1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. シネマの時間
  4. 巣ごもりのお供に、 一気見おすすめ作品9選

年末スペシャル

巣ごもりのお供に、
一気見おすすめ作品9選

映画ライター・ケン坊

感染症対策が日常になって二年近く経過し、ワクチン接種も浸透して落ち着きの兆しが見えた矢先にまた新たなタイプが現れるなど、まだまだ予断を許さない状況が続いている。今年もまた、年末年始どこへも出かけずに自粛ムード、という人も少なくないだろう。2021年の年末スペシャルとして、そんな巣ごもり年末年始のお供に配信での一気見にお勧めなシリーズものの映画を紹介したい。ただ、シリーズなのにひとつの配信サービスで全部は見られない、といったことも起きていて、いろいろな大人の事情が垣間見える。見たい作品を配信しているサービスに一か月だけ課金する、といった使い方も良いかもしれない。(映画ライター・ケン坊)

01.「マトリックスシリーズ」

この12月に新作『マトリックス・レザレクションズ』が公開されたシリーズ。これを書いている時点ではまだその新作が公開前なので様子がわからないのだが、どうやらこの新作はシリーズ一作目との関連が強い様子。事前情報では単なる続編ではないとのことだが、おそらく世界観が継承されているので一作目だけは見ておいた方が良さそう。

02.「ジョン・ウィックシリーズ」

マトリックスの新作予告編に登場したキアヌ・リーヴスを見て、「ジョン・ウィックじゃん」と思った人は少なくなかろう。わたしもその一人だ。そんなジョン・ウィックはこれまで公開された三作が配信されており、四作目の公開が来年予定されている。このシリーズは凄腕の殺し屋である主人公によってとんでもない数の人が死ぬので、この調子で続編が作られるとそのうちジョン・ウィックが地球人最後の一人になるような気がする。

03.「ヱヴァンゲリヲン新劇場版シリーズ」

最終作『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』が今年公開されたシリーズ。なぜか最終作のみタイトルのカタカナ表記が異なっている。シリーズ四作品しかないが、あまりに長期にわたって公開されたため、これまでの流れをよく覚えていないという人も多いだろう。この機会にまとめて見てみると、まとめて見てもよくわからないということがわかるかもしれない。

04.「攻殻機動隊SAC_2045」

これはもともと配信サービスのNetflixで独占配信されている作品。その総集編のような映画が先ごろ公開されたところだ。超人的な能力に覚醒したポスト・ヒューマンという存在を描いており、これまでに配信されている部分までを見るともう先が気になって仕方がない。来年公開されると既に発表されたセカンド・シーズンを前に、ここまでの物語をぜひ再確認しておきたい。

05.「クイーンズ・ギャンビット」

大変なヒットを記録して話題になったNetflixのドラマシリーズ。チェスの天才少女を描いたドラマで、各話1時間前後の7話構成で気軽に見やすい作品だ。見始めると止まらない可能性があるので、長期戦の準備をしてじっくり楽しむのが良いかもしれない。メイキング映像も公開されているのでシリーズを見終えたあとにはぜひメイキングもどうぞ。

06.「ガンダム UC NexT0100 プロジェクト」

2018年に始まった、ガンダムシリーズにおける宇宙世紀の物語の次の100年を描くというプロジェクト。これまでに『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』と『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』という二本の映画が公開され、いずれもすでに配信されている。それぞれの物語につながる以前の作品も配信されているので、これを機に宇宙世紀を振り返る、といった楽しみ方もできそう。

07.「ワイルドスピードシリーズ」

気づいたらもう20年も続いているシリーズ。久しぶりに一作目など見てみると、なんでこいつらが世界を救うような話になるのかと思うような話だったりする。一応なんとなく話が繋がっているので、振り返ってみると「なるほどそうだったのか」と思うようなことが出てきそう。順番に見ると三作目で何かの間違いかなと思うかもしれないが、一応かなり強引ではあるものの繋がってはいる。

08.「007シリーズ」

ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じる最後の作品とされた25作目『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が今年公開された007シリーズ。25本もあるので全部振り返るのはなかなか大変だが、主人公俳優の交代とともに時代に合わせて世界観も変化させてきた長寿シリーズなので、俳優ごとに見ていくと面白い。ボンドカーも時代とともに新しくなるが、ここ最近は原点回帰していたりもする。

09.「マーベル・シネマティック・ユニバース」

あまりにもたくさんの映画があるマーベル作品のシリーズ。『アベンジャーズ』シリーズを軸にあれもこれも繋がり、シネマティック・ユニバースなるなんらかのバースを構成している。シリーズ作品が多すぎるので改めて追いかけるなら年末年始は良い機会かも。Disney+でほとんどの作品が見られるが、一部別サービスでしか見られない作品もある。ぜんぶ一気に見るのはさすがに多すぎるので少しずつどうぞ。

others.「その他」

シリーズ一気見、という方向でここまでお勧めしてきたが、ネット配信はその検索性の高さから、ある俳優の出演作を集めて見るといったことも簡単にできる。これがなかなか面白いのでお勧めしたい。トム・クルーズとかシュワルツェネッガーなどで検索するとだいたい想像できるリストが作られるわけだが、トム・ハンクスとかロバート・デ・ニーロ、あるいはモーガン・フリーマンなどで集めると意外な作品がヒットしてきて面白い。ぜひお気に入りの俳優で検索して知らなかった作品を見てみる、といった使い方も試してほしい。

関連キーワード

シネマの時間 バックナンバー

決戦は日曜日
ある程度力のある代議士が病床に伏したことで、その代わりとして擁立された政治のことなどほとんどわかっていない代議士の娘。本作は二世として議員を目指すことになる何も... (1月14日)
フラ・フラダンス
ハワイアンをテーマにしたリゾート施設に、専属フラダンサーとして就職した主人公。彼女と同期入社の仲間たちが日々をひたむきに生きる姿を描いたアニメ作品である。アイド... (12月10日)
ミュジコフィリア
芸術ってよくわからない。特に現代美術とか現代音楽、なにをやっているのか、どう楽しめばいいのかわからない。そういう人は決して少なくないだろう。この映画は音楽の世界... (11月26日)
リスペクト
ここ数年急に増えてきた、ポピュラー音楽の巨人の半生を描く伝記映画。本作はそのアレサ・フランクリン版と言える。タイトルになっている「リスペクト」はアレサ・フランク... (11月12日)
モーリタニアン 黒塗りの記録
大きな悪を目にしたとき、人は恐怖を感じる。耐えがたい恐怖は怒りに姿を変え、怒りの炎は正義の仮面で覆われる。正しさを振りかざし、悪は滅ぼせ、我らを脅かすものは許す... (11月5日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

アカウント作成

ライナー最新号

2022年1月14日号
2022年1月14日号
宮沢りえが怪演
デタラメな主人公が
選挙戦に挑むコメディ
紙面を見る

ピックアップ

注目グルメ
注目グルメ
軽めの赤と合わせて
上川町産ニジマスの
香草チーズ焼き
シネマの時間
シネマの時間
宮沢りえが怪演
デタラメな主人公が
選挙戦を戦うコメディ
お通しダイアリー
お通しダイアリー
行ってみなけりゃ
出会えない。
今宵訪れたのは…
味な人
味な人
海苔も「焼き一生」
日本伝統の技術守る
ヤマムロ菅野敦史さん
ここでもラーメン
ここでもラーメン
ラーメン屋じゃないのに、激うま!
意外なお店の一杯
不動産情報
不動産情報
不動産・リフォーム等
住まいに関する情報を公開中
ラーメンマップ
ラーメンマップ
ラーメン食べたいなぁ
そんなときは専用マップで探してみよう
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
1/11~17の運勢

ページの最上段に戻る