1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. おでかけ
  4. ゴジラ-1.0

語り継がれる伝承

ゴジラ-1.0

©2023 TOHO CO.,LTD.

70年の長きに渡り、実に多様な作品を輩出してきた巨大なシリーズ。その最新作となる本作は、いろいろな意味で原点回帰した作品という印象だった。ゴジラとはいったいなんなのか。戦後の復興からほどなく作られた怪獣映画。そこに込められたメッセージはどういうものだったのか。歴史の彼方に埋もれつつあったゴジラの原点に立ち返り、怪獣はただのモンスターではなく、怪獣映画はただのエンターテイメントではないことを思い出させるような作品になっている。随所に1954年版のゴジラ第一作を彷彿とさせる絵が登場するものの根本的に違う話であり、リメイクではない。

ゴジラには多くの社会的なメッセージが詰め込まれている。ゴジラは人類の愚行の産物であり、地球からの警告であり、ある種日本人の古来から抱いてきた感覚にある神の怒りが具現化したものであろう。本作を見て改めて、ゴジラは極めて日本的な感覚に根差しており、ハリウッドで大迫力の映画が作られたところでやはり重要な何かが抜け落ちたモンスターパニック映画にとどまってしまうのだと思い知らされた。

これこそがまぎれもなくゴジラである。深く反省を促される映画だ。(映画ライター・ケン坊)

ケン坊がさらに語る!WEB限定おまけコラム

この記事には映画のネタバレが少々含まれているので、まだ映画を見ていない人はその点をご承知おきの上で読んでください。

もっと読む

終戦間際、特攻隊の故障機を着陸させるための基地が大戸島にあるというシーンから始まる。大戸島と言えば最初のゴジラのときにゴジラが上陸した島であり、ゴジラによって壊滅的な被害を受けた島である。本作では全く異なる役割として大戸島が描かれているが、現地の人が海から現れる巨大生物をゴジラと呼んでいる、という話が共通している。冒頭のシーンでやはり大戸島はゴジラの襲撃を受け、そこにいた旧日本軍の部隊がほぼ壊滅する。このエピソードが作品の軸になっている。

物語は終戦後、復興期の東京周辺を舞台に描かれる。主人公が戦時中の大戸島で出会ったゴジラは、ビキニ環礁の核実験などを経てより巨大化、狂暴化、強力化し、最近の作品に描かれているようなものすごい破壊力を持つ尋常ではない生物と化して再来する。このゴジラが銀座を襲い、第一作に出てきたような絵を見せてくれる。ストーリーこそ全く違うものの、本作はこういう各所に一作目へのオマージュを散りばめてあり、往年のファンを唸らせる仕上がりになっている。

特によく考えられていると思ったのはクライマックスだ。通常の兵器がなにひとつ効かないゴジラに対し、物理学者が策を講じる。第一作ではオキシジェンデストロイヤーという、その後マッドサイエンティストが発明するトンデモの代名詞のように使われるようになった破壊兵器を用いるわけだが、本作ではもっと科学的な話が展開される。ただ、まったく違う作戦でありながら、絵としてオキシジェンデストロイヤーと似たような状態、すなわちゴジラが泡に包まれながら海中に沈むという映像を見せる。この捻りの効いた演出にはニヤニヤしてしまった。一作目へのオマージュを満載しながら全く違う話を描く、というのを実に高い次元で実現している。

一部で、この作品の人物の描き方について、その行動、口調などが「終戦直後」という時代性に合っていないという指摘が見受けられるが、私はむしろ、現代化することで問題意識を現在に紐づける意図があるのではないかと感じている。奇しくも同じ神木隆之介が主演した、シネマの時間でも紹介した「大名倒産」という映画があったが、あれも時代劇でありながら現代風のセリフ回しであり、行動になっていた。時代考証をきちんと行うことで歴史ものは時代劇化し、現在との間に大きな隔絶が生じる。そのほうが作品の世界観には合っていると言えるが、見る側の令和を生きる我々にとって、完全に「他人事化」する。描いている時代性はありながらもその問題意識はむしろ現在に紐づいているという場合に、あえて時代考証を優先せず、現代的な演出にして令和の観客と地続きのものにしたのではないかと、私は見ている。このような映画は今後も増えるだろうし、これによって、本作はゴジラの系譜をアップデートし、この問題意識をノスタルジー化せず継承することになるのではないかと思う。

ゴジラとは反省の映画である。愚かな人類の、悔恨の物語である。人々が愚かである限り、ゴジラは滅びない。人々はなんとかゴジラを撃退し、その過程で多くの反省をし、前を向く。そしてそれがのど元を過ぎた頃、ゴジラはまた現れるのであろう。

関連スポット

シネプレックス旭川

シネプレックス旭川

住所:旭川市永山12条3丁目ウエスタンパワーズ内

TEL:0570-783-882

永山/アミューズメント

イオンシネマ旭川駅前

道北最大級の8スクリーン1,200席

イオンシネマ旭川駅前

住所:旭川市宮下通7丁目2番5号 イオンモール旭川駅前4F

TEL:0166-74-6411/駐車場:900台

宮下通/アミューズメント

  • 駐車場

関連キーワード

シネマの時間 バックナンバー

ボーはおそれている
ちょっと理解しがたい人に会ったことがあるかと聞かれたら、きっと皆さん度合いの差こそあれ、幾人か思い当たるのではないだろうか。でも他人のことなど、本来わからないほ... (2月22日)
身代わり忠臣蔵
これまでに幾度となく映像化されてきてもはや誰もが知っていると言っても過言ではない忠臣蔵。それを誰も見たことがないドタバタコメディにしたのが本作である。奇想天外な... (2月16日)
ゴールデンカムイ
明治の北海道を舞台にした漫画作品『ゴールデンカムイ』。アイヌ文化に触れながら壮大なアクションを描くこの作品は、すでに原作漫画、アニメ化作品ともに大好評でご覧にな... (1月26日)
エクスペンダブルズ ニューブラッド
マッチョなアクション俳優をどっさり詰め込んでド派手な映画を作る、というコンセプトで我らがスタローンが始めた冗談みたいなシリーズだが、テンポ良く三作が公開されたあ... (1月12日)
シネマの時間2023 オマージュシーンを楽しもう
今年もやってきました年末。今年は仮面ライダーやゴジラの、原点回帰のような作品が印象に残ったので、いろんな映画の中に込められた別の映画へのリスペクト、オマージュシ... (12月19日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

アカウント作成

ライナー最新号

2024年3月1日号
2024年3月1日号
おうちでもお店でも
ハレの日のお祝いは
トーヨーホテル・八島で
紙面を見る

ピックアップ

注目グルメ
注目グルメ
定番から新作まで
ライナーが今注目する
お店の味はこれだ!
味な人
味な人
北北海道で食に携わる
人々の横顔をご紹介
月刊ととのう
月刊ととのう
サウナ大好きスタッフが各施設の魅力をフカボリ!
シネマの時間
シネマの時間
映画ライター・ケン坊が語る新作映画と
そのみどころ
つくろう旬レシピ
つくろう旬レシピ
プロの料理人が教える
季節の食材を使った
絶品レシピをご紹介
ものぴりか
ものぴりか
ライナーが集めてきた
地元の素敵な品々を紹介します
不動産情報
不動産情報
不動産・リフォーム等
住まいに関する情報を公開中
クーポン
クーポン
お得なクーポンを公開中
お知らせ
お知らせ
お店・スポットの
お知らせ
ラーメンマップ
ラーメンマップ
ラーメン食べたいなぁ
そんなときは専用マップで探してみよう
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
2/27〜3/4

ページの最上段に戻る