1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. おでかけ
  4. 帰ってきた あぶない刑事

今度こそ見納め!?

帰ってきた あぶない刑事

©2024「帰ってきた あぶない刑事」製作委員会

8年前、『さらばあぶない刑事』で「サラバだぜ」と言っていたはずの「あぶ刑事」シリーズ、まさかの新作が登場。今回は特にこれで最後だぜという宣言はされていないのだが、主要キャストの年齢を考えるとこの次を作るのはおそらく物理的に難しいため、本作が本当のラストになる可能性は高そうだ。そんな思いを抱えて見た本作、大満足の仕上がりであった。主要なキャラクターはもちろん、事件そのものも過去のエピソードとリンクした内容になっているし、往年のファンが見たがる「あぶ刑事」がぎっしり詰まっている。そこまでしなくてもいいだろうという部分まで含め、完璧な「あぶ刑事」だ。

私は今回、シリーズを一つも見たことが無く、キャラクターを含め何も知らない息子と見に行ったのだが、こういうド派手系刑事ものみたいな作品自体が珍しいため、新鮮に楽しんでいた。随所にちりばめられたコメディ要素でしっかり笑い、今どきあり得ないようなドンパチアクションも大いに楽しめたようなので、過去作をまったく知らない人にもお勧めしたい。

タカ&ユージがいずれも70代であることを思うと、年をとったからといって枯れてる場合ではない、と思わされる。(映画ライター・ケン坊)

ケン坊がさらに語る!WEB限定おまけコラム

この記事には映画のネタバレが少々含まれているので、まだ映画を見ていない人はその点をご承知おきの上で読んでください。

もっと読む

「西部警察」あたりからの流れで、昭和の終盤、日本のテレビドラマ界には「刑事もの」という一大ジャンルがあった。1990年代に入ってトレンディ・ドラマという流れが登場して終焉を迎えた印象がある。「あぶない刑事」シリーズはそんな刑事もの全盛期に登場したシリーズの中でも、コメディ要素で他とは一線を画していたように思う。「あぶない刑事」シリーズがテレビ放送されていたころ私は小学生だったのでそれほどしっかりと批評できるわけではないのだけれど、小学生の感覚で見ていても、アクションとコメディのバランスが絶妙で他シリーズよりも強い印象を受けた。本作を見たあと、過去作のリストなどを振り返って確認してみたのだけれど、実に私はこれまでのすべての劇場版を見ていた。そんなにシリーズを追いかけてきたというつもりは無かったのだけれど、おそらくテレビで放映されれば見るし、1990年代以降は上映されれば映画館に足を運ぶ、といった感じで見てきたのだろう。この作品にはそんな、超大好きで絶対見ます、みたいな迫力で追いかけていなくても、なんとなく新作やるんなら見たいな、という感じで惹かれる要素がある。どんな内容であれきっと楽しいだろう、という予感があるのだ。

本作ももちろん、その期待を裏切らない。僕らの見たい「あぶ刑事」がしっかり展開される。コメディが底抜けに楽しく、主人公たちは超人的でありながら人間的。主人公たちの周囲にいる人物も皆魅力的で、特に今回、町田課長(トオル)が最高に良い。昔のアブ刑事の頃から感じているのだけれど、派手な主人公たち二人の後輩として、二人に憧れながらも実直なトオルというキャラクタを配置しているのはこの作品の本当に見事な点の一つだと思う。彼の存在が「あぶ刑事」をスーパーヒーロー映画にせず、観客の近くに引き留めているように思う。演じている仲村トオル、もっといろいろな映画で見たい。

本作は過去作を知らなく手も楽しめる映画ではあるけれど、当然ながらノスタルジーとしての要素は強い。少々やりすぎなぐらいで、特に過去シリーズで使われていた車(日産のレパード)を持ち出してくるなどはほとんど物語上の意味がなく、必要かと言われれば必要ではない。それでもやはりあの車をトオルが運転して運んでくるシーンは熱いものがこみ上げてくるわけで、私もそのノスタルジーを喜ぶ側の一人になっただということだろう。

関連スポット

シネプレックス旭川

シネプレックス旭川

住所:旭川市永山12条3丁目ウエスタンパワーズ内

TEL:0570-783-882

永山/アミューズメント

イオンシネマ旭川駅前

道北最大級の8スクリーン1,200席

イオンシネマ旭川駅前

住所:旭川市宮下通7丁目2番5号 イオンモール旭川駅前4F

TEL:0166-74-6411/駐車場:900台

宮下通/アミューズメント

  • 駐車場

関連キーワード

シネマの時間 バックナンバー

猿の惑星/キングダム
またまた来ました『猿の惑星』シリーズの最新作。こうなってくるともうどこまでも続けるのだろうなという気配が感じられる。1968年のシリーズ第一作のすばらしさはいさ... (5月17日)
劇場版ブルーロック -EPISODE 凪-
サッカーを題材にしたアニメ作品だがいわゆるスポ根みたいな話ではなく、「ハンター・ハンター」のサッカー版のような物語である。世界観がだいぶぶっ飛んでいてリアリティ... (4月26日)
パスト ライブス/再会
仲が良かった幼なじみと小学生の頃に遠く離れてしまい、24年を経て再会するというお話。実際に対面するまで24年だが、12年目にオンラインで再会する。今、インターネ... (4月12日)
オッペンハイマー
ロバート・オッペンハイマーの半生を描く伝記映画であり、その時代を描く歴史映画でもある。ただ、時系列がシャッフルされているため、史実の順序を知らないと少々わかりに... (4月5日)
マイホームヒーロー
娘がヤバい男と付き合ってしまい、命に危険が及びそうだ。そうなったらお父さん、あなたはどうしますか?本作では娘を守るために殺人を犯してしまったお父さん。しかしこと... (3月15日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

アカウント作成

ライナー最新号

2024年6月14日号
2024年6月14日号
ご当地グルメが大集合
旭川駅前と旭川空港で
食のデザイン展
紙面を見る

ピックアップ

みらい農家
みらい農家
地域の未来を
耕す人たちを
紹介します
外食チェーン
外食チェーン
人気商品ランキング
上位3品をご紹介
注目グルメ
注目グルメ
定番から新作まで
ライナーが今注目する
お店の味はこれだ!
シネマの時間
シネマの時間
映画ライター・ケン坊が語る新作映画と
そのみどころ
味な人
味な人
北北海道で食に携わる
人々の横顔をご紹介
ものぴりか
ものぴりか
ライナーが集めてきた
地元の素敵な品々を紹介します
不動産情報
不動産情報
不動産・リフォーム等
住まいに関する情報を公開中
クーポン
クーポン
お得なクーポンを公開中
お知らせ
お知らせ
お店・スポットの
お知らせ
ラーメンマップ
ラーメンマップ
ラーメン食べたいなぁ
そんなときは専用マップで探してみよう
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
6/11〜17

ページの最上段に戻る