1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. 生活
  4. 影踏み

だれのために なんのために

影踏み

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
内容のー部もしくは全部が変更されてる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。
ⓒ2019「影踏み」製作委員会

前回紹介した『ジェミニマン』のジェミニというのは双子座のことで、あの作品は自分のクローンと戦う話だった。奇しくも今回ご紹介する『影踏み』はそのものズバリ、双子を描いた物語だ。双子の中でも特に一卵性双生児というのは繋がりが強く、思考が似通ったり、互いのことがよくわかったりする、というような話を聞く。しかし一卵性双生児になったことのない私にはその感覚はよくわからない。

司法試験を目指すほどだった兄は不良気味だった双子の弟を失ってから泥棒になってしまう。そして泥棒稼業のある事件をきっかけに、入り組んだ人間関係の中に巻き込まれて行く。事件がいくつか起き、主人公がその真相を追う、というような展開になる。しかし。そこに「犯人は誰だ?」といったサスペンス的要素は薄い。物語はあくまで静かに流れ、双子という要素が各所で主張してくる。なぜこのような形で双子を描きたかったのか、その動機がよくわからない。事件を追うが謎解きミステリではなく、ヤクザは出てくるが任侠ものではなく、暴力は出てくるがバイオレンスアクションではない。その淡々とした物語を山崎まさよしが淡々と演じている。その朴訥な芝居だけが強く印象に残る。(映画ライター・ケン坊)

ケン坊がさらに語る!WEB限定おまけコラム

この記事には映画のネタバレが少々含まれているので、まだ映画を見ていない人はその点をご承知おきの上で読んでください。

もっと読む

見終えてから何度も思い返して、いったいなんだったのか、と考えてみた。ストーリーはわかりにくいものではない。主人公の周囲で事件がいくつか起こり、それぞれ解決する。そこに不可解なことはなく、もちろん難解な映画でもない。しかし何度思い返してもわからない。なぜ双子という要素にこだわったのか。

この作品はミスリードを誘う演出になっていて、北村匠海が演じている人物は、実は映画冒頭ですでに死んでいる。彼が主人公の双子の弟で、弟は死んだときの姿のまま登場し、兄は年を取っている。この弟は実は兄の心のなかにだけ生きているのだ、ということが中盤で明らかになる。彼を途中まで実在しているかのように見せている点が演出的には面白い。

そして本作にはもう一組の双子が登場する。主人公の恋人にアプローチしてくる文房具屋の男とその兄だ。こちらの双子にも悲劇が襲いかかる。真面目に生きている弟とダメな兄貴。何を頑張っても兄にめちゃめちゃにされてしまう弟はついに限界に達し、兄を殺してしまう。双子の悲劇を二組描いている。どうやら二組とも一卵性双生児のようだ。一卵性双生児ならここに描かれているような心理に共感するのかもしれない。しかしそうでない私にはわからない。双子ってこういうものなのか、という距離感で見るしかない。

主人公の周辺におきる事件は闇を暴きながら犯人にたどり着いて解決する。しかしそこにカタルシスのようなものは一切ない。この事件がなぜ謎解きとしての魅力を放たないのだろうか。これも考えてみた。おそらく、「なぜ双子なのか」という疑問のほうが遥かに大きいからではないか。どうしてこんなにも双子を描きたかったのか。

ラストシーン、主人公が心中のわだかまりを克服したことによって、寄り添っていた弟は消えた。霊的なものだったのだとすればいわゆる「成仏した」という状態であろう。そして再び去来する疑問。「なぜこのような形で双子を描きたかったのか。」その大きな疑問を残して映画は幕となり、見終えてから悶々とそれを考え続けることになるのだった。

関連スポット

イオンシネマ旭川駅前

道北最大級の8スクリーン1,200席

イオンシネマ旭川駅前

住所:旭川市宮下通7丁目2番5号 イオンモール旭川駅前4F

TEL:0166-74-6411/駐車場:900台

宮下通/アミューズメント

  • 駐車場

関連キーワード

シネマの時間 バックナンバー

ザリガニの鳴くところ
冒頭で発見される死体。ほどなく殺人の疑いで一人の女性が逮捕される。舞台は1969年のアメリカ。主人公は小さな町に隣接する湿地帯に一人で暮らしている風変りな人物だ... (11月25日)
すずめの戸締まり
日常のすぐそばにある異界。近くて遠い世界。リアルな現実から一足飛びに神話の世界に飛び込む。新海監督の真骨頂とも言えるその世界観が、「扉」というモチーフを用いて見... (11月18日)
RRR
アクション映画にはつきもののスリリングなシーン。人間離れした運動能力を見せるキャラクタ、窮地を無双で切り抜ける圧倒的な強さ、そこらじゅう大爆発。そういう派手なシ... (10月28日)
耳をすませば
スタジオ・ジブリのアニメ映画として有名な『耳をすませば』。本作はその十年後を描く実写映画だが、けっこう根幹の設定を変更してあるので直接の続編ではない。また、十年... (10月21日)
犬も食わねどチャーリーは笑う
犬も食わぬと言えば夫婦喧嘩。タイトルを見ると本作は夫婦喧嘩の話なのかと思うが実はそうでもない。夫婦の間の問題を描いてはいるもののそれは喧嘩ではなく、むしろ喧嘩で... (9月30日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

アカウント作成

ライナー最新号

2022年12月2日号
2022年12月2日号
木の枝や松ぼっくりで
クリスマス&お正月の
飾りを作ってみよう
紙面を見る

ピックアップ

注目グルメ
注目グルメ
今年も登場しました
村上菓子舗
もんぶらん大福
味な人
味な人
店を引き継いでから
来年で丸10年
七輪屋 千葉浩子さん
地元のうつわ。
地元のうつわ。
旭川と近郊で見つけた
素敵な作品を20代の
スタッフが紹介します
シネマの時間
シネマの時間
映画ライター・ケン坊が
新作映画を語る
ザリガニの鳴くところ
昭和喫茶探訪
昭和喫茶探訪
30代ライナー社員が
喫茶店のノスタルジックな魅力にふれる
不動産情報
不動産情報
不動産・リフォーム等
住まいに関する情報を公開中
ラーメンマップ
ラーメンマップ
ラーメン食べたいなぁ
そんなときは専用マップで探してみよう
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
11/29~12/5の運勢

ページの最上段に戻る