1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. おでかけ
  4. 九十歳。何がめでたい

声出していこう

九十歳。何がめでたい

©2024「九十歳。何がめでたい」製作委員会
©佐藤愛子/小学館

なにもかもが奇跡みたいな映画だ。原作はあまりにも売れた佐藤愛子のベストセラーエッセイであり、著者は昨年100歳を迎えられてなお健在である。このエッセイをもとにして著者である佐藤愛子を描いた映画が本作なのだが、本作でその佐藤愛子を演じるのが草笛光子、御年90歳である。90歳の人物を90歳の俳優で映画化する。こんなことが実現したのはほとんど奇跡なのではないだろうか。

物語は脚色が大変良くできている。エッセイのタイトルを冠しているがエッセイの映画化ではなく、それを書いたときの佐藤愛子を描く伝記的なお話になっている。時代遅れのロートルと化した熱血編集マンが、さらに倍ほども年をとっている作家のもとへ仕事を依頼しに来る。二人の軽妙なやり取りには様々な人間模様が見え隠れし、それほど多くないエピソードから実に深い印象を残す。

御年90歳の草笛光子は元気だし張りがある。その元気の秘訣は声であろう。しっかり腹から声を出すというのが健康にもとても良いことが伺える。しっかり声を出してはっきりとものを言う。そうやって明日からも生きていこうと思えるような、元気、勇気、あるいは活力のようなものをくれる映画である。(映画ライター・ケン坊)

ケン坊がさらに語る!WEB限定おまけコラム

この記事には映画のネタバレが少々含まれているので、まだ映画を見ていない人はその点をご承知おきの上で読んでください。

もっと読む

時代遅れ。この言葉は年を重ねていくものに必然のように突きつけられるもので、ある程度避けがたいであろう。しかし、時は令和となり、時代の流れがあまりにも早い。十年一昔と言われた時代があったけれど、今特にテクノロジーの分野では二週間前の技術がもう古い。このようなペースで時代が変化していく今、年齢に関係なく誰もが時代遅れになり得る。本作では主人公に後期高齢者(90歳)の作家を置き、彼女を担当する編集者に中年(おそらくアラフィフ)の熱血編集マンを配置している。化石みたいなレジェンドを時代遅れの編集マンが動かしてエッセイを連載し、のちにそれが単行本となる。この本が実際にリリースされたのはそれこそ十年一昔単位での一昔前であり、編集マンは本当に当時のロートルだったのかもしれないが、この時代は現在ほどコンプライアンス意識は高くなく、現在の感覚からすればふた昔ぐらい古いはずである。映画はそこを現在の感覚にアップデートしてあるため、ロートル編集マンは完全にアウトな人物として描かれている。

この辺が実際とどの程度違うのかがわからないのだが、こうして作られたこのエッセイは、実際に爆発的に売れた。

映画の中でも、実際のエッセイに書かれている内容が、草笛光子の朗読のような形で表現されている。90歳にもなるおばあさんが「昔はこうだった」などという話をしたところで、当然現在の感覚にはまったく合わない。にもかかわらず、これが老若男女を問わず共感を呼び、大ヒットしたのである。時代遅れとはいったいなんだろうか。

この映画には時代に合わなくなった価値観が数多く登場する。でもその中には、今から先の世界を生きるのに、知っていると楽しくなるようなものも、いくらか含まれていたように思う。元気の出る映画として、ときどき見返したい作品であった。

関連スポット

シネプレックス旭川

シネプレックス旭川

住所:旭川市永山12条3丁目ウエスタンパワーズ内

TEL:0570-783-882

永山/アミューズメント

イオンシネマ旭川駅前

道北最大級の8スクリーン1,200席

イオンシネマ旭川駅前

住所:旭川市宮下通7丁目2番5号 イオンモール旭川駅前4F

TEL:0166-74-6411/駐車場:900台

宮下通/アミューズメント

  • 駐車場

関連キーワード

シネマの時間 バックナンバー

キングダム 大将軍の帰還
震える。心の奥底が。実写版「キングダム」も四作目を迎え、物語は一つの大きな区切りとなる。このシリーズの作品は過去にも紹介していて毎度書いているような気がするけれ... (7月19日)
ブルー きみは大丈夫
毎週映画館に通っているのに、この映画の予告を見た記憶がない。今回新作のリストを眺めてタイトルだけでこの映画を選び、まったく知らないまま見たのだが、何度も胸がいっ... (6月21日)
帰ってきた あぶない刑事
8年前、『さらばあぶない刑事』で「サラバだぜ」と言っていたはずの「あぶ刑事」シリーズ、まさかの新作が登場。今回は特にこれで最後だぜという宣言はされていないのだが... (5月31日)
猿の惑星/キングダム
またまた来ました『猿の惑星』シリーズの最新作。こうなってくるともうどこまでも続けるのだろうなという気配が感じられる。1968年のシリーズ第一作のすばらしさはいさ... (5月17日)
劇場版ブルーロック -EPISODE 凪-
サッカーを題材にしたアニメ作品だがいわゆるスポ根みたいな話ではなく、「ハンター・ハンター」のサッカー版のような物語である。世界観がだいぶぶっ飛んでいてリアリティ... (4月26日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

アカウント作成

ライナー最新号

2024年7月19日号
2024年7月19日号
キッチンカーやステージ
など見どころがいっぱい
21日にラーメン村まつり
紙面を見る

ピックアップ

味な人
味な人
北北海道で食に携わる
人々の横顔をご紹介
シネマの時間
シネマの時間
映画ライター・ケン坊が語る新作映画と
そのみどころ
スーパーのお惣菜
スーパーのお惣菜
スーパーうまい!
コロッケ編
みらい農家
みらい農家
地域の未来を
耕す人たちを
紹介します
注目グルメ
注目グルメ
定番から新作まで
ライナーが今注目する
お店の味はこれだ!
ものぴりか
ものぴりか
ライナーが集めてきた
地元の素敵な品々を紹介します
不動産情報
不動産情報
不動産・リフォーム等
住まいに関する情報を公開中
クーポン
クーポン
お得なクーポンを公開中
お知らせ
お知らせ
お店・スポットの
お知らせ
ラーメンマップ
ラーメンマップ
ラーメン食べたいなぁ
そんなときは専用マップで探してみよう
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
7/16〜22

ページの最上段に戻る