1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. まとめ
  4. 旭川で活躍する6人に聞いた「お父さんはどんな人?」

6月17日は父の日ですね。

旭川で活躍する6人に聞いた「お父さんはどんな人?」

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。

地味にクる、笑いのルーツ

(株)昇夢虹 イラストレーター 小川けんいちさん

釧路出身。旭山動物園のお菓子のパッケージや「メガネのパリミキ」本店のショッピングバッグのデザインを手がけるなど活躍はグローバル。ハマショーの大ファン

父は自動車関連の会社員でした。家でもきりっとしていて、寝転がったりおならしたりなんて見たことない。両親は美術部の出身で、幼い頃は美術館によく連れて行ってくれましたね。

力技で笑いを引っ張り出す母ケイコと、物静かながらぽつっとおもしろいことを言う頭脳プレーの父カズオ。僕が常々口にしている、イラストで人を楽しくさせたい、笑わせたいって思いは両親から引き継いだもの。奥さんにも「意地でも笑わせにくるよね」と呆れられますが、ちゃんと線引きがあって、大爆笑は望まない。控えめでしょ(笑)。クスっと、ちょこっと笑ってもらうくらいがちょうどいいんだ。

高校時代に少し悪さしたとき、「お母さんがどれだけ心配したかわかるか。すべては思いやりだぞ」と父に静かに諭されました。今でも僕の心に残っている、大事にしている言葉。いつも楽しいことと思いやりのバランスを探っています。

で、描いてみましたよ。これが私の父と母で~す。母はこんなに髪の毛はねてないし、父だって本当はこんな7・3分けじゃないんですが、似顔絵ってイメージを強調するとおもしろいし、不思議と似るんですよ。

師匠であり、大先輩であり

(株)リゲルプロジェクト 美容室HIKARI 鈴木綾菜さん

2010年、北海道歌謡連盟主催の全道グランドチャンピオン大会で、坂本冬美さんの「夜叉海峡」を歌い優勝。父の山中茂樹さん(右側)は、美容室オーナーで同連盟の師範講師。認定講師の綾菜さんとともにボイストレーナーとしても活躍中

物心つかないころから、各地の歌謡大会に出場する父の応援に家族総出で行ってました。「私も出たい!」となったのは自然な流れで、中1で初めて大会に出て特別賞をいただいてからはもうズブズブ(笑)。それ以降、曲のセレクトから歌の指導にわたって父に協力を仰いでいます。

最初はポップスを歌っていたのですが、五木ひろしさんがオハコの父の影響を受け、次第に演歌も歌うように。私は思春期でもお父さん大好きっ子で、高校生ごろまで父のTシャツを着て寝てました(笑)。趣味も仕事も同じだから気がつけばいつも一緒ですが、きちんと線引きはしていますよ。父は一言で表現すると情の深い人。歌謡サークルの生徒さんにも、本業の美容室のお客様に対しても、一人ひとりに誠心誠意向き合ってくれます。いつもバイタリティに溢れていて青年のようですが、これからも変わることなく愛情いっぱい、元気いっぱいの父でいてほしいですね。

ときどきはさんろくのスナックにも出没します。顔も声も、気持ちよ~く歌っている人がいたら、それが私の父です。

有言実行。行動で示す男

有限会社北海道井泉 代表取締役 伴野忠孝さん

旭川を代表するとんかつの名店「井泉」の創業者。父・賢次郎さんのことを「豪快で、人が常に集まる人気者だった」とその明るさを称えます

私の生まれは東京浅草。父は製本や印刷を手掛ける会社を経営していました。学生時代は私も工場を手伝ったりしていたけど、母が一時期天ぷら屋をやって。そちらに憧れを抱いてしまった。高校卒業の半年ほど前、父に料理人の道に進みたいと告げました。そしたらね、「じゃあ俺ももう仕事やめよう」って(笑)。今考えると心臓を患っていたし、息子は跡を継がないし、ちょうど良いタイミングだと思ったのかも。本当に叔父に譲っちゃった。

枝幸町出身で道内各地に親族がいたから、引退後は毎夏、旭川を拠点に道内旅行してました。私は上野にある井泉本店に飛び込んで修業を始めて。数年経った頃父がいきなり「お前そろそろ店出さないのか?」って聞くの。東京で開業するにはお金も貯まってないし無理だって言うと「いや、旭川だ」って。旅でこの地の良さを分かっていたんでしょうね。終の棲家を探していたのかもしれません。

それからはあっという間。私は「老い先短い父と札幌オリンピックを見に行く」と店に嘘をつき、4日間休みをもらって下見に来ました。当時の旭川は養豚が盛んで、街にとんかつが根付いていましたし、さんろく街の賑わいにも驚いて。これならいいぞと旅行中に店の場所も決めちゃいました。それが2月、5月には店をやめて7月にはオープンです。そして父と母は2年後、旭川に移住。なんだか全てが父の思惑通り…ですが、その強力な後押しがあったからこそ、今の井泉があるのでしょう。亡くなって40年近く経ちますが、今も感謝の気持ちでいっぱいです。

アートの洗礼は父からね

ギャラリーシーズ 代表 久木佐知子さん

もち処一久大福堂の3代目・久木信一さんの長女。現在の4代目は弟で長男の利弘さん。自身の画廊について「父もきっと応援してくれていると思う」と話します

札幌でサラリーマンをしていた父が、祖父(2代目)の後を継ぐため、36歳で旭川に帰郷。まじめで温厚という言葉がぴったりな人で、「信一は口ごたえしたことがない」と祖父がよく言っていたのを覚えています。私も怒られた記憶がありません。餅菓子屋という家業で、従業員とも家族みたいな関係でしたね。みんなで連れだって旅行に出掛けたり、楽しかったなぁ。

父は絵画や映画・演劇、文学が好きで、小学生の私を連れてハリウッド作品やフランス映画も見に行きました。「こんな世界もあるんだ」って、私はぽわんと口を開けて眺めていただけですが、夢見がちに育ったのは父の影響かな(笑)。のちに画廊を開く私に、文化や芸術に関心を持つきっかけをくれましたね。

54歳で急死してしまった時はとてもショックでしたが、落ち込んでいる私を励ましてくれたのは、父をよく知る常連のお客様たちでした。残してくれた家業を継いでいくのが使命だと思いましたし、立ち上がることができました。父が貫いてきた「信用第一」を信条に、世代を超えてご支持いただける餅菓子屋を目指していきたいです。

草花を愛でた4代目

近藤染工場 常務取締役 近藤耕介さん

創業120年。伝統的な本染めの技術を、手ぬぐいや風呂敷など日常の暮らしに取り入れる提案もしています

父は近藤染工場の4代目で、現在の社長は5代目の叔父さんが務めています。長年、兄弟力を合わせて、会社を切り盛りしてきました。多趣味な人で、山登りや民謡なんかも嗜んでいました。特に熱を入れていたのが畑仕事です。鷹栖に山林を持っていて、イモとかダイコンとか枝豆なんかを育てていました。子供のころ、遊びに連れていってもらうといえば、決まって畑。それが当たり前と思っていましたが、いま思えば、体よくこきつかわれていました。息子の名前に〝耕〟って入れるくらいだし(笑)。

近藤染工場の4代目・正さん

私は大学卒業後、教員になったんですが、父は昔から一言も家業を継げとは言わなかったです。それよりも畑の手伝い。中学生のとき、今で言う総合学習のように、うちの畑を生徒たちに開放して農業体験をさせたりもしていました。シベリア抑留体験の影響か、土にまみれて働くことに尊さとか生きる意味を感じていたのかもしれません。

草花も好きで、会社のまわりで、アサガオを育て始めたのは父の案だと聞いています。染物屋らしい発想ですよね。アサガオのカーテンは、今も夏の風物詩として、地域のみなさんに親しまれています。

怒ってくれてありがとう

ラーメンふるき 店主 古木孝子さん

もともと挨拶大好きなおじさんで(笑)。買物に行っても、品より人を見て声掛けて。それを楽しみに出掛けているような人でした。

1982年に始めたこの店は、タクシー運転手だった父が母の夢を実現させたもの。一か八かやってみるか!って修行にもいかず。子供ながらに覚えているのが、父の舌の感覚がすごいってことです。家族で食べに行ったちゃんこ屋のスープを家ですんなり再現してました。

私は高校くらいから店を手伝うようになって、でも一緒に仕事している時は大嫌いでした。掃除はやり直し、お客さんにはとにかく大きい声、笑顔で元気にって。あーしろこーしろ、どんどん厳しくなってきて、毎日喧嘩です。さっきまで私を睨んだり怒鳴っていた父が、お客さんの前では瞬時に変わる。その態度がまた悔しくて(笑)。

初代店主の父・守さんは、一昨年に他界。「私と唯一気が合ったのは音楽」と孝子さん。マイケルジャクソンのCDを車中でよく聞いていたとか

でもね、母が倒れたことで出前を止めたときは、これまで通りお客さんが来てくれるのか、父はすごく不安がっていました。毎晩とりつかれたように看板ラーメンの味噌を練って。今思えば、いろんな思いを隠すように没頭していたのかも。無理していたのかな。ただそんな心配をよそに、相変わらずたくさんの方がいらっしゃってくれて、あらためて父の目くばり、気くばり、心くばりが半端ないってことに気付かされました。

「味濃くない?」「どこから来たの?」って、なによ、いい格好しちゃって、と父を見ていたけど…今、それ自分がやれてる。当時できずに怒られていたこと、出てこなかった言葉が言えてるんですね。同じ立場に立ってみて、見えてくるものがあります。反発しながらも叩き込まれたことが生きています。

トピックス

地域の職人・作家が大集合 東川でアートマーケット
東川町や近隣に暮らす職人が製造する家具やクラフトと、手作り作家らの作品を展示販売する「ひがしかわART」が、7月27日(土)・28日(日)の午前10時から午後4... (7月21日)
マラソンの前に、最中に おもちとようかんが味方です
レース当日、効率的にエネルギーを取るために、どんなものを食べたらいいかわからない・・と悩むランナーをサポートしようと、市内の菓子店が工夫を凝らした商品を開発しま... (7月21日)
こっちの選挙には行った? 6商品が発売かけ投票受付中
生活協同組合コープさっぽろは、北海道製造を中心とした良質なプライベートブランド(PB)「なるほど商品」の新規格品の発売を賭け、7月26日(金)まで来店者投票を実... (7月20日)
地元のいいもの再発見 日曜に買物公園でマーケット
道北の美味や工芸品などを販売する「どうゆう名店街」が、7月28日(日)午前10時から午後4時に、1条から3条の旭川平和通買物公園で開かれます。北海道中小企業家同... (7月20日)
農家さんの協力で実現 ここだけの体験プラン
普段は足を踏み入れることができないパッチワークの丘の稜線を歩いたり、畑で作物を収穫してその場で味わったり―魅力ある観光地づくりに取り組む法人「丘のまちびえいDM... (7月20日)
建物への愛あふれる バラエティ豊かなアート展
建物の美しさをテーマに、さまざまなジャンルの作品を集めたユニークなアート展が、7月29日(月)から8月4日(日)まで、ギャラリージュンク(旭川市1条通8丁目フィ... (7月20日)
キャンプ体験やランニングも 夏花満開ガーデンフェスタ
あさひかわ北彩都ガーデンは、7月27日(土)午後0時半からガーデンフェスタを開きます。 フードや花の販売のほか、特設ステージではオカリナや吹奏楽の演奏、ヒップホ... (7月20日)
木のこと遊んで学ぼう 林業会館で森林(もり)の市
旭川地方木材協会は森林や木材に関わる地域団体と共同で、7月28日(日)午前10時から午後3時に、旭川林業会館(旭川市永山北1条10丁目)で木に親しむ「森林(もり... (7月17日)
Vol.2 標高630mでバラがいま満開
太陽を目一杯浴び、ぐんぐん成長した植物たちが一気に花開く季節。高地にある「大雪 森のガーデン」にもやっと華やかな季節がやってきました。シャクヤクやジギタリス、ユ... (7月16日)
イタリアの名曲にふれて 宮﨑陽江さんのコンサート
スイス在住で、世界で活躍するヴァイオリニスト・宮﨑陽江さんのコンサートが、8月9日(金)午後6時半から旭川大雪クリスタルホール音楽堂で開かれます。 チェンバロ奏... (7月14日)
注目は24種のクラフトビール テイクアウトもやってます
ホテルクレッセント旭川は、8月31日(土)までビールフェアを開いています。 今年の目玉は、全国から選りすぐった全24種のクラフトビール。東京や名古屋、宮崎など各... (7月18日)
夏麺 2019
熱いの、辛いの、冷たいの。 食べたくなるのはナツのせい。... (7月16日)
今日も元気にいただきガス! 旭川ガスのお店を動画紹介
 言わずと知れたトンカツの名店・井泉さん。人気店ゆえに毎日使用する油の量はハンパなく、営業時間中その温度を一定に管理するのは至難の業。この道20年以上の職人の... (7月16日)
鷹の爪がお土産ラーメン 「海鮮旨塩」
旭川、鷹栖などで拉麺(らーめん)鷹の爪を展開する株式会社一代目は、お土産用ラーメン「北海道海鮮らーめん(旨塩味)」を発売しました。 とんこつを14時間コトコトて... (7月11日)
コンビニクリップ カレー対決編
あなたはどのカレーがお好みですか? 各店こだわりのイチオシをpick up!... (7月9日)
全国で出会った農家から 仕入れた野菜と食品を販売
近郊農家の農産物や全国の食品を販売するショップ「Sousei Marche(ソウセイマルシェ)」が、イオンモール旭川駅前1階にオープンしました。札幌に続く2号店... (7月18日)
チーズ職人が綴る世界一の夢 伊勢昇平さん初の書籍出版
旭川市のチーズ職人・伊勢昇平さんが、今月、初の書籍「ブルーチーズドリーマー 世界一のチーズをつくる。」を発行しました。 伊勢さんは江丹別地区で家業の酪農を手伝い... (7月12日)
憧れのシモンズに手が届く スイデコで特価セール中
家具とインテリアの店「スイートデコレーション東神楽店」で、7月21日(日)まで米国ベッドメーカーシモンズの特別販売会を行っています。 シングルサイズからキングサ... (7月11日)
妊娠SOSホットライン 5日間は昼間も開通
旭川いのちを考える懇談会は毎日午後9時から午後11時に夜間の電話相談「妊娠SOSホットライン」を受け付けています。生命尊重の日に合わせ、7月13日(土)から17... (7月10日)
収穫や調理体験通じて農業の大切さ学ぼう
農協観光旭川支店は、道央・道北など道内各地のJAの協力で、親子向けの日帰り体験ツアー「あぐりキッチン教室」を7~9月にかけて実施します。 じゃがいも、とうもろこ... (6月27日)
旭川・近郊の夏のお祭り みどころを調べてみたよ
迫力の神輿やパレード、賑わう屋台、夜空に輝く花火…。7月、8月は道内各地でさまざまな夏祭りが行われます。 ライナー編集部で、旭川・近郊エリアのことしのお祭り情報... (6月25日)
もうすぐ10連休!旭川周辺で過ごすおすすめスポット
いよいよゴールデンウィークが近づいてきました。せっかくの連休を何するかどこで過ごすか迷っている方も多いのではないでしょうか。そんな休日にオススメの旭川とその近郊... (4月19日)
共に夢を語り、踏み出す年に
北海道新幹線が札幌までつながると、東京へ鉄路で4時間で行けるようになる。待機時間を考えると飛行機とそん色ない。何より函館や東北が近くなるのがうれしい。旭川―札幌... (1月1日)
旭川近郊店の初売・福袋・セール情報まとめ
今年もライナーでは、旭川市と近郊にある大型店の初売りや福袋の情報をまとめました。年末年始の変則的な営業時間などについても記載していますので、お役立てください!... (12月28日)
旭川おすすめ初詣スポット 上川神社・護国神社ほか
初詣で氏神様にあいさつをして、縁起良く新年をスタートさせませんか。 男性... (12月17日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

アカウント作成

ライナー最新号

2019年7月19日号
2019年7月19日号
麺屋くるるに新作
あっさり定番と豆乳坦々
2種類の冷麺が登場
紙面を見る

ピックアップ

注目グルメ
注目グルメ
1個250円の太っ腹
おつゆじゅわじゅわ
貴あじのかき味噌焼き
シネマの時間
シネマの時間
ウッディとバズが
この夏新たな冒険へ
トイ・ストーリー4
わが店の地味じまん
わが店の地味じまん
素朴な見た目だけど
おいしいお菓子を発掘
チアーズ!マミー
チアーズ!マミー
上川町で遊ぼう
親子で楽しむ&まなぶ
おすすめスポット
店名 その心は…
店名 その心は…
ここで家具を作りたい
白さと静けさに惹かれ
ガージーに秘めた想い
オープンハウス
オープンハウス
旭川市近郊エリアで
公開中のおうちを
ご紹介します
求人情報
求人情報
旭川市・道北エリアの正社員、アルバイト、パート就職情報
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
7/16~7/22の運勢

ページの最上段に戻る