1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. よみもの
  4. シネマの時間
  5. 散り椿

想いを背負う者

散り椿

©2018「散り椿」製作委員会

良い役者の揃った剣豪物時代劇。それだけでも面白くないはずがない。主人公、瓜生新兵衛はこれ以上ないはまり役で、原作のイメージそのままだ。原作が好きな人にこの新兵衛は見せたい。しかし、原作から人物関係が変えられている。特に坂下家を大幅に変更してしまっているのは気になる。原作を知らなければこの点はまったくマイナスにならないだろうけれど、原作を知っているとやはり入り込みづらい。

剣豪時代劇として特に新しさがあるわけではないものの、安っぽいセットは登場せず、全編に渡って映像の説得力は非常に高い。大半のシーンは屋外で撮影されているように見えるが、現代の日本でこれを撮影できるのか、という驚きがある。ぴんと張り詰める殺陣の緊張感もすばらしい。あまりにリアリティがあるのでかえってあっさり見てしまうが、ここまでリアルな時代劇というのはそうそうないのではあるまいか。

終盤の大立ち回りでは、行きつくところまで行ってしまった采女(うねめ)の圧倒的な強さに震える。心の水面が凪いだとき、剣豪は無敵の強さを発揮する。

一振りの名刀のように静かな美しさを湛える時代劇。心静まるひとときを過ごせるのは間違いない。(映画ライター・ケン坊)

ケン坊がさらに語る!WEB限定おまけコラム

この記事には映画のネタバレが少々含まれているので、まだ映画を見ていない人はその点をご承知おきの上で読んでください。

もっと読む

達人四天王が登場する剣豪もの。そう聞くだけで、ああ、主人公以外の三人は死ぬなぁ、と思うわけだが、その通りの展開になる。全般にこの作品は剣豪時代劇のテンプレにしっかり乗っかっていて、定番の型にはまった登場人物が一通り登場する。悪役はどこまでも悪いやつで、いつでも心おきなく斬れる。ストーリーにも意外性は無く、逆に言えばしっかりツボを押さえた作品と言える。紋切型と言ってしまえばそれまでだが、じゃあ不満かと言われれば全然不満ではない。やはりこうした作品は紋切型をいかに丁寧に描くかというところにかかっているのかもしれない。その意味で行くと、この作品は実に丁寧に作られている。お決まりの展開ではあるものの、説得力のある映像を見せるということに注力されていて、リアリティは異様に高い。

役者も実に強力な顔ぶれを揃えている。若手はやはり時代劇言葉の言い回しに無理があり、少々耳ざわりが良くないものの、中核をなす顔ぶれや悪役などはベテランが圧倒的な芝居を見せているので全体としてほぼ気にならない。

ラストシーン。去り行く新兵衛を里美が引き留める。このシーンを見て、ああ、このために里美の位置を原作と変えたのかな、と感じた。主にこの里美と新兵衛の関係に違和感を覚えるのだけれど、この映画のラストシーンは美しく、なるほどと思えた。

関連スポット

シネプレックス旭川

シネプレックス旭川

住所:旭川市永山12条3丁目ウエスタンパワーズ内

TEL:0570-783-882

永山/アミューズメント

イオンシネマ旭川駅前

道北最大級の8スクリーン1,200席

イオンシネマ旭川駅前

住所:旭川市宮下通7丁目2番5号 イオンモール旭川駅前4F

TEL:0166-74-6411/駐車場:900台

宮下通/アミューズメント

  • 駐車場

関連キーワード

シネマの時間 バックナンバー

来る
ごめんなさい。単に忘れていたのに「忙しくて」などと言ったことがあります。大事なものを紛失したのに「頂いていないと思いますが」とか言ったこともあるかもしれません。... (12月14日)
くるみ割り人形と秘密の王国
タッタタタタッタッタッタッター、「くるみ割り人形」と言われて頭に浮かんだのはあのメロディだった。誰だっけほら、そう、チャイコフスキー、なんか有名なバレエよね、た... (12月7日)
人魚の眠る家
どうしようもないほど手詰まりになってにっちもさっちもいかなくなる。どうしてこんなことになってしまったのだろう、いつどこで間違えたのだろう、どうすればよかったのだ... (11月22日)
モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!
モンスター・ホテルシリーズの三作目なのだが、前作に比べて日本での扱いが極端に縮小されているのは気のせいだろうか。 ドラキュラを主人公に、ミイラ男、狼男(女もいる... (10月26日)
プーと大人になった僕
プーさんの絵本の中でその物語の聞き手であったクリストファー・ロビンが、絵本が終わった後の人生を生きていたら…、というお話。その設定を聞いて想像するのはだいたいこ... (9月21日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

新規会員登録

ライナー最新号

2018年12月14日号
2018年12月14日号
アートホテル旭川
展望ビュッフェミノリの
クリスマスディナー
紙面を見る

ピックアップ

注目グルメ
注目グルメ
クリスマスの奇跡?
往年の名ホテルの味
ロシアパンが復活
シネマの時間
シネマの時間
なによりも怖いのは、
心当たりがあることだ
岡田准一主演「来る」
お通しダイアリー
お通しダイアリー
行ってみなけりゃ
出会えない。
今宵訪れたのは…
チアーズ!マミー
チアーズ!マミー
プロから教わる
自宅で子供の
ヘアカット
晩酌思案中
晩酌思案中
ふらりと訪ねた
ちょい呑みの収穫は
絶品鶏レバー
クリスマスギフト
クリスマスギフト
家族、恋人、友人に
贈りたい。
特別なギフト特集
求人情報
求人情報
旭川市・道北エリアの正社員、アルバイト、パート就職情報
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
12/11~12/17運勢

ページの最上段に戻る