1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. 味な人
  4. 鳴川 禎智さん

中心部を見守り続け40年
細く長く、の心意気

鳴川 禎智さん

六條はま長 支店

六條はま長 支店
「気付いたらできるようになってたね~」と、軽々と20食近いどんぶりを担いでくれた鳴川さん。年季の入ったロゴ看板付きの自転車で、夏にはライナーのご近所を、すい~っと出前に走る、粋な姿が見られます。

サンロクの本店で修業した先代が、のれん分けでこの地に店舗を構えたのが昭和52年。鳴川さんが小学2年生のときでした。オープン当初からお店を手伝い、そば打ちから配達まで自然とできるように。「昔は小さなうちでも家業手伝うって普通だったでしょ。でもあんまりこき使うもんだから、さすがにハラが立って壁を殴ったこともあったっけ」と笑いますが、当時は空手を習っていたというから、壁もただでは済まなかったでしょう…。

繊細な風味と喉ごしを味わう更科系で、大衆そば屋として地域の人々に愛されてきました。中には鳴川さんが中学生のときからほとんど毎日通っている人、出世して久しぶりに顔を出す人もいます。そうした人たちが嬉しそうに口を揃えるのは「変わらないね」というひと言。開店以来だしを担当するお母さんと共に、いつ来ても変わらない味を二人で守っています。「おかげさまで大きな浮き沈みもなくいつでも平常運転。まずは50年を目指してやっていくよ」とのんびり答えてくれました。

関連スポット

六條はま長 支店

早い・安い・うまいの更科そば屋

六條はま長 支店

住所:旭川市6条通10丁目T・Kビル1階

TEL:0166-26-2788/定休日:日曜定休/駐車場:なし

6条通/うどん・そば

  • ランチ

関連キーワード

味な人 バックナンバー

お晩菜や しゃもじ 道心 佑美さん
にっこり笑顔でお迎えしてくれる若女将の道心佑美さん。20代の彼女がお店を開いたのは約1年前で、常連さんからはユミちゃん、ユミママの愛称で慕われています。 5歳の... (4月17日)
Cocina de Maria(コシナデマリア) レブレ・マリアさん
フィリピンのセブ島で生まれ、23歳で来日したマリアさん。ダンスやバレエのレッスンを受け、タレントとしてショーのバックダンサーを務めていました。華やかな衣装で踊る... (2月28日)
ビランチャ 鈴木 一徳さん
イタリアンレストラン「ビランチャ」のオーナーシェフ・鈴木一徳さんは東京出身。17年前、当時勤めていた会社が旭川にレストランを立ち上げることになり、初めてこの地を... (1月31日)
正直や 西野 孔二さん
居酒屋さんだけど、とにかく中華のメニューが人気。専門店もかくやというこの腕の持ち主は西野孔二さん、通称“孔ちゃん”です。一見、強面のお兄ちゃん風ですが、びっくり... (1月10日)
粉もんず 森藤 博行さん
大阪粉もん文化の伝道師、森藤博行さん。テレビドラマ「北の国から」の影響で北海道に憧れ、夫婦で20年ほど前に移住。親しみやすい関西弁で、きょうも客をもてなします。... (11月15日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

アカウント作成

ライナー最新号

2020年6月2日号
2020年6月2日号
東川に泊まろう
3000円優待を
8月末まで実施
紙面を見る

ピックアップ

つくろう旬レシピ
つくろう旬レシピ
彩りも元気に鮮やかに
アスパラなど旬野菜を
ベシャメルソースで
スーパーのお惣菜
スーパーのお惣菜
スーパーうまい!
みんなが大好きな
魚介料理編
注目グルメ
注目グルメ
ずっしり重く大きいよ
老舗・宮崎豆腐店の
厚揚げ大豆まん完成
シネマの時間
シネマの時間
今回ばかりは特別編
旅した気分になれる
映画を紹介します
味な人
味な人
日本茶と人が生み出す
やさしさの連鎖信じて
うさぎや・赤松さん
お通しダイアリー
お通しダイアリー
行ってみなけりゃ
出会えない。
今宵訪れたのは…
求人情報
求人情報
旭川市・道北エリアの正社員、アルバイト、パート就職情報
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
6/2~8の運勢

ページの最上段に戻る