1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. シネマの時間
  4. #旅した気分になれる映画 シネマの時間

#旅した気分になれる映画
シネマの時間

2020年、誰も想像しなかったようなことになった。あらゆる予定が狂ってしまい、苦しい状況になっている人も少なくないことだろう。映画も新作の公開が次々に延期され、ついには映画館が休館してしまうという事態。こんなことは生まれて初めての経験だ。もちろん映画どころではないという人も多いだろうけれど、せめて自宅に閉じこもっていても開放的な気分になれる、どこか遠いところへ連れて行ってくれるような映画を紹介したい。(映画ライター・ケン坊)

『しあわせのパン』 (2012年公開)

洞爺湖と言うと比較的身近で旅という感じではないだろうか。この作品は洞爺湖の月浦というところを舞台に、都会から移り住んできて手作りパンのカフェを営む夫婦を描いた作品だ。四季おりおり、このお店にやってくる客のエピソードを描いていくのだけれど、それによって一年を通したこの場所の景色を堪能できる作品になっている。きっと内地の人にとっては「北海道らしい」景色なのだろう。私たちにとっては身近なもので、なんならもっときれいなところが近所にありますよ、というように地元を再発見するきっかけになるかもしれない。

『スティーヴとロブのグルメトリップ』 (2010年公開)

今回のイチオシ作品。イギリスのテレビ番組を映画にしたもののようで、二人のオジサンが食を求めて旅をするというような内容。なのに食などどこへやら。料理の話はほとんどなく、道中で二人がとにかくべらべらとしゃべりまくるのを見せる。映画好きにはたまらないマニアックなモノマネネタを連発し、デタラメなことをしゃべくり倒している。これが底抜けに面白い。これで人気が出たのか(そりゃ出るだろう)二作目はイタリア、三作目はスペインとスケールアップして相変わらず全編バカ話を詰め込んでいる。

『かもめ食堂』 (2006年公開)

フィンランドで撮影された日本映画である。フィンランド。遠い。なんて遠いんだ。この作品はフィンランドで日本料理の店を始めた日本人の女性を描いた映画だ。小林聡美演じる主人公と、現地で出会って仲良くなる女性に片桐はいりともたいまさこ。もうこの三人だけで100分なんてあっという間である。ゆったりと流れるフィンランドの時間と、それにピッタリな三人の女性。三人それぞれの不思議な時間感覚が、見ている私たちをフィンランドよりもっとずっと遠い所へ連れて行ってくれる。

『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』 (1989年公開)

旅というか冒険。文字通り世界を股にかけてあちこち飛び回る。特に序盤のベニスのシーンがとても良い。スリリングな謎解きやアクションあり、そこかしこにちりばめられたユーモアあり。初期三部作のどれもがワクワクに満ちているけれど、特に「日常から連れ出してくれる感」が強いのが三作目のこれ。こんな時だからこそこういうスカッとする映画を見て、ひととき先の見えない閉塞感から連れ出してもらうのも悪くないのではないだろうか。

『男はつらいよ ぼくの伯父さん』 (1989年公開)

言わずと知れた男はつらいよシリーズ。このシリーズは序盤こそ柴又のとらやを中心とした狭い範囲を舞台にしていたけれど、シリーズを重ねていくにつれ、全国津々浦々、いろいろなところを舞台にして物語を描いてきた。なにしろ主人公の寅さんは旅人なので、彼を描くということはすなわち旅を描くということなのである。今回ピックアップしたのはシリーズ中盤の作品で、この作品では寅さんの甥の満男がオートバイで東京から名古屋に立ち寄り、佐賀まで旅をする。あげく、佐賀で偶然寅さんと出会うのだ。とにかく若い吉岡秀隆と後藤久美子がぎこちないほど瑞々しい。


というような感じで私も世間の例に漏れず、ひたすら自宅にこもっているので、今は配信サービスで映画を見ている。毎日家で映画を見ているとやはり映画は映画館で見たいなぁと思うのだけれど今はガマンのとき。こもっていると気持ちまで塞ぎがちなので、せめて気持ちが前を向くような、どこか外の空気を感じられるような映画を集めてみた。たまには新作ではないこういう映画たちを紹介できる機会というのもいいものですね。

関連キーワード

シネマの時間 バックナンバー

一度死んでみた
生きてる間に一度ぐらい、やってみたいことってあるよね。おそらく太古の昔から人の永遠の夢なのがこれ、死んでみる、というやつ。死は誰にでも訪れるけれど、死んでしまう... (5月2日)
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒
地味な印象のDCコミック系キャラクタ。中でもこのハーレイ・クインはバットマンの敵であるジョーカーのパートナーであり恋人、という位置づけ。キャラ位置からして地味さ... (4月25日)
サーホー
突き抜けたおもしろさだ。この映画に出会えてよかった。実は本来紹介するはずだった作品が公開延期になってしまったため、急遽この『サーホー』を紹介することになった。ど... (4月3日)
Fukushima 50
誰もが知っている事故の知られざる裏側の話。これはとんでもない映画だ。あの出来事のあと、ニュースなどで見た映像。あの現場で撮影することはできないはずなのに、その場... (3月13日)
スケアリーストーリーズ 怖い本
これほどわかりやすいタイトルがあろうか。『スケアリーストーリーズ』。直訳すれば「怖い話」。さらに邦題のサブタイトルは「怖い本」である。怖そうだ。 物語を読むとき... (3月6日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

アカウント作成

ライナー最新号

2020年7月3日号
2020年7月3日号
社長がつゆを注ぎます。
高砂温泉の自販機そば
懐かしき味わいを再現
紙面を見る

ピックアップ

注目グルメ
注目グルメ
夏限定の爽やかな一皿
東光エゾカフェの
レモン塩スパゲティ
ネイルファイル
ネイルファイル
ネイリストたちの技が
光る、とっておきの
ネイルを紹介します
ザお肉の専門家
ザお肉の専門家
うまいお肉は精肉店で
初めてだって安心を
買い方とオススメ
味な人
味な人
数学教師から脱サラ
計算できない居酒屋に
まこと家・高橋夫妻
晩酌思案中
晩酌思案中
厚切りが堪らない
下町グルメの王道
「半蔵」のハムカツ
オープンハウス
オープンハウス
旭川市近郊エリアで
公開中のおうちを
ご紹介します
求人情報
求人情報
旭川市・道北エリアの正社員、アルバイト、パート就職情報
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
6/30~7/6の運勢

ページの最上段に戻る