1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. おでかけ
  4. 記憶屋 あなたを忘れない

今日の風に吹かれましょう

記憶屋 あなたを忘れない

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
内容のー部もしくは全部が変更されてる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。
ⓒ2020「記憶屋」製作委員会

記憶屋と聞いて、記憶を売るような『トータル・リコール』みたいな話を想像した。本屋は本を売っているし魚屋は魚を売っている。八百屋は八百を売っているし万屋は万を売っているはずだ。走り屋は走りを売っていて当たり屋は当たりを売ってい…ないような気がする。どうやら〇〇屋は〇〇を売っている人とは限らないようだ。

ここでの「記憶屋」というのは記憶を売るのではなく、記憶を消してくれる存在だ。消したいほどひどい記憶、すなわち、忘れたいほどの出来事。ありますよね。些細なことから大きなものまで、「忘れてしまいたい」と思うこと、一つぐらいはあるでしょう。それを本当に忘れられるとしたら…。

この作品の原作はホラーのレーベルから出版されているようだけれど、この作品はホラーではなく、記憶を操作するSFでもない。これはとてもせつない恋愛映画なのだ。人は誰かに記憶されることで生きている。誰かの記憶から完全に消えてしまったら、その誰かの世界から自分はいなくなる。

素晴らしいラストシーンから見事なエンドロールへと繋がる。たった今まで見てきた物語のすべてが詰まった歌。稀に見る素晴らしいエンドロール。誰一人席を立たないだろう。(映画ライター・ケン坊)

ケン坊がさらに語る!WEB限定おまけコラム

この記事には映画のネタバレが少々含まれているので、まだ映画を見ていない人はその点をご承知おきの上で読んでください。

もっと読む

記憶を消すといえばSFだ。昨年の『レプリカズ』はまさにそういう感じで、人の記憶の中からある人物の記憶だけを消したりしていた。そんなに都合よく消せるものか。ある人に関する記憶というのは他のさまざまな要素と絡み合っていて、一見無関係な記憶と結びついていたりする。ちょっと考えてみてほしい。知人の誰かを思い浮かべる。その人に関する記憶というのは決してその人と直接一緒に過ごしたものだけではないはずだ。たとえばオムレツを食べながら、「あぁ、あの人がオムレツ好きだったな」とか「あいつはオムレツに醤油をかけていたな」とかいう具合に絡まっている。ある人物の記憶を消す時にこのオムレツと紐づいた要素まで消すことは難しいだろう。

本作では「忘れたい記憶を消す」ということがあっさり行われる。他の要素が損なわれないまま、都合よく消したいものだけが消せる。それによって「愛する人の記憶から自分がいなくなる」という状況を作り出している。そう。これは恋愛映画なのだ。

この「愛する人が自分を知らない状態になってしまう」というのは、記憶障害を持つ恋人という形でさまざまな映画になっている。短時間で記憶がリセットされてしまう人などが登場し、そんなことが起きたらどうするのか、という物語を描く。本作はそれと似たようなことを違った方法で描いていると言える。

「消してしまわないと生きていけないような記憶」を本当に消してしまうということについて、是非を問うようなシーンはある。しかし作品のスタンスはあくまでニュートラルで、作品としてその是非に対しての立場は表明していない。純粋に問題提起だけをしているように見える。そして最終的にそれらを恋愛映画として描いている。難しいことはさておきせつないね、という感想が去来する。

この上なくせつないラストシーン。その存在を知る人の記憶から自分を消して去っていく記憶屋。自分を知っている人の記憶から自分を消してしまう。忘れられてしまったというよりは、初めからいなかったような感じだ。人波に紛れていくその後ろ姿が哀しい。それと対照的に、記憶屋のことを忘れて新しい希望を見出す主人公。もう記憶屋のことは記憶にない。「あぁ。」と思う。主人公にとっては前向きな結末だが、それでいいはずはないだろうと思わずにいられない。複雑な感情が沸き上がりかけたその時、静かにピアノが響く。中島みゆきの『時代』。本作の主題歌としてエンドロールに流れる。その歌詞の一つ一つが、たった今見終えたこの切ない物語のあらゆるシーンを呼び起こす。どんなにつらいこともいつか笑って話せるようになる、という歌詞。劇中ではそれを記憶から消してしまうのに。たおれてもあるきだす。わかれてもめぐりあう。こんなにも見事なエンドロールはそうそう無いだろう。

関連スポット

イオンシネマ旭川駅前

道北最大級の8スクリーン1,200席

イオンシネマ旭川駅前

住所:旭川市宮下通7丁目2番5号 イオンモール旭川駅前4F

TEL:0166-74-6411/駐車場:900台

宮下通/アミューズメント

  • 駐車場
シネプレックス旭川

シネプレックス旭川

住所:旭川市永山12条3丁目ウエスタンパワーズ内

TEL:0570-783-882

永山/アミューズメント

関連キーワード

シネマの時間 バックナンバー

ボーはおそれている
ちょっと理解しがたい人に会ったことがあるかと聞かれたら、きっと皆さん度合いの差こそあれ、幾人か思い当たるのではないだろうか。でも他人のことなど、本来わからないほ... (2月22日)
身代わり忠臣蔵
これまでに幾度となく映像化されてきてもはや誰もが知っていると言っても過言ではない忠臣蔵。それを誰も見たことがないドタバタコメディにしたのが本作である。奇想天外な... (2月16日)
ゴールデンカムイ
明治の北海道を舞台にした漫画作品『ゴールデンカムイ』。アイヌ文化に触れながら壮大なアクションを描くこの作品は、すでに原作漫画、アニメ化作品ともに大好評でご覧にな... (1月26日)
エクスペンダブルズ ニューブラッド
マッチョなアクション俳優をどっさり詰め込んでド派手な映画を作る、というコンセプトで我らがスタローンが始めた冗談みたいなシリーズだが、テンポ良く三作が公開されたあ... (1月12日)
シネマの時間2023 オマージュシーンを楽しもう
今年もやってきました年末。今年は仮面ライダーやゴジラの、原点回帰のような作品が印象に残ったので、いろんな映画の中に込められた別の映画へのリスペクト、オマージュシ... (12月19日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

アカウント作成

ライナー最新号

2024年3月1日号
2024年3月1日号
おうちでもお店でも
ハレの日のお祝いは
トーヨーホテル・八島で
紙面を見る

ピックアップ

注目グルメ
注目グルメ
定番から新作まで
ライナーが今注目する
お店の味はこれだ!
味な人
味な人
北北海道で食に携わる
人々の横顔をご紹介
月刊ととのう
月刊ととのう
サウナ大好きスタッフが各施設の魅力をフカボリ!
シネマの時間
シネマの時間
映画ライター・ケン坊が語る新作映画と
そのみどころ
つくろう旬レシピ
つくろう旬レシピ
プロの料理人が教える
季節の食材を使った
絶品レシピをご紹介
ものぴりか
ものぴりか
ライナーが集めてきた
地元の素敵な品々を紹介します
不動産情報
不動産情報
不動産・リフォーム等
住まいに関する情報を公開中
クーポン
クーポン
お得なクーポンを公開中
お知らせ
お知らせ
お店・スポットの
お知らせ
ラーメンマップ
ラーメンマップ
ラーメン食べたいなぁ
そんなときは専用マップで探してみよう
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
2/27〜3/4

ページの最上段に戻る