ファンタスティックビーストと魔法使いの旅
©2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.ALL RIGHTS RESERVED

新たなる魔法戦争、始まる。

 魅力的なカバンを携えて旅をするスキャマンダーさんのお話。タイトルはビーストが魔法使いと旅をするみたいな印象になっているが、実際は魔法使いがビーストの入ったカバンを持って旅をしている。このカバンが実に魅力的なのだ。いっそタイトルは「スキャマンダーと不思議なカバン」とかにしたらどうか。どうかってこともないが。

 本作はハリーポッターのスピンオフ作品で、スキャマンダーという人物はポッターたちが使っていた教科書を書いた人物。彼の若いころを描いたのが今回のシリーズで、本作はそのプロローグにあたる。ビーストと魔法使いの旅ということで、あまりバトルの香りはしないタイトルではあるが、しっかりバトルである。いつの時代にも悪い魔法使いというのはいるようで、本作はヴォルデモートではないものの、グリンデルバルドという悪役が登場する。グリンデルバルド自身はほとんど登場せず、本格的に彼が出てくるのは次回作以降ということになるのだろう。そういう意味でも本作はシリーズのプロローグで、「これから大変なことが始まる」という予感を漂わせて終わる。

 魅力的な人々、ワクワクする悪役。期待できる新シリーズの登場である。

ケン坊がさらに語る!WEB限定おまけコラム

この記事には映画のネタバレが少々含まれているので、まだ映画を見ていない人はその点をご承知おきの上で読んでください。

もっと読む

 ハリーポッターの遠い先輩にあたる人物、スキャマンダーの物語としてスピンオフした新シリーズ。スピンオフものとして、例えばダンブルドアの若い頃の話であったり、スネイプ先生の若い頃であったり、といったものはありそうな感じがするが、ハリー達が使っていた教科書を書いた人物であるスキャマンダーの若い頃の話というのはなかなか興味深い。

 スキャマンダーはいわゆる動物学者のような人物であり、おそらく本来は戦う人ではない。それが本作で悪役グリンデルバルドに目をつけられてしまったために、この魔法戦争に巻き込まれていくことになるのであろう。ビーストというタイトルであるから、次回作ではもっとスキャマンダーを「ビースト使い」的な感じにし、ビーストを操って敵と戦ったりすると彼の特異性が出て面白いのではないか。

 肝心の悪役グリンデルバルドについては、今回は冒頭の説明的な部分で後頭部だけ登場し、終盤でちょこっと姿を見せるだけにとどまっている。冒頭の後頭部だけを見たときにはウド鈴木かと思った(おそらくご覧になったかたの30人に2人ぐらいは同意されるのではないか)が、終盤に登場したのはなんとジョニー・デップであった。彼が登場しただけで急に次回作への期待感が高まるあたり、やはりタダモノではない。

 ほとんど事故のようにこの事件に巻き込まれたコワルスキーさんも非常に魅力的だし、見どころは満載である。ただ、一部では本作は5部作になるという話も聞こえてきており、5部作ってあなた5作目はいったいいつ頃公開されるんですか、といったことを思うと気が遠くなる。時間がかかりすぎると俳優さんも年を取りすぎてしまうし、あまり時間をかけずにワクワクさせてほしいと思う。

2016年11月29日