1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. シネマの時間
  4. スケアリーストーリーズ 怖い本

あなたの物語

スケアリーストーリーズ
怖い本

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
内容のー部もしくは全部が変更されてる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。
ⓒ2019 CBS FILMS INC.ALL RIGHTS RESERVED.

これほどわかりやすいタイトルがあろうか。『スケアリーストーリーズ』。直訳すれば「怖い話」。さらに邦題のサブタイトルは「怖い本」である。怖そうだ。

物語を読むとき、その登場人物に自分を重ねてあたかもその人物になったかのような気分で物語の世界を楽しむことがあるだろう。それこそが物語の醍醐味であるとも言える。では実際に自分が主人公の物語が書かれたら…、というのが本作。

それだけ聞くとなんだかステキな話のようだけれど、なにしろスケアリーな本だからそれはもう大変だ。どんな物語になるかは選べない上、結末は全部「失踪」。いろいろな形で消されてしまう。単純に死んだのとも違う。ひたすら怖い思いをさせられた上で、この世ではないところへ連れ去られてしまうのだ。

本の空白のページに物語が書かれる。自分の友人が一人また一人と物語に書かれ、どこかに消えてしまう。次は自分だろうか。もういっそ一思いにやってくれと思いたくなる。

「この物語はフィクションです」という決まり文句があるけれど、そのフィクションの中の人物にとっては紛れもない現実だ。

今この原稿を書いている私も本の登場人物かもしれない。怖い話の本じゃないといいのだけれど…。(映画ライター・ケン坊)

ケン坊がさらに語る!WEB限定おまけコラム

この記事には映画のネタバレが少々含まれているので、まだ映画を見ていない人はその点をご承知おきの上で読んでください。

もっと読む

いわくつきで幽霊屋敷と呼ばれている大きな洋館の廃屋。怖い話の舞台としていささか使い古されたモチーフなのに、それでもやはり怖い。主人公たちの一行はハロウィンの夜、その幽霊屋敷に忍び込む。もうこの時点でまったく共感できない。入らないだろう普通。怖いもの。周囲は真っ暗で闇夜にそびえ立つ大きな屋敷。いろいろないわくつき。なぜ「入ろうぜ」ってことになるのか。やめとけ、怖いぞ、帰ろうよ、と心の中で提案したけれど一行には届かない。わざわざ施錠されてるのを開けてまで入って行くのだ。ようこそ怖い話へ!

思えばなぜ人は怖い話を好むのだろう。国や人種を越えて怖い話、怪談の類はあるし、こうして外国の怖い話をわざわざ見に行き、怖い怖いと言いながら見る。怖すぎるもう見ていられない、と目を覆い、覆った指の隙間から見る。怖いもの見たさ。やめておけばいいのに古い屋敷に忍び込み、いわくつきの部屋を見つけ、そこにあった本を持ってきてしまう。

本作はその持ってきてしまった本に新たな物語がひとりでに書き足されていく、という形で、主人公の友人たちが一人ずつ書かれては消えていくという作りになっている。小さな怖い話をいくつもつなげて一つの大きな話になっているのだ。それぞれの話の怖さよりも、この本の存在が一番怖い。この本の秘密に気づいて元あった部屋に返しに行く。私などはそんなこと怖くてできそうにないと思うのに、この主人公は図書館にでも返しに行くかのように平然と自転車で乗り付ける。しかしそうやって返した本がその晩自室に戻っている。どうやって戻ってきたかはわからない。怖い。いっそ燃やそう。しかし燃えもしない。

本作はいわゆるホラー映画であり、ホラーとしての怖さを楽しむという側面がもちろんあり、その点でもなかなかよくできている。しかしそれ以上に、「物語を書く」ということに主軸を置いていて、物語を書くとはどういうことか、書かれるとはどういうことか、といったようなことを掘り下げている。そういう視点で見ていくと、真実を訴えようとして存在を消された少女と、その少女の呪いに書かれてこの世から消された人たち、少女の怒りを鎮めるべく真実の物語を書く主人公、という輪が、書くものと書かれるもののループを形成している。『インセプション』等とはまた違った形で創り出される世界の階層構造が見えてくる。

一見するとシンプルなホラー映画だが、噛めば噛むほど味わいのある名作だ。

関連スポット

シネプレックス旭川

シネプレックス旭川

住所:旭川市永山12条3丁目ウエスタンパワーズ内

TEL:0570-783-882

永山/アミューズメント

関連キーワード

シネマの時間 バックナンバー

はい、泳げません
幼少期のトラウマにより、泳げないまま大人になってしまった主人公。本作は彼が一念発起、スイミングスクールに通うという話で、序盤はコメディタッチで進む。主人公は大学... (6月17日)
トップガン マーヴェリック
「待望の」という言葉は使い古されていてもはや本来の意味などどこかへ消え去っているのだが、この作品ほど本当に「待望」されていた映画も珍しかろう。『トップガン』の続... (6月3日)
シン・ウルトラマン
シン。新であり、真であるウルトラマン。「カイジュウ」や「カトクタイ」といった用語を音はそのままに文字を変えて使っている。冒頭からそのカトクタイの設置からの経緯を... (5月20日)
カモン カモン
言葉にならない。じんわりと温かい気持ちが広がって、それぞれのシーンが思い出され、「ああよかった」と思う。この映画に出会えてよかったと、思う。 独身中年男が、妹の... (4月28日)
名探偵コナン ハロウィンの花嫁
なにかと話題になるハロウィンの渋谷を舞台に、過去と現在をつなぐ爆弾魔事件を追う。なるほどこのスケールのものを実写でやるのは難しいだろうけれど、アニメなら可能だ。... (4月22日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

アカウント作成

ライナー最新号

2022年6月28日号
2022年6月28日号
休憩タイムにほっと一息
ほんやり、喉をうるおして
【特集】サマードリンク
紙面を見る

ピックアップ

味な人
味な人
創業113年の老舗
河井商店4代目
河井 隆郎さん
つくろう旬レシピ
つくろう旬レシピ
家庭菜園でも人気の
オクラとトマトで
和風ペペロンチーノ
昭和喫茶探訪
昭和喫茶探訪
30代ライナー社員が
喫茶店のノスタルジックな魅力にふれる
お通しダイアリー
お通しダイアリー
行ってみなけりゃ
出会えない。
今宵訪れたのは…
注目グルメ
注目グルメ
食感を楽しむ
フランス伝統菓子
サロンドールのカヌレ
不動産情報
不動産情報
不動産・リフォーム等
住まいに関する情報を公開中
ラーメンマップ
ラーメンマップ
ラーメン食べたいなぁ
そんなときは専用マップで探してみよう
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
6/28~7/4の運勢

ページの最上段に戻る