1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. よみもの
  4. 月刊まち便り
  5. 月刊まち便り特別編 ご長寿ばんざい

わがまちのステキな先輩たちに愛を込めて

月刊まち便り特別編
ご長寿ばんざい

あなたのまちに住んでいる、とってもステキな先輩たち。
9月17日は 「敬老の日」 です。あらためて、リスペクト♡

絵手紙で、日々の思いを軽やかに

生まれも育ちも東神楽。かつては主にお米を栽培する農家さん。実はロックの大ファンで、エレキギターがんがんのコンサートにも行っちゃいます!

東神楽町 永沼喜一郎さん(84)
10年ほど前、町内の絵手紙講座に参加したのがきっかけ。トマトや桜、ニワトリなど、日常見かける季節や旬のものがモチーフです。「上手に描こうとしないこと。下手でもいい」という講師の言葉がお気に入り。大胆に、ときにゆるく描かれる水彩画に添えた一文が温かな気持ちを生んでくれます。

5月には町内のギャラリー喫茶で初の作品展を開き、旭川大学で絵手紙の授業も行いました。「最近は墨絵にも興味があって、好きな犬や猫の絵も描いてるよ」。

重ねてきた70年の空気感

八重子さんが知人から引き継いだ店を、弘さんも退職後からお手伝い。「アイスキャンディあります」などの手書きポップがなんとも味わい深い!

和寒町 細野八重子さん(89)、弘さん(90)
日用品やお酒、たばこ、お菓子などを扱う細野商店。近くに病院があるため、お年寄りもよく立ち寄ってくれる場所です。地域の方が「元気にしてる?」「身体こわさないようにね」と声を掛けてくれるのがうれしいと話します。「息子たちが米寿のお祝いをしてくれたとき、100歳まで頑張って!なんていわれたけどね」「いやぁ、いつまで続けられるか」。ふたり顔を合わせてにこにこ。

仲間と過ごすのうれしくて

今の健康を維持したいと、自宅でも体操をがんばっています。「同居している娘には一番感謝しています。いつも私を大切に思ってくれるの」

富良野市 星野富美子さん(95)
週に一度、地域福祉センター「いちい」に通う富美子さんの日課は、毛糸タワシを編むこと。「家にいても何もすることがないからね、楽しみを見つけようと思って。手の運動にもなるし」。完成した作品は同じ施設に集う仲間にプレゼント。「喜んでくれるのがうれしいのよ~。みんなと過ごすのが健康の秘訣」と教えてくれたとおり、みなさん本当によく笑い、歌い、体操も元気いっぱい。実は富美子さん、ここで味わえるクリームメロンソーダが大好物なんです。

人生の軌跡を描く版画の世界

高知市に生まれ、戦時中の4歳で士別に移住。初めて雪を見たとき、「お母様、お空からお砂糖が降っています!」とザルを持ってはしゃいだ麗しい思い出が

士別市 小池暢子さん(81)
35歳から1年をローマで過ごし、その後14年間、パリで銅版画の制作に集中した小池さんの作品は、幻想的な空気感の中に芯の強さを秘めています。

東京の美大で学び、東京五輪で国立競技場のモザイクアート制作に関わったことで、あの岡本太郎さんとの交流が始まりました。「日本を、自分を知るために、海外に出てみるといい」と岡本さんに勧められヨーロッパへ。パリで確立した技法は、一つの版にすべての色を乗せて刷り上げる独特なもので、繊細なエッチングの跡と意図せず交じり合うインクが微妙なニュアンスを生み出します。

50歳で士別に戻り、ギャラリー「絵音(えね)の館」をオープン。絵を描く以外の仕事を考えたことすらないと言う小池さん。今も創作活動を続けています。

ひ孫ほどのちびっこに慕われて

上川生まれ。趣味は自宅の野菜畑や庭園いじりで、大雪森のガーデンのボランティアガーデナーとしても活躍しています

上川町 渡部義一さん(83)
もちろん、野球少年でした。上川役場に就職してからも野球部に所属し、全国大会に5度出場。定年後は町内の少年野球チーム「上川大雪クラブ」の代表に就任、小学1年から3年の指導も務めています。「子供たち、お母さんたちからエネルギーをもらいますね。気持ちが若くなる」。

日課はストレッチと腹筋、そしてできるだけ英語の文章に目を通すこと。「上川が、子供たちの声がいつも聞こえる町になるのが私の夢です」。

毎年恒例、ヨーロッパスキーツアー

奥さんと10歳の娘さんもスキーヤーで、ツアーは毎回同行します。写真は、1989年に発行した自著「スキーを教えて25年」を手に

名寄市 富井弘さん(80)
長野県・野沢温泉で育ち、100人規模のロッジを営みながらスキースクールの校長として活躍。還暦を区切りにのんびり過ごそうと雪がたっぷり降る名寄へ。ところが、並々ならぬ滑りを見た地元のスキーヤーに熱望され、ここでもスクールを開校することに…。

若い頃、日本有数の「杉山進スキースクール」の分校長を務め、ヨーロッパ各地で指導法と技術を学びました。「言葉なんてわからないから先々でガールフレンドを作ってね、身振り手振りでいろいろ教えてもらったよ」となんとも豪快。

現在も年に一度は10日間のヨーロッパスキーツアーを行っています。飛行機、汽車、バス、タクシー、宿など、すべて自分で申し込むという、まさに行動力の人。

気力、体力、鍛錬あるのみ

秋田生まれ、就職で愛別へ。「お嬢さんとの話が好きだね。役所に行ったら花見に来たって言うんだよ。かわいいね、きれいに咲いてねって(笑)」とおちゃめな一面も

愛別町 鈴木兼信さん(85)
表千家茶道教室を主宰。北海道護国神社で5流派が顔を合わせる「霜月茶会」に毎年参加しています。昨年自ら運転免許証を返納しましたが、「足があればどこへでもお茶をたてに行くよ!」とパワフルそのもの。

それもそのはず、鈴木さんの一日の始まりは、朝4時起床し掃除、ラジオ体操、木剣500回と懸垂、それからお茶。「湯が沸くまでは腕立てもする」んだとか。「お茶は精神統一、そして臨機応変」と、35歳で始めた茶道を今なお追求しています。

姿勢も美しいでしょ?

比布生まれで、かつては農業を営んでいました。体を動かすことが大好きで、町の健康体操教室にも足しげく通っています

比布町 進藤婦美子さん(89)
40歳の頃、町内にダンスサークルができると知って、じゃあ試しに…と参加してみたところ、すっかりフォークダンスのとりこに。「頭も使うから、楽しくって健康にもいいの。町の文化祭に出演するのもやりがいに繋がっているのよ」と進藤さん。気持ちも華やぐ鮮やかな衣装に身を包み、プロポーションを維持するため?「甘いものが大好きなんだけど、健康のためにも控えているの…」とかわいらしい頑張りを教えてくれました。

5年号制覇へ、旭川の最高齢さん

明治41年に新十津川で生まれ、21歳で結婚。リハビリの一環の書道や塗り絵で賞をもらうなど、多才な女性です

旭川市 前東ヨシさん(110)
旭川で1番、北海道でも5~6番目に高齢という前東さんは、市内の介護施設サニーヒルで暮らしています。着替えや歯みがき、車いすでの移動もできる限り自分でこなし、毎日食事もしっかり食べています。「そりゃあ好みじゃない日もあるけど」と笑う前東さん。

若い頃は裁縫学校に通い、教員だったご主人の転勤に合わせて各地で教室を開くほどの腕前でした。7人のお子さんに恵まれたことで、少しでも家計を助けようと一生懸命だったのです。

ご主人の退職を機に旭川に移住し、そこからは手芸や家庭菜園をのんびりと楽しむように。「最高齢だとかは考えたことはないです。ただ夢中で生きてきただけ」。明治から、来年変わる新年号を合わせて5年号の制覇まで、まもなくです。

やっぱり、声がご立派だもの

写真や天文も趣味のひとつ。皆既日食を見るため、遠くはチリ、ザンビアなどこれまで10回以上は海外旅行に出掛けました

剣淵町 柴田宣雄さん(91)
本業は真証寺の住職。けれど、やるからには先生を目指す!と趣味で始めた詩吟に向き合ってきました。昭和40年に岳風会士別支部に入門し、49年に師範に。現在は剣淵吟詠会の宗師を務めています。「自分がとことんやるってことが文化の普及に繋がると思ったし、中途半端にしないのがモットーなんだ」。詩吟も民謡も大好きなカラオケも、そして僧侶としても共通する「お腹の底から声を出す」基本が健康の秘訣そのものと笑います。

好奇心が旺盛なの

おもちゃ屋時代、町内で唯一「スロットカー」を置いて遊べるようにしていたので、毎日多くの子供が来店したそう

当麻町 滝本美代子さん(88)
30歳で当麻に暮らすようになった滝本さん。貸本と駄菓子の商店をオープンしました。その後も、おもちゃを販売したり、最終的には手芸店として今年3月まで一人で切り盛り。「かつてはまわりの商店も活気があって、子供もたくさんいたのよ。子供会ではうちの駄菓子をよく使ってくれてね」と振り返ります。

趣味の手芸は50年選手。「あとは琴を習ったり、コーラスグループにも所属しているの。これからもやりたいことがたくさんあるのよ」。

リビングでニジマスが泳いでる!

柾葺き屋根の職人、木材屋やダンプの運転手としても働いていた庄内さんだからこそ、この別荘を建てることができたのでしょう

東川町 庄内孝治さん(81)
退職後、山の中に別荘を手造り。6年がかりで完成したのは、まさかの室内に池がある3階建て。

リビングの一角に湧き水を引いた池には、ニジマス18匹がす~いすい。「水が流れる音や魚が跳ねる音って心が安らぐ。水がいいから、魚も生臭くなくておいしいんだ」。毎日自宅がある市街地から通い、餌やりや池の掃除、薪割り、大好きな野球とゴルフの素振り…と充実のスケジュールです。

昭和32年発足当時に入隊した東川町山岳救助隊では現在も隊長を務め、古希の野球チームで監督、選手としても活躍。写真甲子園の時期には学生のホームステイを受け容れるなど、まちづくりにも積極的に協力しています。「今の暮らしがあるのは生まれ育ったこの町のおかげだからね」と恩返しの気持ちです。

ガンプラ好きも継いでるね

市が商店街に委託する駅前駐輪場の管理が日課。「1日2回の自転車整理がリズムになってる」。楽しみは、日本酒一合を奥様の手料理で味わう晩酌

深川市 安岡宏さん(84)
「ホビーショップヤスオカ」はまち唯一のおもちゃ屋。前身は、学校教材や木製パーツを組み立てて飛行機や船を造る「ソリッド」を扱うお店で、プラモデルは昭和40年代から販売するように。「今は40~50代がメイン。500円玉を握りしめた子供が来ることもなくなって、少しさみしいよ」。

今、店頭に立つのは2代目の息子さん。「私はおもちゃが好きでおもちゃ屋になった訳じゃないけど、ガンプラ全盛期は熱中したね。息子も大のプラモデル好きに育っちゃった」。

ハワイで走って15年

美瑛農協に勤めていた頃、第1回バーサーロペット・ジャパンに参加し、以降毎年のように出場。夏場の体力づくりに始めた自転車ですが「スキーとは使う筋肉が全然違った(笑)」とか

美瑛町 尾形明男さん(81)
2000年から自転車を始め、ハワイの「ホノルルセンチュリーライド」に連続出場している尾形さんは、日に焼けた体に長めの白髪を結ったダンディーなライダーです。

走るコースは毎回最長の100マイル(160キロ)。試走では仲間のしんがりを務めます。今年もエントリー済みですが「体もきつくなってきてね。参加は迷ってるんだ。お世話になった人たちへのあいさつ周りがメインかな。…でもやっぱり血が騒いで、自転車借りて出ちゃうかもね」。

この場所は宝物よ

地域のボランティアとしてもひっぱりだこ。「自分のためになるし、私もいろんな人に助けてもらっているからね」

中富良野町 内堀恵子さん(80)
林に佇むこの家には、電気なし水道なし。「ランプは5個くらいあるかな(笑)。でも、さすがに冬場は厳しいわね」。東京・銀座で手芸店を営んでいた内堀夫婦は、いつか大好きな北海道に住もうと約束。9年前、その夢を叶えました。

とにかく行動的な恵子さん。今年は町内の盆踊り大会に女性7人で出場しました。「揃いの衣装をこしらえて、楽しかった~。うち電気ないから、ガス台に鉄製アイロンのせてシワのばしたり(笑)」とあっけらかん。

好きな騎手は武豊さん

編み物歴は80年以上。孫のためのくつ下だってマフラーだってお手のもの。今はぬくぬくのひざかけを編んでいるところです

上富良野町 重綱きみ子さん(101)
昭和15年、重綱商店を開業し、75年に渡って営業。自衛隊の演習場が近くにできると、毎日多くの自衛官が買い物にやって来て、休みの日はお子さんたちと遊んでくれたと振り返ります。

新聞は毎日目を通し、テレビのスポーツ観戦も大好き。「道内のチームだからね」と一応日本ハムを応援。先日の高校野球では秋田・金足農業に夢中でした。実際に馬券を買ったことはないけれど、競馬も予想しながら楽しんでいます。

みんなを笑顔にしちゃうよ~

9月15日(土)、サンホールはぴねすで行う「長生き感謝祭」で皿回しを披露します。観覧自由なので、ぜひ雄姿をご覧あれ!

鷹栖町 中村廣司さん(88)
ぷくっと膨らませた風船が、見る間にウサギとヒヨコに。家庭置き薬の販売業を生業としていた中村さんの必殺技です。お宅にこの子たちを置いていかれたら、ファンにならざるを得ませんね。町内の子供向け人形劇団体でもその技を生かし、ついたあだ名はもちろん「風船おじさん」。

もうひとつの特技は皿回し。老人会や保育所などで披露して喜ばれています。「人と会って話すのが元気の源。とくに子供たちと関わることが生きがいだね」。

月刊まち便り バックナンバー

月刊まち便り【11月】 今回紹介するのはこのまち!
東川町 初心者&ちびっこはこの緩斜面で慣れるのだ!コース&ペアリフト新設 今年、キャンモアスキー場に念願のペアリフトが掛かりました。従来の4人乗り高速クワッドリ... (11月2日)
月刊まち便り【10月】 今回紹介するのはこのまち!
名寄市 ひまわり酵母培養中!名寄の風土を表現する新しい名物パンになーれ 過去には東京のローソン本部でパンの開発に関わっていた石田さん。組織にいては難しいパン作り... (10月2日)
月刊まち便り【8月】 今回紹介するのはこのまち!
名寄市 夏だ!太陽だ!ひまわりだ! 北海道立サンピラーパークで今月末まで「なよろひまわりまつり」が開かれています。今年も特産品が当たるスタンプラリーやフォトコン... (8月3日)
月刊まち便り【7月】 今回紹介するのはこのまち!
上川町 絶対お得!上川・層雲峡をぐるっと満喫して♪ 大人気の写真スポット「大雪森のガーデン」のドレスガーデンツイン。ガーデンにはクーポン1枚で入場できます 事務... (7月3日)
月刊まち便り特別編 「だいすき地元食堂」
ライナー配布エリア17市町にお住まいの方に、地元の食堂情報をお寄せいただきました。独特の空気感、常連による暗黙のルール…。地域に愛され育まれた、そのすべてがオツ... (6月1日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

新規会員登録

ライナー最新号

2018年11月13日号
2018年11月13日号
和洋折衷の歴史的建物で
過ごす特別な時間
おかだ紅雪庭の宴会コース
紙面を見る

ピックアップ

チアーズ!マミー
チアーズ!マミー
特別プランを作ったよ
ママのための期間限定
ランチ忘年会
つくろう旬レシピ
つくろう旬レシピ
〝追いカボチャ〟で
さらに楽しく濃厚に
簡単チーズフォンデュ
晩酌思案中
晩酌思案中
刺激的に美味…
タチがとけあう
正直やの麻婆豆腐
注目グルメ
注目グルメ
飯なのに酒が飲まさる
割烹風オムライスに
炙りアナゴ1本のっけ
お通しダイアリー
お通しダイアリー
行ってみなけりゃ
出会えない。
今宵訪れたのは…
味な人
味な人
食の根源へ逆走する
愛すべきそば馬鹿なり
「淳真」山崎淳司さん
求人情報
求人情報
旭川市・道北エリアの正社員、アルバイト、パート就職情報
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
11/13~11/19運勢

ページの最上段に戻る