1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. おでかけ
  4. あの頃。

ぼくたちを照らす、光

あの頃。

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
内容のー部もしくは全部が変更されてる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。
ⓒ2020「あの頃。」製作委員会

仲間。同好の士。共鳴し、衝突し、多くの時間を共に過ごす友。「推し」をきっかけに職業も地位も年齢も関係なく集まった不思議な仲間たち。この作品に描かれている「あの頃」は、その世界をよく知る者にとってきわめてリアルで熱く、懐かしいものであろう。メインカルチャーを席捲する勢いで一世を風靡したアイドル文化とそれを支えたオタクたちのアングラな世界。まさに「あの頃」のアイドル文化の底にあった空気が匂い立つようなリアリティで描かれている。

しかし、いったいなぜ今この題材なのか。そしてこれは誰に向けた、どのようなメッセージなのか。

この作品のリアリティはおそらく当時この領域の周辺に暮らしていた人にしか感じられないだろう。描かれている世界は極めてリアルだが、そもそもこの現実を知っている人の方が少数派のような気がする。それを15年後の現在で映画化することの意図はどのあたりにあるのだろうか。このような話を松坂桃李主演で映画にして、いったいどこへ届けるつもりなのだろうか。

多くの人は、作中で描かれるイベント同様、この映画自体についても、よくわからない内輪ノリを見せられているという印象を受けるような気がする。(映画ライター・ケン坊)

ケン坊がさらに語る!WEB限定おまけコラム

この記事には映画のネタバレが少々含まれているので、まだ映画を見ていない人はその点をご承知おきの上で読んでください。

もっと読む

音楽を志してバンド活動をしていたものの、バイトに追われて目的を見失いつつある主人公。ある時、友人が勧めてくれた松浦亜弥のDVDに元気をもらい、彼女のファンになる。そして松浦亜弥のファンになったことが、同じくハロプロ(ハロープロジェクト)系のアイドルを「推す」ファンたちとのつながりをくれ、彼はどっぷりとその世界に入っていく。

この作品はそういう、かなり特殊な世界を描いている。奇しくも筆者はこれに近い領域にいて、ハロプロファンの人たちとも交流があったので、この作品に描かれている世界には親しみがある。登場人物はどれも、実際に知っている誰かに似ている。人物設定や周辺で起こる出来事にもリアリティがあるし、彼らの住んでいる部屋はまさに当時からそのまま持ってきたようだ。あぁ、こんな風だったなぁ、と感じる。懐かしい楽曲が流れ、往年のアイドル達の声が響く。

この映画自体がもっとアングラな作品であれば、この内容はまさに、我々のような層に向けられたものとして見られたであろう。しかし松坂桃李主演のメジャー作品としてこれが出てくると、これはいったいどこへ向けて作られたものなのだろうかという点が気になり始める。この作品を、当時のアイドルシーンにまったく興味を持っていない人が見たらどのように見えるのだろうか。アイドルに熱を上げている少々おかしく見える大人たちに共感を覚えるだろうか。それとも「キモい」と感じるのだろうか。

当時、ハロプロを筆頭とする少女アイドルのシーンは、超メジャー級の世界で展開されながら極めてアングラなファン文化を生むという特殊な状況にあった。その後ハロプロ自体が勢いを失い、代わりにAKB等の大群系が登場し、ファン層の持つ空気も変化していった。今この作品が当時のアイドルオタクたちの生きざまを描いて見せ、不思議とそれに隣接していたインディーズ音楽シーンのライブハウス文化などを垣間見せることで、いったい何を訴えようとしているのだろう。そこに参加していた人々の郷愁を誘うのは間違いないが、そこに留まってしまうのではないか。

映画は劇中で主人公たちが何度も歌った楽曲のオリジナル版を、死の床にある人物が病床で聞いているシーンで幕となる。彼はきっとこの歌を聞きながら死んでいったのであろう。同時に、見ていた私たちのノスタルジーも埋葬される。「卒業」という区切りで終わりを迎えられなかった想いの残滓を閉じるための映画なのかもしれない。

関連スポット

シネプレックス旭川

シネプレックス旭川

住所:旭川市永山12条3丁目ウエスタンパワーズ内

TEL:0570-783-882

永山/アミューズメント

関連キーワード

シネマの時間 バックナンバー

猿の惑星/キングダム
またまた来ました『猿の惑星』シリーズの最新作。こうなってくるともうどこまでも続けるのだろうなという気配が感じられる。1968年のシリーズ第一作のすばらしさはいさ... (5月17日)
劇場版ブルーロック -EPISODE 凪-
サッカーを題材にしたアニメ作品だがいわゆるスポ根みたいな話ではなく、「ハンター・ハンター」のサッカー版のような物語である。世界観がだいぶぶっ飛んでいてリアリティ... (4月26日)
パスト ライブス/再会
仲が良かった幼なじみと小学生の頃に遠く離れてしまい、24年を経て再会するというお話。実際に対面するまで24年だが、12年目にオンラインで再会する。今、インターネ... (4月12日)
オッペンハイマー
ロバート・オッペンハイマーの半生を描く伝記映画であり、その時代を描く歴史映画でもある。ただ、時系列がシャッフルされているため、史実の順序を知らないと少々わかりに... (4月5日)
マイホームヒーロー
娘がヤバい男と付き合ってしまい、命に危険が及びそうだ。そうなったらお父さん、あなたはどうしますか?本作では娘を守るために殺人を犯してしまったお父さん。しかしこと... (3月15日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

アカウント作成

ライナー最新号

2024年5月28日号
2024年5月28日号
各店のイチオシずらり
特集・あさひかわ
パンのカタログ
紙面を見る

ピックアップ

味な人
味な人
北北海道で食に携わる
人々の横顔をご紹介
注目グルメ
注目グルメ
定番から新作まで
ライナーが今注目する
お店の味はこれだ!
みらい農家
みらい農家
地域の未来を
耕す人たちを
紹介します
シネマの時間
シネマの時間
映画ライター・ケン坊が語る新作映画と
そのみどころ
つくろう旬レシピ
つくろう旬レシピ
プロの料理人が教える
季節の食材を使った
絶品レシピをご紹介
ものぴりか
ものぴりか
ライナーが集めてきた
地元の素敵な品々を紹介します
不動産情報
不動産情報
不動産・リフォーム等
住まいに関する情報を公開中
クーポン
クーポン
お得なクーポンを公開中
お知らせ
お知らせ
お店・スポットの
お知らせ
ラーメンマップ
ラーメンマップ
ラーメン食べたいなぁ
そんなときは専用マップで探してみよう
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
5/28〜6/3

ページの最上段に戻る