1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. おでかけ
  4. クリード 過去の逆襲

巡る因果

クリード 過去の逆襲

ⓒ2023 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All rights reserved.
CREED is a trademark of Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All rights reserved.

今や伝説級のボクシング映画『ロッキー』。そのサーガの新編である『クリード』シリーズももう三作目だそうで、時の流れるのは早いものだ。本作ではもう、主人公のアドニスは現役を退いて指導者側に回っており、彼の師であるロッキーは登場しない。

思えばこのシリーズは当初から、過去のロッキーシリーズのストーリーとリンクした物語になっていて、常に時を超えた因果の宿命を描いていた。本作ではアドニス本人の過去が悪夢を連れてやってくる。前作で因果を断ち切り、死闘の末に勝利を収めたアドニスは、結婚もし、子どもも生まれ、すっかりセレブとなって悠々自適の引退生活を送っている。そこにかつて兄弟のように繋がっていた幼なじみが現れ、安寧に波風が立つ。

ボクシングシーンはアニメ的な表現になっていて、ただならぬ緊張感、臨場感がある。一方でストーリーはこれまでの作品に比してシンプルであっけなく、少々物足りなさも感じる。本作はロッキーサーガの終わりを感じさせるものだが、伝説の最終章としては少々すっきりしないものになったような気もする。

エンドロールの後にアニメ作品があるのだが、唐突感が強くて呆気にとられた。(映画ライター・ケン坊)

ケン坊がさらに語る!WEB限定おまけコラム

この記事には映画のネタバレが少々含まれているので、まだ映画を見ていない人はその点をご承知おきの上で読んでください。

もっと読む

前作で重い宿命を断ち切り、栄光を掴んだアドニス。彼の物語であるクリードシリーズが作品を続けるためには、栄華を手にしたアドニスを再び前線に引き戻さなければならない。本作はそこに、「まだ語られていない過去」を絡めてきたわけだが、脚本の各所に無理が生じているように感じる。本作にはロッキーが出てこないことも相まって、やはりこれまでの作品よりもだいぶ薄い印象を受ける。

本作で敵となるのはアドニスの幼なじみのデイム。兄のように慕っていた人物なのだが、過去のある事件をきっかけに、デイムは収監されてしまい、アドニスは逃げ延びる。デイムは20年刑務所にいたことが語られるのだが、本編で語られる回想シーンを見る限りでは、刑期が20年にもなる罪状には見えない。実際に暴力を振るっていたのはアドニスであり、デイムは相手の仲間に囲まれてしまったアドニスを助けるべく、拳銃で脅しただけだ。ここで実際に発砲して相手を殺したりしていれば20年の刑期も頷けるのだが、どうも中途半端な設定に見える。

デイムとの再会で日常を脅かされたアドニスは、この因縁を断ち切るため、タイトルマッチの場でデイムと対戦することを決意する。ここでこれまでのクリードと同じ筋書きにハマるのだが、本作はその因縁がシンプルであり、かかわる人物も少なく、ストーリーの深みがあまり感じられない。加えて、誰もが予想する通りの展開でハッピーエンドに繋がり、取ってつけたような「幸せ」なラストシーンをどこか冷めた目で見ざるを得ない。

そう感じてみて、やはりクリードシリーズにとってロッキーの存在は非常に大きかったのだと思わされる。このシリーズにおいてロッキーはあくまで脇役であり、主人公はアドニスだ。しかし過去の二作はロッキーを中心とした人物関係の因果が語られており、複雑さがあり、歴史があり、深みがあった。本作はロッキーが登場しないことによって純粋にアドニスの物語になったのだが、とたんに奥行きが乏しくなった印象は否めない。

本作は主演のマイケル・B・ジョーダンが監督も務めたことで話題になっているが、エンドロール後に追加されている意味不明なアニメ作品といい、彼がこの「クリード」というシリーズをどうしたいのか、その意図がわからない。

関連スポット

シネプレックス旭川

シネプレックス旭川

住所:旭川市永山12条3丁目ウエスタンパワーズ内

TEL:0570-783-882

永山/アミューズメント

イオンシネマ旭川駅前

道北最大級の8スクリーン1,200席

イオンシネマ旭川駅前

住所:旭川市宮下通7丁目2番5号 イオンモール旭川駅前4F

TEL:0166-74-6411/駐車場:900台

宮下通/アミューズメント

  • 駐車場

関連キーワード

シネマの時間 バックナンバー

ボーはおそれている
ちょっと理解しがたい人に会ったことがあるかと聞かれたら、きっと皆さん度合いの差こそあれ、幾人か思い当たるのではないだろうか。でも他人のことなど、本来わからないほ... (2月22日)
身代わり忠臣蔵
これまでに幾度となく映像化されてきてもはや誰もが知っていると言っても過言ではない忠臣蔵。それを誰も見たことがないドタバタコメディにしたのが本作である。奇想天外な... (2月16日)
ゴールデンカムイ
明治の北海道を舞台にした漫画作品『ゴールデンカムイ』。アイヌ文化に触れながら壮大なアクションを描くこの作品は、すでに原作漫画、アニメ化作品ともに大好評でご覧にな... (1月26日)
エクスペンダブルズ ニューブラッド
マッチョなアクション俳優をどっさり詰め込んでド派手な映画を作る、というコンセプトで我らがスタローンが始めた冗談みたいなシリーズだが、テンポ良く三作が公開されたあ... (1月12日)
シネマの時間2023 オマージュシーンを楽しもう
今年もやってきました年末。今年は仮面ライダーやゴジラの、原点回帰のような作品が印象に残ったので、いろんな映画の中に込められた別の映画へのリスペクト、オマージュシ... (12月19日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

アカウント作成

ライナー最新号

2024年3月1日号
2024年3月1日号
おうちでもお店でも
ハレの日のお祝いは
トーヨーホテル・八島で
紙面を見る

ピックアップ

注目グルメ
注目グルメ
定番から新作まで
ライナーが今注目する
お店の味はこれだ!
味な人
味な人
北北海道で食に携わる
人々の横顔をご紹介
月刊ととのう
月刊ととのう
サウナ大好きスタッフが各施設の魅力をフカボリ!
シネマの時間
シネマの時間
映画ライター・ケン坊が語る新作映画と
そのみどころ
つくろう旬レシピ
つくろう旬レシピ
プロの料理人が教える
季節の食材を使った
絶品レシピをご紹介
ものぴりか
ものぴりか
ライナーが集めてきた
地元の素敵な品々を紹介します
不動産情報
不動産情報
不動産・リフォーム等
住まいに関する情報を公開中
クーポン
クーポン
お得なクーポンを公開中
お知らせ
お知らせ
お店・スポットの
お知らせ
ラーメンマップ
ラーメンマップ
ラーメン食べたいなぁ
そんなときは専用マップで探してみよう
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
2/27〜3/4

ページの最上段に戻る