1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. シネマの時間
  4. 82年生まれ、キム・ジヨン

他人事では、ない

82年生まれ、キム・ジヨン

ⓒ2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

男系社会。世界的にそれを是正しようという動きはあり、わずかではあるものの前進はしている。しかし世界的にそういう動きがあるという事実が、もともと人の社会は国や人種を越えて男性優位で作られてきたことの証でもある。

描かれているのは、女性は会社組織で有能でもある程度以上昇進できず、結婚すれば夫の実家でも家政婦のように働かねばならず、結婚や出産で仕事を辞めねばならず、育児は一手に引き受けねばならず、家庭では教育も男子優先である、というような社会。

主人公のキム・ジヨンはそんな社会に歯向かわず、心の奥底では納得はしていないものの、受け入れて生きようとしてきた。そして精神に異常を来す。作品の冒頭から、今にもこぼれ落ちそうな状態で限界ギリギリのところで生きている彼女の姿に締め付けられる。一昔前までこれはどこにでもある光景だった。今は幾分改善されているとはいえ、まだ「もうこんなことはありません」と言えるような状況ではない。

もはや性別が男女の二つだけで良いはずもないという時代に、ここに描かれているような時代遅れの感覚を持ったままの人もまだまだ少なくない。制度の前に人々の意識を変える必要がある。(映画ライター・ケン坊)

ケン坊がさらに語る!WEB限定おまけコラム

この記事には映画のネタバレが少々含まれているので、まだ映画を見ていない人はその点をご承知おきの上で読んでください。

もっと読む

ここに描かれているような、自分の母や祖母が憑依する、というような精神異常というものが実際にどの程度発症するのだろうか。この作品は社会批判として重要な題材を扱っているのだけれど、各所、リアリティを削ぐような要素があってそれがマイナスに働いている気がする。ジヨンが精神に異常を来すというのは当然の流れであろうと思うのだけれど、その異常はもっとリアリティのあるもので良かったのではないか。祖母や母が憑依するという症状は、言葉にされることのなかった祖母から母への肯定や、母から自分への肯定を言葉にして出したかったために用意された要素であるように見えてしまう。その作為は本当に必要だったのか、ということが気になった。

ともあれ、描かれている男系社会はおぞましい。この映画を見てジヨンに感情移入すれば、ここに描かれている「社会」がいかにいびつであるか誰の目にも明らかであろう。ところが、ひとたび自分の置かれた位置が変わってしまえば、それほど疑問に感じなくなってしまう。ここに描かれているおぞましい社会は今我々の周囲にもほとんど変わらない状態である。幾分改善されてはいるものの、根源的な部分が変わっていないから、この先の改善には時間がかかるだろう。

この作品は最終的にはハッピーエンドである。でもそれは、おそらくは作者がジヨンに幸せになってほしいあまりに作った、張りぼてのようなハッピーエンドでしかない。ラストシーンでは晴れやかな顔で仕事をするジヨンと、保育園に子どもを迎えに行く彼女の夫の姿が描かれる。夫は育児休業を取得したのであろう。しかし作中では、男性の育児休業は出世の道を失うことを意味していた。その先の未来でこの家庭になんのわだかまりも生じないのだろうか、本当に。きっとそんなことはない。男系社会が何一つ改善されない状況下で育児休業を取得するという決断をした夫。次はこの夫にしわ寄せがいく番で、数年後にこの家庭に訪れるであろう試練を思うと、まったくハッピーエンドではない。

かように、この男系社会の問題は根が深い。もっと根本的な部分からの改善を図らない限り、一か所に集まっていたしわを分散させたことにしかなっておらず、相変わらず問題は残っている。この作品が訴えかけようとしていた問題意識が、変にハッピーエンドにして晴れやかなジヨンの笑顔で作品を閉じてしまったことでうやむやになったような気がする。

関連スポット

イオンシネマ旭川駅前

道北最大級の8スクリーン1,200席

イオンシネマ旭川駅前

住所:旭川市宮下通7丁目2番5号 イオンモール旭川駅前4F

TEL:0166-74-6411/駐車場:900台

宮下通/アミューズメント

  • 駐車場

関連キーワード

シネマの時間 バックナンバー

みをつくし料理帖
艱難辛苦しながらもひたむきに生きる女性を描く時代小説の名作。何度かシリーズドラマとして映像化されている作品だけれど、今回は映画化ということでエピソードを抜粋して... (10月23日)
TENET
この映画を見てしまったら、見る前の状態には二度と戻れない。久しぶりにこれまでに見たことのない映画表現を見たと感じた。少々大げさだけれど、映画史の重要な局面に立ち... (9月29日)
宇宙でいちばんあかるい屋根
家族ってなんだろう。過去に紹介した作品にも、家族を描いたものがいくつもあった。とりわけ日本映画では、この「家族とはなにか」というテーマがよく描かれる。血のつなが... (9月11日)
2分の1の魔法
幼いころに他界してしまってほとんど思い出のない父。幼いころからずっと一緒にいる破天荒な兄。女手一つで兄弟を育てている肝っ玉母。おとなしくて引っ込み思案な主人公と... (8月28日)
弱虫ペダル
熱い。スポーツを通じて芽生える葛藤、挫折、友情、達成感。そういったものがありったけ詰まった青春映画だ。 一見スポーツとは無縁のオタク少年が自転車競技に目覚めて優... (8月21日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

アカウント作成

ライナー最新号

2020年10月27日号
2020年10月27日号
GoToトラベル併用で
ヤキトリツヨシで
伝説のとりかわ増量も
紙面を見る

ピックアップ

つくろう旬レシピ
つくろう旬レシピ
軽やかに食感さくさく
さっぱり野菜と愉しむ
大人の牡蠣フライ
注目グルメ
注目グルメ
ふっくら甘い生地に
ボリボリ食感が◎
旭川でもたくあんパン
下戸に優しい酒場めし
下戸に優しい酒場めし
呑まないあなたも、
大歓迎!夜ごはんに
いらっしゃい
シネマの時間
シネマの時間
見ればきっと、
和食を食べたくなる
「みをつく料理帖」
味な人
味な人
大人たちの社交場で
身近にワインと洋食を
マルコ・西野匠さん
オープンハウス
オープンハウス
旭川市近郊エリアで
公開中のおうちを
ご紹介します
ラーメンマップ
ラーメンマップ
ラーメン食べたいなぁ
そんなときは専用マップで探してみよう
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
10/27~11/2の運勢

ページの最上段に戻る