1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. よみもの
  4. 味な人
  5. 竹内 崇さん

料理長として、経営者として、
追い求めるのは“湧駒荘らしさ”

竹内 崇さん

湯元 湧駒荘

湯元 湧駒荘
型を守り、破り、型から離れて自在になるという意味の「守破離(しゅはり)」の思想を大切にしている竹内さん。「食べ歩いて、湧駒荘だったらこうかなと自分のものにしていくのが大事。たとえ真似から始まっても続けると型にはまってくるもんです」と笑います

センター試験の申し込みをしそびれてしまったのが料理人のはじまりでした。進学を取りやめ、旅館を営む両親の勧めで板前になる決心をし、紹介してもらった東京・赤坂の割烹、「津やま」へ。

そこは歴代総理大臣や財界要人も訪れるような店。さぞ厳しい修行時代だったろうと尋ねると、「一番下っ端の自分がまかないを全部食べなきゃいけないのが大変だった」と意外な苦労が。最高級の食材を使ったまかないなんてうらやましい限りですが、「絶対残しちゃいけないというのも辛いものです」と苦笑い。さらに嫌いな食べ物を聞かれた際に「とろろ」と答えると、まかないで山芋料理が続いたそうです。しかしそれは嫌がらせではなく、「板前として、とろろが好きな人がなぜ好きなのかを知っておけ」との親父さん(店主)の考えから。高校時代はバドミントンで国体の選手だった竹内さんらしく「体育会系魂」で乗り切ると、先輩たちや親父さんにかわいがられ、料理の基礎だけでなく料理に向き合う心構えなど多くを教えられたといいます。

その後石川県の和倉温泉「加賀屋」でも経験を積み、25歳で湧駒荘の料理長に。17年からは代表取締役も務めます。「冷める興奮よりも、よみがえる感動を」と、地元の食材に新たな光を当てるような料理を提供しています。例えば宿に湧く水をゼリーに仕立てたり、メロンの器にじゃがいもの冷製スープを合わせたりと、華美ではないけれどアイデア光る料理の数々で、じわじわとファンを増やしています。

近い将来、町内に飲食店を開き、大規模な旅館の厨房では難しいような和食を提供する場を作るのが目標です。「板前は自分にとって通過点。任せられる人を育て、次のステージに進んで行きたいですね」と語ります。

関連スポット

湯元 湧駒荘

北海道でわずか9軒のみが認められた秘湯、評判の創作会席『遊食膳』

湯元 湧駒荘

住所:東川町勇駒別旭岳温泉

TEL:0166-97-2101/駐車場:あり:40台(無料)

東川町/温泉

  • 予約優先
  • ペット不可

関連キーワード

味な人 バックナンバー

前川茶舗/喫茶マルサ 前川 俊哉さん
食べマルシェやさんろく祭りで数年前からひそかに人気の、お茶屋さん発のお酒を知っていますか?昨年創業110年を迎えた老舗・前川茶舗併設のカフェ「マルサ」で販売する... (1月18日)
幸せごはん 夢いち 水越 友亮さん
若いころは金髪にスカジャン。素行不良でとんでもなくひねくれていたという、豊岡の小料理屋「幸せごはん 夢いち」を切り盛りする水越友亮さん。 札幌で生まれ育ち、多感... (12月25日)
手打ちそば処 淳真 山崎 淳司さん
「冬でもざるそば食べるような子だった」と振り返るのは、士別市多寄町にそば屋「淳真」を構える山崎淳司さんです。高校まで旭川で過ごし、札幌の大学を卒業後は一般企業に... (10月19日)
PIZZA STAND passatempo(パッサテンポ) 立川 巧さん
軽快な音楽に合わせ、身体の周りをクルクル回り、時には激しく宙を舞う白い円盤。まるで生き物と戯れているかのように巧みな手さばきでピザ生地を操る立川巧さんは、ピザア... (9月21日)
レストラン仏蘭西亭 紙谷 侑さん
バーテンダー歴は60年。すっと背筋を伸ばしてシェイカーを振る姿には、かくしゃくとした気品が漂います。日本バーテンダー協会旭川支部の常任相談役を務めるレストラン仏... (8月28日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

新規会員登録

ライナー最新号

2019年2月19日号
2019年2月19日号
農家さんがつくる
道内チーズが大集合
3・24日にフェスタ
紙面を見る

ページの最上段に戻る