1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. シネマの時間
  4. 羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来

何を信じ、進むのか

羅小黒戦記
ぼくが選ぶ未来

ⓒBeijing HMCH Anime Co.,Ltd

自分の未来を自分で選ぶ。シンプルなようでいて実際に自分で選び取るのは難しい。この作品は特殊な力を持つ妖精たちと人間が共存している世界を描いている。妖精はそれとわからないように人間の姿になり、人間界に溶け込んでいる。物語は、とてつもない力を秘めた幼い妖精をめぐり、共存を推進する側と人間を排斥しようとする側が衝突するというようなもので、ストーリーに新しさはあまり感じないし、ほとんど説明なしで登場する妖精たちの能力の話も、どこかで見たような設定に見える。逆にありがちな設定を踏襲することでそうした世界観の説明を省略し、主人公を中心とした人物関係に注力していると言える。

物語に斬新さはないものの、映像は見応えがある。中国のアニメ制作技術がどんどん向上しているという事実を垣間見ることができる。特にアクションシーンのスピード感や動きの気持ちよさなどは、かなり日本のアニメを研究して作られていると感じた。一流の声優で吹き替え版が作られていることもあり、ほとんど違和感なく見ることができる。

アニメファンの人にはぜひ見てほしいし、残酷描写などもないので子ども連れで見に行くのにもオススメしたい。(映画ライター・ケン坊)

ケン坊がさらに語る!WEB限定おまけコラム

この記事には映画のネタバレが少々含まれているので、まだ映画を見ていない人はその点をご承知おきの上で読んでください。

もっと読む

森に暮らす、動物の姿をしていながら特殊な能力を持つ存在、妖精。人間たちが森を切り開き、町を作る。妖精は人間の姿になって人間たちと共存していく。しかしもちろん、森を奪った人間を許すことができない妖精もいる。そういうものたちと、共存を選んだものたちとの闘いを描いている。主人公に近い位置に、特殊な力を持った人間が登場する。彼はかなり重要なキャラクタで、物語の核を担う。が、彼がなぜ、人間でありながら妖精たちを凌駕するほどの能力を持っているのか、その説明はない。また、妖精たちはそれぞれに異なる能力を持っているのだけれど、その能力に属性のようなものがあるとはされるけれど、どのような属性が存在するのか、それが相互にどう影響し合っているのか、といった設定はわからないままだ。

この作品のオリジナルでありそうな要素は感じられず、どこかで見たような設定の寄せ集めのようにも見えてしまう。作品の世界観がほとんどまともに描かれないため、ぜんぶ異能力バトルを見せたいがためのもの、という風に見えてしまうのだ。バトルシーンは確かに見応えがあり、中国のアニメーション技術の向上を垣間見る迫真の出来栄えではある。でも映画として見たときに、世界観やストーリーが映像を見せるためにある、という逆転現象が起きてしまう。これは「すごい映像」を見せたい作品が陥りがちな穴で、この作品に限らずそういう穴に落っこちている作品は少なくない。

本稿を書くにあたっても、アニメーションの技術についてなら、いくらでも書くことは見つかる。日本のアニメを丁寧に研究した成果であろうことは疑いなく、中国アニメの技術レベルはここ数年で飛躍的に向上していると思う。しかし、ひとたび映像を離れて「映画」について語ろうとしてみると、驚くほど書くべきことがない。ストーリーを解きほぐすといろいろな疑問が湧いてきてしまう。ご都合主義的に見えてしまう部分も多々あるし、説明がなさ過ぎてよくわからない部分もある。特に終盤で登場する強いキャラクタは、自分がその世界で有名であることを自認しているらしいふるまいで登場するのだけれど、見ている我々にはそういう前振りが一切ないため、終盤で唐突にレギュラーキャラっぽいものが登場して「知ってて当たり前」みたいに振舞う、という置いてけぼり感を味わうことになる。長くシリーズで続いてきている作品の続編をいきなり前知識なしで見ているような感じなのだ。内輪ノリについていけなかったような疎外感を覚える。

そして美しいラストに至るわけだけれど、ムゲンがこれほど重要な位置に来るのであれば、彼の過去についてもう少し触れてくれたほうが良い。彼は人間でありながら妖精よりも強い力を持ち、執行人というポストを務めている。確実に、何か裏がある。それについてにおわせることすらもないため、最後まで彼は謎に包まれたままだ。その謎に包まれた人物に、主人公は自分の未来を賭けてしまう。もう少しムゲンを知りたい。知らなければ、あのラストシーンに納得することができないのである。

関連スポット

ディノスシネマズ旭川(スガイディノス旭川)

各種クレジット・電子マネー使用OK!PayPay、dポイントも対応♪

ディノスシネマズ旭川(スガイディノス旭川)

住所:旭川市大雪通5丁目496-5

TEL:0166-21-1212(代表)/0166-21-1233(映画)

大雪通/アミューズメント

  • 駐車場
  • カードOK
  • 電子マネー可
  • お子様連れ歓迎
シネプレックス旭川

シネプレックス旭川

住所:旭川市永山12条3丁目ウエスタンパワーズ内

TEL:0570-783-882

永山/アミューズメント

関連キーワード

シネマの時間 バックナンバー

あの頃。
仲間。同好の士。共鳴し、衝突し、多くの時間を共に過ごす友。「推し」をきっかけに職業も地位も年齢も関係なく集まった不思議な仲間たち。この作品に描かれている「あの頃... (2月26日)
すばらしき世界
極道に身を置き、多くの時間を収監されて過ごしてきた元受刑者。刑期を終えて出所してきた彼を待ち受けるのは、きわめて不寛容な社会だった。 近年、社会の不寛容は年々そ... (2月19日)
ソング・トゥ・ソング
音楽業界を舞台に、二人の男と彼らを取り巻く複数の女たちによる愛憎劇を描いた作品だ。彩ゆたかな音楽と主人公のモノローグに乗せて描かれる詩のような作品と言える。実は... (2月5日)
さんかく窓の外側は夜
悪意とはなんだろう。心の闇とはどんなものだろう。 霊のようなものを見ることができる主人公が、ある時除霊を生業としている不思議な人物と出会う。見る男と祓う男の異能... (1月29日)
映画ライター・ケン坊 シネマの時間 年末スペシャル
2020年は人類史に残る、忘れられない年になった。生活様式は様変わりし、予定されていた映画は次々に延期され、映画館の在り方もまた大きく変わった。私も5月、6月と... (12月22日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

アカウント作成

ライナー最新号

2021年2月26日号
2021年2月26日号
ももいろのしあわせ♥
予約はお早めに
壺屋のひなまつり
紙面を見る

ピックアップ

注目グルメ
注目グルメ
カフェセバスチャン
大好きないちご大福を
ホットサンドに♡
シネマの時間
シネマの時間
推しをきっかけに
集まった仲間たち
あの頃のリアリティ
からだに効く!
からだに効く!
自宅で簡単にできる
ポーズを教えてもらいました
味な人
味な人
顧客目線の店づくり
信念はコロナ禍でも
鳥忠の市川貴康さん
お通しダイアリー
お通しダイアリー
行ってみなけりゃ
出会えない。
今宵訪れたのは…
オープンハウス
オープンハウス
旭川市近郊エリアで
公開中のおうちを
ご紹介します
ラーメンマップ
ラーメンマップ
ラーメン食べたいなぁ
そんなときは専用マップで探してみよう
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
2/23~3/1の運勢

ページの最上段に戻る