1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. おでかけ
  4. 東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 運命

魂の叫びを聞け

東京リベンジャーズ2
血のハロウィン編 運命

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
内容のー部もしくは全部が変更されてる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。
ⓒ和久井健/講談社
ⓒ2023映画「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編」製作委員会

実写映画第二弾は前後編の分割上映で、本作はその前編にあたり、「運命」と題されている。後編「決戦」は6月公開予定だ。

この作品は漫画原作がすでにアニメ化もされており、本作は実写の二作目ということでだいぶ進んでいるシリーズの途中という印象がある。が、ここから入っても何も問題ないと断言しよう。かく言う私、恥ずかしながら本作が初めての「東京リベンジャーズ」体験であった。原作もアニメも前作さえも未見で何も知らないまま見たのだが、とんでもなく面白かったし続きが気になって仕方がない。もちろん「決戦」は公開されたらすぐに見に行く。

この作品は雑に言うと「殺されてしまう恋人を救うため、過去にタイムリープして奮闘する男の物語」である。そこにヤンキーの抗争が絡んでいる点に新しさがある。ヤンキーの抗争の結果恋人が殺される未来が訪れる。元ヤンである主人公はこの抗争の前の時間軸へタイムリープし、未来を変えようとする。失敗すると何度でもやり直し、そのたびに違う展開が起こる。

複雑に絡み合う人物関係、その人物を演じる俳優陣の魅力。スクリーンに満ちる熱量に圧倒される。シリーズを知らない人にもお勧めしたい。(映画ライター・ケン坊)

ケン坊がさらに語る!WEB限定おまけコラム

この記事には映画のネタバレが少々含まれているので、まだ映画を見ていない人はその点をご承知おきの上で読んでください。

もっと読む

この原稿を書いている時点で私は前作を未見なのだが、冒頭のシーンから察するに、前作でも主人公は過去に飛び、ひとまずの目的を達したようだった。つまり恋人は殺されず、生きている未来を手にした。が、本作の冒頭でその恋人は再び殺されてしまう。過去を変えたことで現在にも変化をもたらしたが、別の事件でやはり恋人は殺された。なぜだ、というのを追うのが本作である。

事件の核はヤンキーのチームによる衝突、抗争にある。その大規模な決戦が10年前にあった。本作で主人公はその決戦の少し前の時間軸へジャンプし、決戦の行方を変えようと奔走する。主人公は過去の時間軸から見れば未来人であり、その後の行方を知っている人物であるはずだ。が、彼が過去にジャンプしたことですでに運命が動いていて、彼の知る展開とは異なる展開がすでに始まっている。主人公は時折現在に戻り、当時を知る人物から話を聞いたりして情報を増やす。主人公自身がほとんど何も知らず、さらに関連する人物が複雑に絡み合っていることで本作はその面白さを幾重にも増幅しているように感じる。

本作は実写映画だが人物は漫画由来なので特徴的な造形がされている。そのため、本作が初見であっても見ているうちに誰が誰なのか理解できる。逆に、見ていてもよくわからない人物については本作においてはわからなくても問題ない。チームの対立も、それぞれのチームごとに制服のような服装があるため、誰がどこに属しているのか、誰と誰が仲間なのかは見ていればわかる。加えて脚本もよくできているので、初めて見た人でもしっかりついて行けるだろう。実際私は初めてだったのだが本作一本で完全にハマった。

なお、本作は二部作の前編であるため、ものすごく中途半端なところで終わり。ハラハラしながら見守り、意外な情報がもたらされ、主人公と一緒に驚いたところでエンドロールが流れる。「え?」と思いながらエンドロールを眺め、エンドロール後の映像を見る。ここはもう後編への布石である。

後編は二か月後。とても待ちきれない。

関連スポット

シネプレックス旭川

シネプレックス旭川

住所:旭川市永山12条3丁目ウエスタンパワーズ内

TEL:0570-783-882

永山/アミューズメント

イオンシネマ旭川駅前

道北最大級の8スクリーン1,200席

イオンシネマ旭川駅前

住所:旭川市宮下通7丁目2番5号 イオンモール旭川駅前4F

TEL:0166-74-6411/駐車場:900台

宮下通/アミューズメント

  • 駐車場

関連キーワード

シネマの時間 バックナンバー

九十歳。何がめでたい
なにもかもが奇跡みたいな映画だ。原作はあまりにも売れた佐藤愛子のベストセラーエッセイであり、著者は昨年100歳を迎えられてなお健在である。このエッセイをもとにし... (6月28日)
ブルー きみは大丈夫
毎週映画館に通っているのに、この映画の予告を見た記憶がない。今回新作のリストを眺めてタイトルだけでこの映画を選び、まったく知らないまま見たのだが、何度も胸がいっ... (6月21日)
帰ってきた あぶない刑事
8年前、『さらばあぶない刑事』で「サラバだぜ」と言っていたはずの「あぶ刑事」シリーズ、まさかの新作が登場。今回は特にこれで最後だぜという宣言はされていないのだが... (5月31日)
猿の惑星/キングダム
またまた来ました『猿の惑星』シリーズの最新作。こうなってくるともうどこまでも続けるのだろうなという気配が感じられる。1968年のシリーズ第一作のすばらしさはいさ... (5月17日)
劇場版ブルーロック -EPISODE 凪-
サッカーを題材にしたアニメ作品だがいわゆるスポ根みたいな話ではなく、「ハンター・ハンター」のサッカー版のような物語である。世界観がだいぶぶっ飛んでいてリアリティ... (4月26日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

アカウント作成

ライナー最新号

2024年7月12日号
2024年7月12日号
熱いの辛いの冷たいの
暑~い夏こそ食べたい
イチ推し麺を一挙紹介
紙面を見る

ピックアップ

みらい農家
みらい農家
地域の未来を
耕す人たちを
紹介します
外食チェーン
外食チェーン
人気商品ランキング
上位3品をご紹介
注目グルメ
注目グルメ
定番から新作まで
ライナーが今注目する
お店の味はこれだ!
味な人
味な人
北北海道で食に携わる
人々の横顔をご紹介
シネマの時間
シネマの時間
映画ライター・ケン坊が語る新作映画と
そのみどころ
ものぴりか
ものぴりか
ライナーが集めてきた
地元の素敵な品々を紹介します
不動産情報
不動産情報
不動産・リフォーム等
住まいに関する情報を公開中
クーポン
クーポン
お得なクーポンを公開中
お知らせ
お知らせ
お店・スポットの
お知らせ
ラーメンマップ
ラーメンマップ
ラーメン食べたいなぁ
そんなときは専用マップで探してみよう
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
7/16〜22

ページの最上段に戻る