かぐら法律事務所は市民に身近な法律事務所です

かぐらほうりつじむしょ

かぐら法律事務所

電話番号
0166-73-3207(まずはお電話でご予約を)

※お問い合わせの際は「ライナーウェブを見て」とお伝え下さい。

取扱分野

◆借金問題の解決(任意整理、自己破産)
 任意整理は裁判手続によらずに弁護士が貸金業者と示談交渉して借金問題を解決する方法です。毎月余裕をもって支払える金額の範囲内で分割払いの示談ができれば自己破産せずにすみます。
 自己破産は、借金を支払える見通しが立たない場合に裁判手続を利用して借金問題を解決する方法です。

◆過払金請求

 消費者金融から払いすぎた利息(過払金)を取り戻すための請求です。示談交渉や裁判手続を通じて取り戻します。消費者金融の利息が高かった頃に借り入れと返済を繰り返したことがある方は過払金が発生している可能性があります。過払金は最終取引日(借り入れまたは返済)から10年で消滅時効になるのが通常ですので、早めにご相談ください。当事務所は、示談交渉で取り戻す場合は成功報酬は経済的利益の15%(税別)、裁判で取り戻す場合は経済的利益の20%(税別)の成功報酬をいただいております。

*他に負債がある場合には、問題の根本的解決のため債務整理と合わせての事件処理をご提案します。

◆交通事故示談交渉・訴訟
 自動車保険に弁護士費用特約をつけていれば保険で弁護士費用を支払うことができます(法律相談料、実費、着手金、成功報酬のすべて)。
 また、後遺症の等級がついた場合には、相手方保険会社の言うままに示談に応じてしまうのは損な場合が多いです。示談書にサインする前に当事務所にご相談ください。

◆婚約破棄問題、不倫問題、離婚調停・訴訟
 正当な事由もないのに婚約を破棄されたのであれば、損害賠償請求を検討する余地があります。結婚式場を予約に行った際の書類、両親に挨拶に行き食事会をした際のレシート等、婚約成立の証拠となりそうな物があれば、法律相談の際にお持ちください。
 家庭のある人と不倫をした、そのパートナーから訴えられたという相談はよくあります。当事務所が依頼を受けたケースでは、請求金額から大幅に減額させて和解で解決したという成功例(不倫はなかった、夫婦関係は不倫の前にすでに破綻していた等の立証にほぼ成功)があります。相手からの請求金額を減らす余地はないか検討しましょう。
 離婚したいが夫婦で話し合っても離婚(協議離婚)できない場合、離婚調停をする必要があります。離婚調停は裁判所で調停委員を通じて相手と離婚について話し合う調停です。離婚訴訟をいきなりすることはできず、離婚調停が不成立になって初めて離婚訴訟をすることができます。離婚訴訟は、法律が定める離婚原因が証拠によって認められるかどうかで離婚できるかどうかが決まります。
 女性の離婚相談で女性弁護士を希望する場合は予約の際にお知らせください。

◆労働事件
 労働事件は、例えば経営者に気に入られなかったからクビを言い渡された、小さなミスしかしていないのに懲戒解雇された、残業代を支払ってもらっていない等の問題です。解雇を受け入れたともとられるような書類にサインをしたり、そのような言動をする前に、ご相談ください。会社を辞めることになっても仕方がないと思っていても良い条件で辞められるかどうかは交渉や訴訟の中で決まるものです。解雇は労働者から生活の基盤を奪う重大な問題です。労働者がきちんと闘うことによって職場環境もよくなります。労働組合に加入したり、弁護士に相談するなどして問題解決しましょう。 

◆建物明渡・賃料請求事件
 賃借人が家賃を何ヶ月も支払わないからといって勝手に荷物を運び出したり、処分することはできません。適法な手続で明け渡しを求める必要があります。費用はかかりますが、新しい賃借人に入居してもらって家賃収入を得られるのであれば、長い目でみてプラスになります。

◆土地・建物問題
 例えば、購入した土地建物を明け渡してもらえない、建物の基礎に欠陥がある住宅だった、自分は今の土地を20年以上占有して固定資産税を支払ってきているが土地の名義が祖父の名義のままになっているから自分の名義にしたい等の相談です。

◆貸金返還請求・債権回収事件
 貸したお金を返してくれない人に対して請求する事件です。通常は返すお金がないから返してくれないのでしょうが、強制的に貸したお金を回収する余地があるのであれば法的手続で求めます。ただし、貸金業者やヤミ金業者からの依頼はお断りしております。

◆売買代金支払請求事件
 売買代金を請求する事件です。強制的にお金を回収する余地があれば法的手続で求めます。ただし、悪質な消費者被害が疑われる場合には、依頼をお断りする場合があります。

◆消費者被害事件

 必要のない商品を大量に買わされた、だまされた等の消費者に関する事件です。被害額が少ない場合やクーリングオフのみをしたい場合には、弁護士事務所よりも消費生活センター(旭川では旭川市消費生活センター)に相談した方が費用対効果がよい場合がありますが、当事務所でも取り扱っております。

◆公正証書遺言案作成
 自分で作る遺言は、法律が定める様式を欠いていると無効になってしまいます。そうならないために、財産の多い少ないにかかわらず、残された家族の間で紛争が生じないよう遺言を作成しておくことをお勧めします。当事務所はそのお手伝いをさせていただきます。

◆相続問題・遺産分割事件
 相続関係はどうなっていて、自分は何を請求できるのか。いっしょに考えましょう。相続問題については、早めに手続をとらないと莫大な借金を相続することになったり(例えば、相続放棄の場合の3ヶ月以内)、請求できた権利が請求できなくなったりすることがあるので、ご注意ください。

◆商標出願・知的財産関係事件
 苦心して生み出したヒット商品や自慢のサービスも商標登録していないと、まぎらわしい商品やサービス名を用いた他企業にただ乗りされてしまいます。商標登録して企業の利益を守ることをお勧めします。

◆中小企業の法律問題
 契約書のチェックや社内の法律問題等も取り扱っております。

◆その他民事事件一般(例えば、被告側の民事弁護)

 相手から訴えられて、裁判所から訴状が送られてきたときは、決してほったらかしにしてはいけません。何もしなければ不戦敗で相手の言い分どおりの判決が出る可能性が高くなります。根も葉もない理由で訴えられたのであれば、正々堂々受けて立ちましょう。また、「たしかに相手の言うことはもっともだな。」とあなた自身思ったとしても、あなたの言い分で認められそうな言い分はないか弁護士に相談することをお勧めします。

◆少年事件
 少年が犯罪をしてしまうのは、その生い立ちや環境が原因である場合が多く、少年のみを責めることはできません。また、少年は、見違えるように更生することができる可能性をもっています。少年一人が更生することは、未来の犯罪者と被害者の両方を救うことになります。なんとか少年が更生できるように、少年とよく話し、少年に考えてもらいます。弁護士の仕事は、目の前にある家庭裁判所の審判に向けて、付添人という立場で少年の利益になる主張をすることですが、その機会を通じて少年が更生するお手伝いが少しでもできればと考えております。

 昨日までの自分との一貫性なんていらない。人生は総合評価です。

◆刑事事件
 冤罪を争ったり、刑が少しでも軽くなるように弁護します。ただし、国選刑事弁護事件を除き、反社会的勢力関係者の弁護や依頼はお断りしています。
このページは最終更新日から1年以上経過しています。
掲載情報が一部もしくは全部が変更されている可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

※消費税率変更に伴い、表示価格が実際の価格と異なる場合があります。

[作成日:2014年01月21日 / 更新日: 2014年01月22日]

PRインターネット広告掲載はこちら »

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

アカウント作成

ライナー最新号

2024年4月12日号
2024年4月12日号
木目の面白さが際立つ
道産間伐材の積み木が
パッケージデザイン賞
紙面を見る

ピックアップ

注目グルメ
注目グルメ
定番から新作まで
ライナーが今注目する
お店の味はこれだ!
シネマの時間
シネマの時間
映画ライター・ケン坊が語る新作映画と
そのみどころ
外食チェーン
外食チェーン
人気商品ランキング
上位3品をご紹介
つくろう旬レシピ
つくろう旬レシピ
プロの料理人が教える
季節の食材を使った
絶品レシピをご紹介
味な人
味な人
北北海道で食に携わる
人々の横顔をご紹介
ものぴりか
ものぴりか
ライナーが集めてきた
地元の素敵な品々を紹介します
不動産情報
不動産情報
不動産・リフォーム等
住まいに関する情報を公開中
クーポン
クーポン
お得なクーポンを公開中
お知らせ
お知らせ
お店・スポットの
お知らせ
ラーメンマップ
ラーメンマップ
ラーメン食べたいなぁ
そんなときは専用マップで探してみよう
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
4/9〜15

ページの最上段に戻る