1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. おでかけ
  4. スケアリーストーリーズ 怖い本

あなたの物語

スケアリーストーリーズ
怖い本

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
内容のー部もしくは全部が変更されてる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。
ⓒ2019 CBS FILMS INC.ALL RIGHTS RESERVED.

これほどわかりやすいタイトルがあろうか。『スケアリーストーリーズ』。直訳すれば「怖い話」。さらに邦題のサブタイトルは「怖い本」である。怖そうだ。

物語を読むとき、その登場人物に自分を重ねてあたかもその人物になったかのような気分で物語の世界を楽しむことがあるだろう。それこそが物語の醍醐味であるとも言える。では実際に自分が主人公の物語が書かれたら…、というのが本作。

それだけ聞くとなんだかステキな話のようだけれど、なにしろスケアリーな本だからそれはもう大変だ。どんな物語になるかは選べない上、結末は全部「失踪」。いろいろな形で消されてしまう。単純に死んだのとも違う。ひたすら怖い思いをさせられた上で、この世ではないところへ連れ去られてしまうのだ。

本の空白のページに物語が書かれる。自分の友人が一人また一人と物語に書かれ、どこかに消えてしまう。次は自分だろうか。もういっそ一思いにやってくれと思いたくなる。

「この物語はフィクションです」という決まり文句があるけれど、そのフィクションの中の人物にとっては紛れもない現実だ。

今この原稿を書いている私も本の登場人物かもしれない。怖い話の本じゃないといいのだけれど…。(映画ライター・ケン坊)

ケン坊がさらに語る!WEB限定おまけコラム

この記事には映画のネタバレが少々含まれているので、まだ映画を見ていない人はその点をご承知おきの上で読んでください。

もっと読む

いわくつきで幽霊屋敷と呼ばれている大きな洋館の廃屋。怖い話の舞台としていささか使い古されたモチーフなのに、それでもやはり怖い。主人公たちの一行はハロウィンの夜、その幽霊屋敷に忍び込む。もうこの時点でまったく共感できない。入らないだろう普通。怖いもの。周囲は真っ暗で闇夜にそびえ立つ大きな屋敷。いろいろないわくつき。なぜ「入ろうぜ」ってことになるのか。やめとけ、怖いぞ、帰ろうよ、と心の中で提案したけれど一行には届かない。わざわざ施錠されてるのを開けてまで入って行くのだ。ようこそ怖い話へ!

思えばなぜ人は怖い話を好むのだろう。国や人種を越えて怖い話、怪談の類はあるし、こうして外国の怖い話をわざわざ見に行き、怖い怖いと言いながら見る。怖すぎるもう見ていられない、と目を覆い、覆った指の隙間から見る。怖いもの見たさ。やめておけばいいのに古い屋敷に忍び込み、いわくつきの部屋を見つけ、そこにあった本を持ってきてしまう。

本作はその持ってきてしまった本に新たな物語がひとりでに書き足されていく、という形で、主人公の友人たちが一人ずつ書かれては消えていくという作りになっている。小さな怖い話をいくつもつなげて一つの大きな話になっているのだ。それぞれの話の怖さよりも、この本の存在が一番怖い。この本の秘密に気づいて元あった部屋に返しに行く。私などはそんなこと怖くてできそうにないと思うのに、この主人公は図書館にでも返しに行くかのように平然と自転車で乗り付ける。しかしそうやって返した本がその晩自室に戻っている。どうやって戻ってきたかはわからない。怖い。いっそ燃やそう。しかし燃えもしない。

本作はいわゆるホラー映画であり、ホラーとしての怖さを楽しむという側面がもちろんあり、その点でもなかなかよくできている。しかしそれ以上に、「物語を書く」ということに主軸を置いていて、物語を書くとはどういうことか、書かれるとはどういうことか、といったようなことを掘り下げている。そういう視点で見ていくと、真実を訴えようとして存在を消された少女と、その少女の呪いに書かれてこの世から消された人たち、少女の怒りを鎮めるべく真実の物語を書く主人公、という輪が、書くものと書かれるもののループを形成している。『インセプション』等とはまた違った形で創り出される世界の階層構造が見えてくる。

一見するとシンプルなホラー映画だが、噛めば噛むほど味わいのある名作だ。

関連スポット

シネプレックス旭川

シネプレックス旭川

住所:旭川市永山12条3丁目ウエスタンパワーズ内

TEL:0570-783-882

永山/アミューズメント

関連キーワード

シネマの時間 バックナンバー

パスト ライブス/再会
仲が良かった幼なじみと小学生の頃に遠く離れてしまい、24年を経て再会するというお話。実際に対面するまで24年だが、12年目にオンラインで再会する。今、インターネ... (4月12日)
オッペンハイマー
ロバート・オッペンハイマーの半生を描く伝記映画であり、その時代を描く歴史映画でもある。ただ、時系列がシャッフルされているため、史実の順序を知らないと少々わかりに... (4月5日)
マイホームヒーロー
娘がヤバい男と付き合ってしまい、命に危険が及びそうだ。そうなったらお父さん、あなたはどうしますか?本作では娘を守るために殺人を犯してしまったお父さん。しかしこと... (3月15日)
ボーはおそれている
ちょっと理解しがたい人に会ったことがあるかと聞かれたら、きっと皆さん度合いの差こそあれ、幾人か思い当たるのではないだろうか。でも他人のことなど、本来わからないほ... (2月22日)
身代わり忠臣蔵
これまでに幾度となく映像化されてきてもはや誰もが知っていると言っても過言ではない忠臣蔵。それを誰も見たことがないドタバタコメディにしたのが本作である。奇想天外な... (2月16日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

アカウント作成

ライナー最新号

2024年4月16日号
2024年4月16日号
イベントがぞくぞく
19日に上野ファームの
ガーデンオープン
紙面を見る

ピックアップ

スーパーのお惣菜
スーパーのお惣菜
スーパーうまい!
惣菜パン編
注目グルメ
注目グルメ
定番から新作まで
ライナーが今注目する
お店の味はこれだ!
シネマの時間
シネマの時間
映画ライター・ケン坊が語る新作映画と
そのみどころ
つくろう旬レシピ
つくろう旬レシピ
プロの料理人が教える
季節の食材を使った
絶品レシピをご紹介
味な人
味な人
北北海道で食に携わる
人々の横顔をご紹介
ものぴりか
ものぴりか
ライナーが集めてきた
地元の素敵な品々を紹介します
不動産情報
不動産情報
不動産・リフォーム等
住まいに関する情報を公開中
クーポン
クーポン
お得なクーポンを公開中
お知らせ
お知らせ
お店・スポットの
お知らせ
ラーメンマップ
ラーメンマップ
ラーメン食べたいなぁ
そんなときは専用マップで探してみよう
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
4/16〜22

ページの最上段に戻る