1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. シネマの時間
  4. サーホー

なにが起きているのか追いきれるか!?

サーホー

突き抜けたおもしろさだ。この映画に出会えてよかった。実は本来紹介するはずだった作品が公開延期になってしまったため、急遽この『サーホー』を紹介することになった。どういう映画かまったく調べないまま見に行ったらこれが大傑作であった。冒頭で「あ、インド映画?」と思った。インド映画にハズレなし。ハズレはないけれど上映時間は長い。この映画も3時間もある。しかしあっという間に過ぎる3時間だ。

数々の陰謀、企み、癒着、汚職、潜入捜査等さまざまな要素が絡み合って真相がわからない。登場人物はみんな裏があり、誰が信用できるのかまったくわからない。ストーリーがどっちへ転がるのか全然読めず、何度もひっくり返される。もちろんインド映画ならではのユーモアや歌、踊りも満載。俳優は男女ともとにかく美しい。

鍛え抜かれた肉体による格闘アクション。ド派手なカーアクション。絢爛豪華な建築。質の高い衣装。めくるめく都市の夜景。荒涼とした砂漠。あらゆる要素が企みに満ちた複雑なストーリーによって見事につながり、想像を超えた結末へと導かれる。

見終えてエンドロールを眺めながら3時間を振り返る。「さて、もう一回見ますか。」(映画ライター・ケン坊)

ケン坊がさらに語る!WEB限定おまけコラム

この記事には映画のネタバレが少々含まれているので、まだ映画を見ていない人はその点をご承知おきの上で読んでください。

もっと読む

とんでもないおもしろさだった。もともとインド映画は好きだ。インド映画にこだわって掘り下げる、といったことはまったくしていないので、インドの監督も、俳優も、あまりよく知らない。見たことのある作品もそう多くはないと思う。ただ、これまでに見たインド映画は全部おもしろかった。同時に全部長かったという印象もあるのだけれど、その長さが退屈だった作品はなかった。インド映画はおもしろい。なんとなくそういう印象を持っていた。

この作品は全く知らないまま見に行ったら、まずオープニングの前に出る企業ロゴなどが見慣れないものばかりだった。文字もよくわからないものがある。本編冒頭から耳慣れないイントネーションの言葉で背景の説明がある。インドについて語られている。そうかインド映画だったのか。「これは期待できるぞ」と思った。

そんな程度の期待などあっという間に吹っ飛ぶほど大変なおもしろさであった。

さて、このWeb版は「ネタバレありでいい」ということになっているわけで、ネタバレしちゃうようなことも含めてなんでも書ける。ようし、派手にネタバレするぞ! と意気込んでみるわけだ。なにしろこの映画はどんでん返しの連続で、ネタならそれこそたくさんある。書くぞ。ネタバレを。…。ええとですね、主人公は最終的にはこういう人でした。でもそのまえにいったんこうかなと思わせるわけですが、その少し前にはまた違うものであり、最初はどう思われていたんだったかな…。それでもって、主人公の近くにいる人物が、これがまた一人ではないわけですが、あの人がこうかなと思いきやこうで、あっちの人はこうかなと思うとそう来たかと思い、でもそうでもなくて…。

なるほど。この映画ネタバレするのも難しいではないか。もちろん最後の最後だけバラすのは簡単だ。ただそれをバラしたところで何も語れるわけではないのだ。もちろん、最初からその最後の結末だけ知っていても十分おもしろい。隠されているネタは大量にあるので、そのうちのいくつかがバレたところでどうということはない。本紙の方にも書いた様に、私はこの映画を見終えた直後に、「もう一回見よう」と思ったのだ。ストーリーを全部把握して、人物関係の本当の姿を知った上で、もう一度見たいと思うような映画なのだ。秘密を知ったからそれで終わりではない。知ったうえでもう一度楽しめてしまう。恐るべきおもしろさと言える。

ネタバレを許されたところで、書けることはたいして増えなかった。ここを読んでいる人はすでに本編を見ているという想定で一ついちばん大きいネタをバラしてみようか。「主人公が実はロイの息子だよ。」。これ、ミステリでいうところの「犯人は〇〇だよ」というのと同じぐらいデカいネタバレなのだけど、すでにこの作品を見た人はおそらく「それがどうしたというんだ」と思うだろう。まさにそうなのだ。犯人がバレていてもおもしろさが一ミリも揺らがないミステリみたいなものだ。ネタバレごときではビクともしないおもしろさ。それこそが本当のおもしろさなのだ。

関連スポット

シネプレックス旭川

シネプレックス旭川

住所:旭川市永山12条3丁目ウエスタンパワーズ内

TEL:0570-783-882

永山/アミューズメント

関連キーワード

シネマの時間 バックナンバー

#旅した気分になれる映画 シネマの時間
2020年、誰も想像しなかったようなことになった。あらゆる予定が狂ってしまい、苦しい状況になっている人も少なくないことだろう。映画も新作の公開が次々に延期され、... (5月26日)
一度死んでみた
生きてる間に一度ぐらい、やってみたいことってあるよね。おそらく太古の昔から人の永遠の夢なのがこれ、死んでみる、というやつ。死は誰にでも訪れるけれど、死んでしまう... (5月2日)
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒
地味な印象のDCコミック系キャラクタ。中でもこのハーレイ・クインはバットマンの敵であるジョーカーのパートナーであり恋人、という位置づけ。キャラ位置からして地味さ... (4月25日)
Fukushima 50
誰もが知っている事故の知られざる裏側の話。これはとんでもない映画だ。あの出来事のあと、ニュースなどで見た映像。あの現場で撮影することはできないはずなのに、その場... (3月13日)
スケアリーストーリーズ 怖い本
これほどわかりやすいタイトルがあろうか。『スケアリーストーリーズ』。直訳すれば「怖い話」。さらに邦題のサブタイトルは「怖い本」である。怖そうだ。 物語を読むとき... (3月6日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

アカウント作成

ライナー最新号

2020年6月2日号
2020年6月2日号
東川に泊まろう
3000円優待を
8月末まで実施
紙面を見る

ピックアップ

つくろう旬レシピ
つくろう旬レシピ
彩りも元気に鮮やかに
アスパラなど旬野菜を
ベシャメルソースで
スーパーのお惣菜
スーパーのお惣菜
スーパーうまい!
みんなが大好きな
魚介料理編
注目グルメ
注目グルメ
ずっしり重く大きいよ
老舗・宮崎豆腐店の
厚揚げ大豆まん完成
シネマの時間
シネマの時間
今回ばかりは特別編
旅した気分になれる
映画を紹介します
味な人
味な人
日本茶と人が生み出す
やさしさの連鎖信じて
うさぎや・赤松さん
お通しダイアリー
お通しダイアリー
行ってみなけりゃ
出会えない。
今宵訪れたのは…
求人情報
求人情報
旭川市・道北エリアの正社員、アルバイト、パート就職情報
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
6/2~8の運勢

ページの最上段に戻る