1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. よみもの
  4. シネマの時間
  5. クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ〜拉麺大乱〜

正義とは?平和とは?

クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ〜拉麺大乱〜

©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018

おバカでお下品なしんちゃん。なぜかちょっぴりカッコいい。

今回はどこぞの世紀末救世主伝説みたいに、拳法VS拳法の闘いが繰り広げられる。わかりやすい形で「悪」が登場し、それに抗うものが立ち上がる。我らがかすかべ防衛隊もそこに加わる。しかしそこから勧善懲悪にはならない。今回もおバカな面々によるドタバタという基本を踏襲しながら、深く難しいテーマに挑んでいる。今回は「正義とはなにか」「平和とはなにか」というような事が描かれていて考えさせられる。

私はこの作品を六歳の息子と一緒に見に行った。鑑賞後、「しんちゃんおもしろかったね」と言うと、「でもちょっとカッコよかった」と答えた。しんちゃんは特にカッコいいふるまいをしたわけではなく、いつものしんちゃんだった。しんちゃんのカッコよさは子供たちにちゃんと伝わる。おバカでお下品なしんちゃんの中にこそ、平和のヒントがある。

往年のカンフー映画へのオマージュを散りばめ、いつものドタバタも散りばめ、深いテーマにも挑む。そしてそれを子供にもわかるように描く。道徳の言葉みたいなもので説教しても伝わらないことを、しんちゃんが尻を出しながら教えてくれる。(映画ライター・ケン坊)

ケン坊がさらに語る!WEB限定おまけコラム

この記事には映画のネタバレが少々含まれているので、まだ映画を見ていない人はその点をご承知おきの上で読んでください。

もっと読む

今回は巨大ラーメンチェーンが悪役として登場する。売上至上主義のこの会社は、自社の売り上げが上がりさえすれば他のことはどうでもいい、という姿勢を貫く。小さな商店を地上げしてぶっ潰し、そこに巨大なビルをぶっ建てる。あちこちで目にする情景だ。売り上げが上がるなら商品の安全性など気にしない。多少問題があろうと売ってしまえ。これも近年ニュースで不正行為としていくつも報道されている。程度の差こそあれ、描かれている「悪」は身近なものだ。

そして虐げられる弱者の中から立ち上がるものが現れる。「柔よく剛を制す」的な拳法で巨悪に立ち向かう。この拳法の究極奥義こそが平和を取り戻すための最後の手段のように描かれる。しかし。物語の終盤でこの究極奥義の姿が明らかになると疑問が生じる。この技は相手の戦意を喪失させることで争いを無くすというものだ。自分で考えることをしなくなることで戦意を失う。いわばロボトミーなのだ。巨悪への憎悪によって自分を見失った拳士がこれを会得して間違った方向へ進み、我らがしんちゃんはそれを救い出そうとする。

究極奥義を会得した人物は敵を倒した後も暴走を続ける。地上からすべての「悪」を根絶しようとし始める。我々の身の回りにある小さな「悪」を糾弾し、問答無用でロボトミーしていく。まさにSNSにはびこる勧善懲悪を見ているようだ。悪徳ラーメンに毒されていた人々が今度は暴走する正義に怯える。怯えて萎縮している人か、ロボトミーによって人間ではない状態にされた人しかいない世界。そこに争いはない。それは果たして平和と言えるのか。平和とは争いがない状態のことを指しているのか。

しんちゃんはいつだってカッコいい。品はないかもしれないけれど常にまっすぐだ。「正しい行いをする」というような気負いがなく、それゆえに正義が暴走することもない。完全無欠ではないどころかちょっと問題児ですらある。

ラストで世界に平和をもたらすジェンカ。ジェンカを上手に踊るコツがなんであるかは、実は作品の冒頭で描かれていた。何気ない園児の日常を描いたシーンのようでありながら、作品のメッセージのすべてがそこに描かれていたのである。ジェンカを上手に踊るコツ。それこそが平和をもたらすカギである。しんちゃんたちはそれに気づき、間違った「正義」を正すのであった。

関連スポット

シネプレックス旭川

シネプレックス旭川

住所:旭川市永山12条3丁目ウエスタンパワーズ内

TEL:0570-783-882

永山/アミューズメント

ディノスシネマズ旭川(スガイディノス旭川)

ディノスシネマズ旭川(スガイディノス旭川)

住所:旭川市大雪通5丁目496-5

TEL:0166-21-1212(代表)/0166-21-1233(映画)

大雪通/アミューズメント

イオンシネマ旭川駅前

道北最大級の8スクリーン1,200席

イオンシネマ旭川駅前

住所:旭川市宮下通7丁目2番5号 イオンモール旭川駅前4F

TEL:0166-74-6411/駐車場:900台

宮下通/アミューズメント

  • 駐車場

シネマの時間 バックナンバー

散り椿
良い役者の揃った剣豪物時代劇。それだけでも面白くないはずがない。主人公、瓜生新兵衛はこれ以上ないはまり役で、原作のイメージそのままだ。原作が好きな人にこの新兵衛... (10月5日)
プーと大人になった僕
プーさんの絵本の中でその物語の聞き手であったクリストファー・ロビンが、絵本が終わった後の人生を生きていたら…、というお話。その設定を聞いて想像するのはだいたいこ... (9月21日)
マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー
あれから10年も経ったの?という驚き。前作の記憶が鮮やかに残っていて、とても10年も経ったとは思えない。ピアース・ブロスナンが老人の役をやっているという衝撃があ... (8月31日)
銀魂2 掟は破るためにこそある
豪華なキャストでド派手にドタバタをやるという贅沢なシリーズ。本作はその二作目で、冒頭から大小のネタをぎっしり詰め込んでくる。キャラクタは大勢出てくるものの、初見... (8月24日)
未来のミライ
今年のベストはこれです、と断言してしまいたくなる。年齢、性別、家族構成など見る人の境遇によって違った世界を見せてくれる。まさにこれぞ映画と言えるような映画だ。 ... (7月27日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

新規会員登録

ライナー最新号

2018年10月16日号
2018年10月16日号
人気商品は何時ころが
ねらい目?き花の杜
秋の工場祭攻略ガイド
紙面を見る

ピックアップ

注目グルメ
注目グルメ
素朴という名の贅沢…
広大な丘のただ中、
この場でとれたものを
晩酌思案中
晩酌思案中
旨い豚を知る
店主のサガリは
香味豊な味噌仕立て
つくろう旬レシピ
つくろう旬レシピ
日本酒にぴったり
しっとりほろほろ
「秋刀魚の煮付け」
チアーズ!マミー
チアーズ!マミー
センスの見せどころ?
ホームパーティには
ひと工夫ある手土産を
お通しダイアリー
お通しダイアリー
行ってみなけりゃ
出会えない。
今宵訪れたのは…
あさひかわ佳景
あさひかわ佳景
春・夏・秋・冬
そばにある景色を
写真とことばで
求人情報
求人情報
旭川市・道北エリアの正社員、アルバイト、パート就職情報
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
10/16~10/22の運勢

ページの最上段に戻る