1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. おでかけ
  4. Fukushima 50

あのとき 起きていたこと

Fukushima 50

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
内容のー部もしくは全部が変更されてる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。
ⓒ2020「Fukushima 50」製作委員会

誰もが知っている事故の知られざる裏側の話。これはとんでもない映画だ。あの出来事のあと、ニュースなどで見た映像。あの現場で撮影することはできないはずなのに、その場で撮ってきたような映像になっている。あのとき現場にいた人にも徹底した取材をしたのだろう。なにがなんでもこの映画を作る、という作り手の想いがものすごい迫力となってスクリーンに満ちている。すんでのことで日本が壊滅する事態を避けることができた奇跡。次々に吹き飛ぶ原子炉建屋をニュースで見ながら、今日がこの国の最期かもしれないと思ったあの日の不安が蘇る。その裏で起きていた死闘の物語が描かれている。あの日、あの画面で見た映像の中には、あの場所で文字通り命がけで奮闘していた人たちがいた。それはわかっていた。いや、わかっていると思っていた。画面のこちら側にいただけの私はそのことを本当にわかっていただろうか。

ラストシーンを見ながら今前代未聞の事態を巻き起こしている新型ウィルスのことを思う。すると主人公の言葉が脳裏によみがえる。「おれたちは何か間違ったのかな。」

いつだってその答えは、後戻りできないところへ行ってしまった後にならないとわからないのだ。(映画ライター・ケン坊)

ケン坊がさらに語る!WEB限定おまけコラム

この記事には映画のネタバレが少々含まれているので、まだ映画を見ていない人はその点をご承知おきの上で読んでください。

もっと読む

福島第一原発事故。歴史の教科書に載るような出来事だ。東日本大震災の津波によって引き起こされた事故であるため震災とまとめて語られることが多いけれど、震災とは別項目として同じぐらいのページ数を割いて教えるべき、人類史に残る大事故である。あの事故をきっかけに世界の国々が動いたのに、当事者である日本はあまりに危機感がない。

本作はその事故のさなか、現場で死闘を繰り広げた人たちを描いた物語である。緻密な取材とほとんど執念のような情熱によって大変な映像が出来上がった。あの日、あの場所をスクリーンに蘇らせる、という執念。巨大なセットを用意して再現されたという事故当初の現場は、ニュースなどで見た映像のそのままの印象だ。現地で撮影したかのようなリアリティだが、もちろんあの現場で撮影などできるはずがないし、既に廃炉に向けて新たな設備が建設され、現地の方がむしろ当時とは違う姿になっている。

莫大な電力を製造できる原子力発電所。その発電所が電源を喪失して致命的な事態を招く。電気なら売るほどあるはずだったのに。巨大地震が大津波を引き起こし、未曽有の被害を出した。それだけでも歴史的な出来事なのに、偶然にもその場所に決して小さくない原子力発電所があった。不運としか言いようがない。想定外の大津波による全電源喪失。想定外なのだから誰にも予想できない事態だったのだ。本作はその前代未聞の事態のただなかで奮闘した人々を描いた物語である。

終盤で主人公の当直長が言う。「おれたちは何か間違ったのかな。」そして、それを問われた所長は後に手紙でその答えを書き送る。「おれたちは自然の力をなめていたんだ。10mを超える津波など来ないと高をくくっていた。」そうなのだ。想定外の事態が発生して初めて、それを想定できるようになる。おれたちは初めから間違っていたんだ。でもその間違いが発覚しない限り、間違っていることに誰も気づかない。

ラストシーン、今年(2020年)予定されている東京五輪についてテロップが出る。復興五輪として行われ、聖火は福島からスタートするのだと。その五輪を目前に、日本は未知のウィルスが蔓延し、なるべく行きたくない国になりつつある。このウィルスへの対処はこれで良かったのか。もっとできることはなかったのか。ないのか。もちろんその答えも後になってみなければわからない。あのときこうしていれば、と。

おれたちは何か間違ったのかな。もしかして今も、何か間違っているのかな。

関連スポット

シネプレックス旭川

シネプレックス旭川

住所:旭川市永山12条3丁目ウエスタンパワーズ内

TEL:0570-783-882

永山/アミューズメント

イオンシネマ旭川駅前

道北最大級の8スクリーン1,200席

イオンシネマ旭川駅前

住所:旭川市宮下通7丁目2番5号 イオンモール旭川駅前4F

TEL:0166-74-6411/駐車場:900台

宮下通/アミューズメント

  • 駐車場

関連キーワード

シネマの時間 バックナンバー

パスト ライブス/再会
仲が良かった幼なじみと小学生の頃に遠く離れてしまい、24年を経て再会するというお話。実際に対面するまで24年だが、12年目にオンラインで再会する。今、インターネ... (4月12日)
オッペンハイマー
ロバート・オッペンハイマーの半生を描く伝記映画であり、その時代を描く歴史映画でもある。ただ、時系列がシャッフルされているため、史実の順序を知らないと少々わかりに... (4月5日)
マイホームヒーロー
娘がヤバい男と付き合ってしまい、命に危険が及びそうだ。そうなったらお父さん、あなたはどうしますか?本作では娘を守るために殺人を犯してしまったお父さん。しかしこと... (3月15日)
ボーはおそれている
ちょっと理解しがたい人に会ったことがあるかと聞かれたら、きっと皆さん度合いの差こそあれ、幾人か思い当たるのではないだろうか。でも他人のことなど、本来わからないほ... (2月22日)
身代わり忠臣蔵
これまでに幾度となく映像化されてきてもはや誰もが知っていると言っても過言ではない忠臣蔵。それを誰も見たことがないドタバタコメディにしたのが本作である。奇想天外な... (2月16日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

アカウント作成

ライナー最新号

2024年4月16日号
2024年4月16日号
イベントがぞくぞく
19日に上野ファームの
ガーデンオープン
紙面を見る

ピックアップ

スーパーのお惣菜
スーパーのお惣菜
スーパーうまい!
惣菜パン編
注目グルメ
注目グルメ
定番から新作まで
ライナーが今注目する
お店の味はこれだ!
シネマの時間
シネマの時間
映画ライター・ケン坊が語る新作映画と
そのみどころ
つくろう旬レシピ
つくろう旬レシピ
プロの料理人が教える
季節の食材を使った
絶品レシピをご紹介
味な人
味な人
北北海道で食に携わる
人々の横顔をご紹介
ものぴりか
ものぴりか
ライナーが集めてきた
地元の素敵な品々を紹介します
不動産情報
不動産情報
不動産・リフォーム等
住まいに関する情報を公開中
クーポン
クーポン
お得なクーポンを公開中
お知らせ
お知らせ
お店・スポットの
お知らせ
ラーメンマップ
ラーメンマップ
ラーメン食べたいなぁ
そんなときは専用マップで探してみよう
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
4/16〜22

ページの最上段に戻る