのか。この作品はそこに注目して、ひいては「思い出とはどういうものなのか」といったことまで掘り下げていき、思い出を想起させるトリガーを用いることでイマジナリーフレンドを元のパートナーのところへ帰していく。

ラスト、主人公の少女自身がイマジナリーフレンドを思い出して見事に着地し、さらにエンディングでは作中に登場したイマジナリーたちが作中の登場人物のところへ帰れたという描き方になっていて素晴らしい。八方見事に収まるハッピーエンド作品ではあるが、心を丁寧に描いているのでシンプルに感情を揺さぶられる。こんなに良い映画なのに露出が少なすぎてまったく知らなかった。この映画をもっと多くの人に知ってほしい。この記事がその一助となればとても嬉しい。

関連スポット

イオンシネマ旭川駅前

道北最大級の8スクリーン1,200席

イオンシネマ旭川駅前

住所:旭川市宮下通7丁目2番5号 イオンモール旭川駅前4F

TEL:0166-74-6411/駐車場:900台

宮下通/アミューズメント

  • 駐車場

関連キーワード

シネマの時間 バックナンバー

キングダム 大将軍の帰還
震える。心の奥底が。実写版「キングダム」も四作目を迎え、物語は一つの大きな区切りとなる。このシリーズの作品は過去にも紹介していて毎度書いているような気がするけれ... (7月19日)
九十歳。何がめでたい
なにもかもが奇跡みたいな映画だ。原作はあまりにも売れた佐藤愛子のベストセラーエッセイであり、著者は昨年100歳を迎えられてなお健在である。このエッセイをもとにし... (6月28日)
帰ってきた あぶない刑事
8年前、『さらばあぶない刑事』で「サラバだぜ」と言っていたはずの「あぶ刑事」シリーズ、まさかの新作が登場。今回は特にこれで最後だぜという宣言はされていないのだが... (5月31日)
猿の惑星/キングダム
またまた来ました『猿の惑星』シリーズの最新作。こうなってくるともうどこまでも続けるのだろうなという気配が感じられる。1968年のシリーズ第一作のすばらしさはいさ... (5月17日)
劇場版ブルーロック -EPISODE 凪-
サッカーを題材にしたアニメ作品だがいわゆるスポ根みたいな話ではなく、「ハンター・ハンター」のサッカー版のような物語である。世界観がだいぶぶっ飛んでいてリアリティ... (4月26日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

アカウント作成

ライナー最新号

2024年7月19日号
2024年7月19日号
キッチンカーやステージ
など見どころがいっぱい
21日にラーメン村まつり
紙面を見る

ピックアップ

味な人
味な人
北北海道で食に携わる
人々の横顔をご紹介
シネマの時間
シネマの時間
映画ライター・ケン坊が語る新作映画と
そのみどころ
スーパーのお惣菜
スーパーのお惣菜
スーパーうまい!
コロッケ編
みらい農家
みらい農家
地域の未来を
耕す人たちを
紹介します
注目グルメ
注目グルメ
定番から新作まで
ライナーが今注目する
お店の味はこれだ!
ものぴりか
ものぴりか
ライナーが集めてきた
地元の素敵な品々を紹介します
不動産情報
不動産情報
不動産・リフォーム等
住まいに関する情報を公開中
クーポン
クーポン
お得なクーポンを公開中
お知らせ
お知らせ
お店・スポットの
お知らせ
ラーメンマップ
ラーメンマップ
ラーメン食べたいなぁ
そんなときは専用マップで探してみよう
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
7/16〜22

ページの最上段に戻る