1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. おでかけ
  4. シン・仮面ライダー

幸せのカタチ

シン・仮面ライダー

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
内容のー部もしくは全部が変更されてる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。
ⓒ石森プロ・東映/2023「シン・仮面ライダー」製作委員会

勘違いする人は少ないと思うが念のために書いておくと、日曜日にやっているいわゆる子ども向けの仮面ライダーとは全く違うものなので、今仮面ライダーを見ているような子どもを連れて行ってはいけない。これは本来仮面ライダーとはどういう物語であったのかを新解釈で現代的にアレンジした作品であり、映倫でもPG12という指定がされている。くれぐれも小さい子どもに見せないように注意していただきたい。

古くから仮面ライダーはショッカーの戦闘員をパンチやキックの一撃で倒してきた。それはいったいどういう力なのか、当時子どもとして見ていた人たちは私も含め、あまり深く考えていなかった。それを本作はリアルに見せる。仮面ライダーのパンチとは、キックとは、どういうものなのか。非人道的な生体兵器となったライダーの悲哀に向き合い、さらにショッカーの目論見についても掘り下げがされている大人向けの作品なのである。

幸せとはいったいなにか。誰もが幸せのために行動し、対立し、それぞれの理想のために戦っている。僕らは現代に蘇った仮面ライダーを目の当たりにし、この作品の描いた哀しみは今なお深く響くことを確認するのである。(映画ライター・ケン坊)

ケン坊がさらに語る!WEB限定おまけコラム

この記事には映画のネタバレが少々含まれているので、まだ映画を見ていない人はその点をご承知おきの上で読んでください。

もっと読む

庵野監督による仮面ライダー。シン・ウルトラマンもそうだが、本作も単なるリメイクではない。50年も前の子ども向け特撮作品を現代に合わせてリファインし、さらに、現実と地続きの出来事のように描く、というある種の新解釈版と言える。時代性のアップデートが見事で、ちゃんと現代を舞台にした話になっている。それでいて原作にあったテーマの重要な部分をしっかり継承し、さらに、子ども向けではないという位置づけにすることで可能になる表現を持ち込んで、重みをもって描いている。これにより、原作が本来見せたかったのはこういうテーマだったのではないかと思わせる、まさに「真の」仮面ライダーなのではないかと感じさせる出来栄えだ。

全体的に俳優たちのセリフの話し方がぎこちない。全体的なので半ば意図的にやっているのだと思うが、これが妙な引っ掛かりに感じられる。自然に話す人物がおらず、全体的に硬い演技なのだ。特にヒロインはかなり舌足らずな話し方をするので気になる。全体的に芝居が固いのも経験の浅い俳優で構成されがちな本来の仮面ライダーに寄せているのかもしれない。この引っ掛かりが作品のリアリティを見せつつ非現実的な世界観を引き立てているのかもしれない。

ショッカーの親玉は斬新な解釈でアップデートされていて、人類を幸せに導こうとする人工知能である、ということになっている。登場人物の名前は初代仮面ライダーから継承されているが、それぞれのキャラクター設定は少しずつ異なっている。

ビジュアル的にはいつもの庵野監督の絵で、各所に既視感のある絵が登場する。庵野監督はずっと一貫して見せたい絵というのがあってそれを見せ続けているが、本作は特に、エヴァンゲリオンなどで描かれたレイアウトそのままの絵がいくつも登場する。庵野監督の作家性と原作のテーマが相乗効果を発揮し、とてつもない力を持った映画として現代に蘇ったと言えそうだ。

関連スポット

シネプレックス旭川

シネプレックス旭川

住所:旭川市永山12条3丁目ウエスタンパワーズ内

TEL:0570-783-882

永山/アミューズメント

イオンシネマ旭川駅前

道北最大級の8スクリーン1,200席

イオンシネマ旭川駅前

住所:旭川市宮下通7丁目2番5号 イオンモール旭川駅前4F

TEL:0166-74-6411/駐車場:900台

宮下通/アミューズメント

  • 駐車場

関連キーワード

シネマの時間 バックナンバー

パスト ライブス/再会
仲が良かった幼なじみと小学生の頃に遠く離れてしまい、24年を経て再会するというお話。実際に対面するまで24年だが、12年目にオンラインで再会する。今、インターネ... (4月12日)
オッペンハイマー
ロバート・オッペンハイマーの半生を描く伝記映画であり、その時代を描く歴史映画でもある。ただ、時系列がシャッフルされているため、史実の順序を知らないと少々わかりに... (4月5日)
マイホームヒーロー
娘がヤバい男と付き合ってしまい、命に危険が及びそうだ。そうなったらお父さん、あなたはどうしますか?本作では娘を守るために殺人を犯してしまったお父さん。しかしこと... (3月15日)
ボーはおそれている
ちょっと理解しがたい人に会ったことがあるかと聞かれたら、きっと皆さん度合いの差こそあれ、幾人か思い当たるのではないだろうか。でも他人のことなど、本来わからないほ... (2月22日)
身代わり忠臣蔵
これまでに幾度となく映像化されてきてもはや誰もが知っていると言っても過言ではない忠臣蔵。それを誰も見たことがないドタバタコメディにしたのが本作である。奇想天外な... (2月16日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

アカウント作成

ライナー最新号

2024年4月16日号
2024年4月16日号
イベントがぞくぞく
19日に上野ファームの
ガーデンオープン
紙面を見る

ピックアップ

スーパーのお惣菜
スーパーのお惣菜
スーパーうまい!
惣菜パン編
注目グルメ
注目グルメ
定番から新作まで
ライナーが今注目する
お店の味はこれだ!
シネマの時間
シネマの時間
映画ライター・ケン坊が語る新作映画と
そのみどころ
つくろう旬レシピ
つくろう旬レシピ
プロの料理人が教える
季節の食材を使った
絶品レシピをご紹介
味な人
味な人
北北海道で食に携わる
人々の横顔をご紹介
ものぴりか
ものぴりか
ライナーが集めてきた
地元の素敵な品々を紹介します
不動産情報
不動産情報
不動産・リフォーム等
住まいに関する情報を公開中
クーポン
クーポン
お得なクーポンを公開中
お知らせ
お知らせ
お店・スポットの
お知らせ
ラーメンマップ
ラーメンマップ
ラーメン食べたいなぁ
そんなときは専用マップで探してみよう
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
4/16〜22

ページの最上段に戻る