1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. シネマの時間
  4. 宇宙でいちばんあかるい屋根

もっと気持ちよく時間を使って
しぶとく生きよう

宇宙でいちばんあかるい屋根

ⓒ2020「宇宙でいちばんあかるい屋根」製作委員会

家族ってなんだろう。過去に紹介した作品にも、家族を描いたものがいくつもあった。とりわけ日本映画では、この「家族とはなにか」というテーマがよく描かれる。血のつながっていない夫婦というユニットを軸にして形作られる家族というチーム。一つ屋根の下に暮らす家族。離れて暮らしている家族。血縁でもなんでもない人たちが集まっているだけの家族。家族にはいくつもの形がある。ただの制度のようでもあるし、それ以上の意味がありそうな気もする。

主人公の少女はある夏、星降る空の下で不思議なばあさん、星ばあと出会う。星ばあは屋根を見ればそこに住んでいる人のことがわかると言う。そんな星ばあとの一夏の交流を通じて、多感な年ごろの少女は心震わせながら一歩ずつ、大人への階段を上っていく。

星ばあは魅力的だ。長い年月を「しぶとく」生きてきた経験を背後に持って放たれる言葉たち。少女を導いたその数々の言葉は、けっしてもう若くない私にも強く響いた。

言葉を使わずに何もかも語りつくすようなラストシーンから、主人公を演じた清原果耶の歌に飾られたエンドロールへとつながる。心の中に星空が広がるような気分で劇場を後にできるだろう。(映画ライター・ケン坊)

ケン坊がさらに語る!WEB限定おまけコラム

この記事には映画のネタバレが少々含まれているので、まだ映画を見ていない人はその点をご承知おきの上で読んでください。

もっと読む

ファーストシーンは2005年と出る。このように年がわざわざ提示されるというのは、これが何らかの意味を持つということであろう。そう思って見ているのだけれど、物語はずっと2005年のまま進む。中学生の女の子が、隣の家に住むちょっと年上のイケメンに恋をしたり、学校でちょっとした面倒を抱えたり、家庭では父の後妻さんに赤ちゃんができて自分の立ち位置に不安を感じたりなど、する。家族をテーマにした青春劇といった感じのもので、星ばあという特異な人物は登場するものの、なぜ2005年という指定をする必要があったのかはラストシーンまでわからない。

この「2005年」というのを引きずったまま、なぜこれを2005年と指定する必要があったのだろうかということをずっと考えながら見ていた。唯一、この時代ならではのものが出てくるとすれば、それはいわゆるガラケー。スマートフォンではないタイプの携帯電話だ。そのガラケー向けのオンラインサービス(ドコモのi-mode みたいなやつ)で学校の「裏掲示板」というのが登場する。もしかしてこれを出したいための2005年設定だったのだろうか、とかいうことをあれこれ考えながら見た。

結論から言うと、そんなことを気にする必要はなく、普通に現代劇として見れば良い。私はきっと込み入った作品を見すぎてあちこち毒されているのであろう。むしろ2005年であることはぜんぜん気にせず、素直に主人公の心の動きや星ばあとの交流を楽しんでいただきたい。この物語が2005年になっているのは、ラストシーンで2020年、つまり現在を描くからであった。それだって、現在に対しての過去という位置づけというよりは、過去の物語の、その後日談として現在の様子が描かれるだけなのだ。ただこのラストシーンはとても素晴らしい。星ばあとのエピソードから15年経った現在が、言葉を使わずに描かれる。主人公の15年後の姿も登場しない。このラストシーンは本当に素晴らしい。15年後の主人公は星ばあとの思い出をとても大切にして生きていることを思わせる。そこからつながるエンドロールでは主人公を演じた清原果耶の歌が流れる。素朴で無垢な声で歌われる主題歌は、星ばあに育まれた透き通った心を失わずに生きている主人公の今を感じさせる。

この映画を通して束の間私たちも星ばあとの時間を過ごすことになる。星ばあとの時間はこれからを生きるための大きな糧となるだろう。

「時間っていうのはもっと、気持ちよく使え」

「後悔っつうのは、行動してから、しろ」

ありがとう星ばあ。もらった言葉を自分に刻み込んで、歩いていくよ。

関連スポット

イオンシネマ旭川駅前

道北最大級の8スクリーン1,200席

イオンシネマ旭川駅前

住所:旭川市宮下通7丁目2番5号 イオンモール旭川駅前4F

TEL:0166-74-6411/駐車場:900台

宮下通/アミューズメント

  • 駐車場

関連キーワード

シネマの時間 バックナンバー

劇場版HAYABUSA2 ~REBORN
小惑星探査機はやぶさ。その一号機についての物語はいくつかの映像作品になり、その一つをこのシネマの時間でもご紹介した記憶がある。ちょうど今、この記事が公開された直... (12月4日)
羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来
自分の未来を自分で選ぶ。シンプルなようでいて実際に自分で選び取るのは難しい。この作品は特殊な力を持つ妖精たちと人間が共存している世界を描いている。妖精はそれとわ... (11月13日)
みをつくし料理帖
艱難辛苦しながらもひたむきに生きる女性を描く時代小説の名作。何度かシリーズドラマとして映像化されている作品だけれど、今回は映画化ということでエピソードを抜粋して... (10月23日)
82年生まれ、キム・ジヨン
男系社会。世界的にそれを是正しようという動きはあり、わずかではあるものの前進はしている。しかし世界的にそういう動きがあるという事実が、もともと人の社会は国や人種... (10月16日)
TENET
この映画を見てしまったら、見る前の状態には二度と戻れない。久しぶりにこれまでに見たことのない映画表現を見たと感じた。少々大げさだけれど、映画史の重要な局面に立ち... (9月29日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

アカウント作成

ライナー最新号

2020年12月4日号
2020年12月4日号
おでかけランチ
一年の締めくくりは
すこしゴージャスに
紙面を見る

ピックアップ

下戸に優しい酒場めし
下戸に優しい酒場めし
呑まないあなたも、
大歓迎!夜ごはんに
いらっしゃい
注目グルメ
注目グルメ
ザンギといえば豚?!
一期一会の揚げ物系
ナンバー1はこの名物
シネマの時間
シネマの時間
小学生の息子も絶賛
学問の面白さつたわる
HAYABUSA2
お通しダイアリー
お通しダイアリー
行ってみなけりゃ
出会えない。
今宵訪れたのは…
味な人
味な人
職人気質の亨さんと
ハツラツな美緒さんと
家族で支える比翼の味
オープンハウス
オープンハウス
旭川市近郊エリアで
公開中のおうちを
ご紹介します
ラーメンマップ
ラーメンマップ
ラーメン食べたいなぁ
そんなときは専用マップで探してみよう
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
12/1~7の運勢

ページの最上段に戻る