1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. まとめ
  4. 旭川で活躍する6人に聞いた 「お母さんはどんなひと?」

5月13日は母の日ですね。

旭川で活躍する6人に聞いた
「お母さんはどんなひと?」

タレント性バツグン?

タレント 森田仁さん

2011年より旭川市在住。フードプロデューサーやラジオDJなど多方面で活躍する森田さん。

うちの母親、変わってますよ。小学生のとき、伊豆大島の三原山噴火のニュースを見てて、「あんた明日学校休みなさい」って。同じ東京都(当時は東京都・月島在住)でも海の向こうの島の話だし、「平気だよ」って言ったんですが、「違うわよ。明日、噴火を見に行くんだから学校休みなさい」だと。数日後、全島避難命令が出ると「あんたが、グズグズしてるから見逃した」って怒ってるし。

名古屋出身だからか、パチンコが大好きでね。「あぶく銭は人に施すのが一番」って、勝った日は私と妹に1万円ずつくれたりしました。あるとき実家の押入れを整理してたら、段ボールから自分が芸人をやっていたころの切り抜きとかビデオがいっぱい出てきて。一瞬感動したけど、段ボールの中ぐちゃぐちゃで、スクラップするんならちょっとは整理しろよ!って心の中でつっこんだね。

母の三千子さんは、森田さんの友人いわく「月島の沢田亜矢子」だとか。似てる?!

そんな母ももうすぐ80歳。昔から天然なんで、ほんとにボケたのか見極めるのが難しい人だけど、先日も「オレオレ詐欺撃退してやった」って自慢してたし、まだまだ元気です。東京に帰ったときは、必ず顔を見せるようにしています。

ここで生まれて焼いている

おやきの冨士屋 金井敬胤(ひろつぐ)さん

昔ながらの店構えで、ともに手際よく調理する敬胤さんと母・萬里子さん。創業当時から変わらないほっとする味が銀座の名物です

ボクが生まれた時から母は、銀座商店街で商売をしていました。赤ん坊の時は、店内のソファで寝ていたらしく、この甘~く香ばしい匂いの中で育ちました。中学生のころから、お祭りなど忙しいときには手伝ったりもしていました。友達は遊んでいてうらやましかったけど、アルバイト代もらっていたので一所懸命働きましたよ。

本格的に店に入ったのは19歳から。ずっと母が働いている姿を見てきたので、あんまり抵抗はなかったです。母はヒザが悪くて手術しているので、いま焼き手はボクが中心でやっています。立ち仕事だし、夏は暑いし、結構きつい仕事だと思うけど、母が文句を言っているのを見たことはないです。がまん強い人だと思う。でも、ヒザに負担をかけないために、もうちょっと体重を落として無理しないでほしい。

たいやきの金型は開業時からのもので、30年以上の年季が入っています。この金型を引き継いで、たっぷり餡の入ったちょっとメタボな冨士屋のたいやきを、これからも焼き続けます。

過渡期支えた立役者

和風旅館扇松園 女将 高橋仁美さん

「扇屋」時代から続く老舗宿の三代目女将・仁美さん。お母さんの富美子さんが亡くなり、この5月で3回忌。その面影を偲びます

母は、お茶やお花を嗜む優雅な少女時代を過ごした人。そんな生活が一変したのは父と結婚し、二人が旅館を継ぐようになってからです。移転や事業拡大などもあり、父を支えるため朝から晩まで働く毎日。父は「やると言ったらやる」という性格で、周りの意見には左右されることがほとんどなく、ついていくのが大変だったと思います。

私は二人姉妹の長女で、転勤族のサラリーマンと結婚したのですが、札幌にいた頃はことあるごとに「忙しくて手が回らない。少しでも良いから帰ってきて手伝って」と電話が掛かってくるんです。里帰りっていうと、のんびりとリフレッシュするのが普通かもしれませんが、私は帰るたびに忙しくて(笑)。

子供も大きくなり、本格的に継ぐと決めて旭川に戻りましたが、父母の古いやり方に意見して対立することも度々ありましたね。三代目として私が発言権を強めていくと、母は少し寂しそうでした。「私だってまだまだやれる」という二代目のプライドがあったんだと思います。でも晩年は肩の荷が下りたと思ってくれたのか、女学校時代の友人と旅やランチに出かけたり、大好きな父と船旅を楽しんだりと、これまでやりたくてもできなかったことに時間を使ってくれるようになりました。創業から80年を数える扇松園の物語を私に繋いでくれたことに感謝しています。

父子の作陶支える女神

大雪窯 板東光太郎さん

旭川・北の嵐山で最も古い窯元、大雪窯の三代目。ギャラリーに入ると、いつも大らかな笑顔で迎えてくれるのが母の恵美子さん(写真中央)です

母には怒られた記憶がまったくありません。ずっと僕の好きにさせてくれていて。就職活動時期にさえ(当時は窯を継ごうと思っていなかったので…)、なにかを言われたことはないんです。

結婚前はレジ打ちなど接客業についていたそうで、「周囲を明るくしてくれる存在」と、僕たちが実感する以上に周りの人から言われることが多いです。父(窯元・豊光さん)を、母はその朗らかさで結婚以来40年近く、公私に渡ってサポートしてきたわけです。いまは僕も奥さんに手伝いをしてもらっているから、そのあり難さがよくわかるようになりましたね。大雪窯の器たちは、夫婦の二人三脚があって成り立っているんだなぁと。

あ、唯一怒られたことを思い出しました。小学1年の頃、家族でスキーに行ったときのことです。まだろくに滑れもしない僕を、なんと旭岳ロープウェイに乗せてね。高い山で怖かったのに、母が怒るものだから、まあ激励だったのかもしれないけど、どうにかこうにか滑り降りて…あれ?僕、なんにも悪くないよね(笑)。

僕の娘達はそれはもう見事なおばあちゃん子ですよ。お菓子を買ってくれるから、買い物に「ママとパパは来ないで」なんて言われたりして…。

愛しい母に赤い花を

(株)オクノ 社長 石原嘉孝さん

大阪出身、大学進学を機に北海道に来た石原さん。お母さんのエピソードを通して、ユニークで大胆不敵な人柄が見えてくるよう

愛知県の料亭の娘として育った母は、背は低いけど気が強くて。どっしりと肝が据わったところがありましたね。高校時代の僕が酒を飲むのも気にしなかったし、浪人中は「勉強はほどほどにしてストリップでも見に行ったら?」なんて言われたり。北大に入学が決まってから、狸小路の劇場に飛び込んだよ(笑)。

僕が小学生のころまでは父の繊維問屋の事業がうまくいっていて、当時はよくわかっていなかったけど全国でも指折りの資産家だったようです。自宅にダンスホールがあったり、別の家の裏庭は地域の盆踊り会場になるほど広かったり。中学に入るころには没落がはじまって、兄貴はロレックスの時計にディオールのバッグで通学していたのに、結局僕はそんな経験ないままですが。

高校にもなると、家では話さなくなりました。それでも母は毎夏恒例の無銭旅行に餞別をくれたり、絶妙な距離感で見守っていてくれましたね。大学1年の冬に母から届いた手紙を読んで、なんてことない内容だったのに「お袋死ぬんじゃないか」と感じてね…そしたらやっぱり数日後に危篤の報せが届いたよ。

お袋は僕がもうちょっと立派な人間になることを期待していたかもしれない。今、年に4回は墓参りに行っているよ。大阪の自宅に赤いバラが咲き乱れていたのを思い出して、赤いカーネーションを手向けています。

女どうし、今は飲み友

(株)オフィスユー 代表取締役 林ゆかりさん

イベントのMCでお馴染みの林さん。母は、家庭料理でもてなす居酒屋泉(旭川市3条通15丁目)の店主・林久美子さん

実家が居酒屋を営んでいたので、私の小学生時代は学校帰りに掃除なんかを手伝い、あとは奥の部屋で営業終了を待つ。そんな毎日でした。数年後に銀座商店街に鮮魚店を開いたのですが、父が開業3年ほどで他界。母はそこから女手一つで私を育ててくれました。夜中、仕入れに行っては戻ってお弁当を作り、配達のために40歳で運転免許を取ったり。今思えば苦労の連続だったと思います。

私が会社を辞め、司会業を始めたときはなかなか言い出せなくて。絶対怒られると思ったんですが、打ち明けたときには驚きもせず「あんたが決めたことなんだから大丈夫。しっかり頑張りなさい」って背中を押してくれた。思わず泣いちゃいました。そうそう、私が仕事関係で嫌がらせを受けたときには、その人が母の店にも現れて。母は「帰れ!」って粗塩撒いて追い払ったんですって。私たちの周りでは今でも〝母子伝説〟になっているんです。

私に厳しかったのは、早く一人前にさせようとしてのことだと大人になって気付きました。でも今では「あんたは自立しすぎて、可愛げのない子になってしまったよ」なんて皮肉も(笑)。母の居酒屋は、元魚屋だけに刺身や焼き魚が旨い。私も時間があれば足を運んで、わがまま言い放題に食事を楽しむ、そんな関係が今も続いています。

トピックス

6月2日に旭川市健康まつり 巡回検診車でのがん検診も
地域住民の健康増進をめざす「旭川市健康まつり」が、6月2日(土)午後1時から道北アークス大雪アリーナで開かれます。医師による血圧測定やがん検診のほか、健康にまつ... (5月27日)
中央図書館と神楽図書館で 大人のための絵本読み聞かせ
子供だけでなく大人にも絵本の楽しさを知ってもらおうと、旭川市中央図書館と神楽図書館(旭川市神楽3条通6丁目)で、6月から来年2月まで月に一度、「大人のための絵本... (5月26日)
東京五輪追加種目に挑戦 6月に初心者向け体験会
2020年の東京オリンピック追加種目に採用された「スケートボード」と「(インドア)スポーツクライミング」の初心者向け体験会が、旭川市民体育の日の6月17日(日)... (5月25日)
かけるか食べるか・・ どっちのメガネがお好き?
これまで、旭川市内の飲食店と数々のパンを共同開発してきた旭川市豊岡4条4丁目のパン屋、みんなの大パンの店主・桐生大輔さんが今回、目をつけたのはなんと無機物―。 ... (5月25日)
道産のうまい酒が飲み放題 6月17日に利き酒会
旭川市内の酒屋・小川商店は、6月17日(日)午後1時半からアートホテル旭川で「大酒々の会~道産酒編~」を開きます。 市内の男山や高砂酒造のほか、栗山の小林酒造、... (5月25日)
街なかの共働スペースが 移転リニューアル
セブンビルにあった「コワーキングスペースあさひかわ37」が、先日、第四ヨネザワビル2階(旭川市3条通7丁目)に移転リニューアルしました。 利用者が増えて手狭にな... (5月25日)
6月9・10日の医大祭に ANZEN漫才とカミナリ
健康をテーマにした講座や展示、農産物の青空市や音楽ライブなどを繰り広げる「第44回旭川医科大学祭」が、6月9日(土)・10日(日)の2日間、同大キャンパスで開か... (5月22日)
美瑛に2カ所目 道の駅開業
美瑛町市街から白金温泉へと続く道道十勝岳温泉美瑛線沿いに、町内で2カ所目となる道の駅「びえい『白金ビルケ』」がオープンしました。人気の青い池や十勝岳火山エリアな... (5月22日)
全道から100店以上が集結 道の駅でハンドメイド市
全道各地から100以上の手作り作家やショップが出店する「ハンドメイド&雑貨市」が、5月29日(火)午前10時から午後4時に旭川地場産センターで開かれます。 布小... (5月21日)
6月26日に、東川町で河口恭吾ライブ
ヒット曲「桜」などで知られるシンガー・ソングライター河口恭吾さんのライブが、6月26日(火)午後7時から、東川町地域交流センター(同町西4号北8)内の交流プラザ... (5月21日)
鷹栖牛使ったレトルト食品 リッチなお味と量に驚きます
レトルトは手抜きっぽくて気が引ける?(株)バイオアグリたかすが販売しているこの商品なら、そんな罪悪感もなくなるはず。鷹栖町の食材を使い、鷹栖町民が3年をかけて、... (5月25日)
みんな最初は緊張するのだ… 寿司屋の寿司は、格別です
私たち日本人のごちそう「お寿司」。最近は外国人にも人気で、今や「SUSHI」は世界共通語ですよね。手ごろな回転寿司にはよく行くけれど、いつかは本格的なお寿司屋さ... (5月25日)
ビアガーデンや限定フェアで 旭川の短い夏を満喫しよう
ホテルクレッセント旭川は、5月25日からビールフェアを実施しています。目玉は旭川ではここでしか飲めないキリン「極冷え生」。マイナス3度までキンキンに冷やした一番... (5月25日)
私の拳とくらべっこ♡ あなたのお店のザンギ見せて
道産子にとって、ザンギ(またの名を唐揚げ)は老若男女を虜にする永遠のアイドル!旭川の人気ザンギ、9店それぞれの特徴をリポートします。ちなみに、私の拳とのサイズ比... (5月22日)
金曜日からビールフェア 時間無制限飲み放題でお得に
ホテルクレッセント旭川は、5月25日(金)から8月31日(金)まで恒例のビールフェアを実施します。目玉は旭川ではここでしか飲めないキリン「極冷え生」。マイナス3... (5月22日)
地域盛り上げたいメンズたち エゾメンで熱烈アピールして
北海道愛にあふれる男性を発掘する旭川発のコンテスト「エゾメン」が、7月23日(月)午後7時から、アートホテル旭川で開かれます。 平成20年に「北のイケメンコンテ... (5月25日)
イオン旭川駅前で 初夏の献血キャンペーン
北彩都あさひかわ献血ルーム(旭川市宮下7丁目、イオンモール旭川駅前4階)は6月15日(金)まで、初夏の献血キャンペーンを実施しています。 期間中、400mlの献... (5月24日)
質問にも答えます 講演会「泌尿器科の最前線」
医療法人仁友会北彩都病院は、6月17日(日)午前10時から2時間程度、イオンシネマ旭川駅前(旭川市宮下7丁目)で「気になる泌尿器科の病気、最前線」と題した講演会... (5月23日)
ライバルに差をつける ゴルフウェアがいっぱい
オクノ(旭川市3条通7丁目)には、パーリーゲイツ、MUスポーツ、アダバット、23区ゴルフの4つの有名ゴルフブランドが揃っています。一般スポーツ用品店では扱ってい... (5月22日)
陸・海・空を一度に体験 学生向け2泊3日イベント
陸・海・空の自衛隊の職務を間近で体験できる2泊3日のイベント「ノーザンスピリット」が、8月5日(日)から7日(火)に陸上自衛隊東千歳駐屯地(千歳市祝梅1016)... (5月22日)
経産省「はばたく中小企業・ 小規模事業者300社」に選定
旭川のおかき製造業、北海道米菓フーズ(廣島俊郎社長)が、中小企業庁(経済産業省)の「はばたく中小企業・小規模事業者300社」に選定されました。 「はばたく中小企... (4月5日)
ここちよく、便利に。 あなたの門出を応援します
雪解け水が流れる音にもウキウキする春。これから始まる新生活には、どんなアイテムが必要でしょうか。ベッドにテーブル、冷蔵庫、食器に掃除用具の数々…。逆に不要なもの... (3月16日)
自由な心で。人生を謳歌する大人たち
人はなぜうたうのか。ストレス解消、ボケ防止、ダイエット、平和のため―。人生経験を重ねた大人たちがうたう理由はさまざまです。いま、「うたうこと」に夢中な彼らを取材... (1月30日)
二十歳のころ、何してた? 「惹かれるままに今がある」
京都で学生生活を送ってたよ。祖父が骨董好きでね。でも父も兄弟3人も全く興味なし。じいさんの血を引いたのは自分だけ(笑)。身近にたくさんあったってこともあるけど、... (1月12日)
二十歳のころ、何してた? 「生徒会長は巨漢の二十歳」
旭川市内の中学校を卒業後、大相撲の大島部屋に入門しました。四股名は「旭川熊五郎」。同期には高見盛、一期上には元横綱・朝青龍がいましたよ。3年目で序二段38枚目ま... (1月12日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

新規会員登録

ライナー最新号

2018年5月25日号
2018年5月25日号
ライナースタッフ25歳
回らないお寿司屋さんの
カウンターデビュー報告
紙面を見る

ピックアップ

注目グルメ
注目グルメ
あのころを思い出す?
主役はつややかに輝く
濃厚なデミソース
シネマの時間
シネマの時間
ばかばかしいほどに
デカい!強い!ヤバい
ランペイジ巨獣大乱闘
つくろう旬レシピ
つくろう旬レシピ
フキの煮物に新風を
ゴローさんが伝授!
里山のイタリアン
チアーズ!マミー
チアーズ!マミー
ベビグラファーに聞く
子供をいい感じで
撮影するコツ♪
月刊まち便り
月刊まち便り
子牛が当たるかも?
白金の新スポットや
シープドッグショー
あさひかわ佳景
あさひかわ佳景
春・夏・秋・冬
そばにある景色を
写真とことばで
求人情報
求人情報
旭川市・道北エリアの正社員、アルバイト、パート就職情報
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
5/22~5/28の運勢

ページの最上段に戻る