1. ライナーウェブ
  2. アンケート
  3. 旭川の若者の結婚観

旭川の若者の結婚観

若い人たちの結婚観

旭川市から結婚や妊娠、ワークライフバランスに関する意識調査の結果が出たね。市内の18歳以上39歳以下の男女641人から回答があったみたいだ。
程度は違えど多くの独身の人が「結婚したい」っていう意識自体はあるみたいですね。

【図1】

その通りなんだ。けれど交際している人がいなかったり、経済的な不安があって、現実はなかなか踏み込めないようだね。
結婚はお金が〜なんてよく言うけど、いまの時代、恋愛にもお金の問題が関係しているのかもしれないですね。 だとすると結婚どころか、恋人をつくろうって気持ちが萎えちゃうのもしょうがない気がするよ。 ぼくもこの前、結衣ちゃんとデートに行ったけど、食事代を1円単位まできっちり割り勘にしたら、陰口言われてたみたいでさぁ…。
相手に気に入られるためには、ある程度の出費の覚悟はしておかないとね(笑)

【図2】

子どもの数と女性の就労状況

理想の子どもの人数に関する回答結果もおもしろかったですね。
多くの割合で2人から3人が理想と考えられているようだ。兄弟で育ってきた彼らの家族観が反映されていると考えられるだろうね。

【図3】

それと、育休・産休なんて言葉をよく耳にするから、てっきり子どもができても働き続けたいって人が多いと思っていたんだけど、 いったん辞めて、また就職するほうがいいって考えてる人の割合のほうが多いことも意外でした。
そうだね、男女ともに同様の意見で、特に女性のほうが数字に開きがあるようだね。これは地方と都会とで結果が変わってくる部分かもしれない。 キャリア女性が多い東京を含む都市圏では働き続けたい派が勝る可能性もあるね。なかなかそういった環境にない旭川市では、この結果にも納得がいくね。 これを踏まえると、市は女性の再就職支援により力を入れていくべきと考えることもできるかもしれない。
地域の活力になる子どもたちを安心して産んでもらえるように女性の意見にきちんと耳を傾ける必要がありそうですね。

【表】

仕事と生活を調和していくために

最近は男性のより積極的な育児参加が推奨されているけど、ワークライフバランスに関して、「どちらとも言えない」「実現できていない」って人たちで81.8%にも上るとは。

【図4】

解答結果を見てみると、長時間労働や職場の理解不足が障害になっているようだね。

【図5】

そういえば、金山先輩は営業職らしいけど、ノルマを達成できないと、上司に大声で罵声を浴びせられるから、夜中まで資料作りで大変らしいです。 日付を跨ぐまで働くことも珍しくないなんて言うから、ぼくも就職が憂鬱だよ…。
ブラック企業なんて言葉が定着するくらいだから、金山くんのような職場環境も多いのかもしれないね。調査結果でも、育児休業の取得推進や長時間労働の是正は期待されていることが数字で出ているね。
そうだ、こないだ教授から日本の労働生産性は先進国の中でも特に低いって話を聞いたけど、 ワークライフバランスの改善は企業にとっても、働く人たちにとってもプラスに作用しそうですね。 この調査結果を見てみると、結婚や子育てなんかの問題は、お金や働き方の問題に集約できそうですね。
旭川市ではその傾向が特に顕著だろうね。市民が行政に期待する結婚支援では、1位が「安定した雇用機会の提供」、 2位が「夫婦ともに働き続けられるような職場環境の充実」なんだけど、そこに大きな数字の開きはないんだ。 これが雇用機会により恵まれた地域では、結果が逆転する可能性もある。

【図6】

子どもを持ちたい気持ちになる支援方策についても、児童手当など経済的支援って回答が群を抜いて高かったですしね。これらの結果は旭川市ならではとも考えられそうですね。

【図7】

たしかにそうだね。でもまずは、こうやってデータを見ながら当事者ひとりひとり真剣に考えていくことが大切なんだ。 自分たちが暮らすまちで幸せに生活していくためにもね。 3月12日には「旭川市民のためのワークライフバランスと結婚観フォーラム」が開催されるから、そこに行ってみるといいよ。きっとまた新たな発見があると思うよ。
結衣ちゃんも誘ってみようかな!参加費もかからないみたいだし(笑)

調査概要

調査時期:2015年6月
調査対象:旭川市内の18歳以上39歳以下の男女2,000人(男女各1,000人)
有効回答数:641件

  合計 男性 女性 無回答
全体 641
100.0%
266
41.5%
372
58.0%
3
0.5%
18〜19歳 32
100.0%
19
59.4%
13
40.6%
0
0.0%
20〜24歳 77
100.0%
25
32.5%
51
66.2%
1
1.3%
25〜29歳 119
100.0%
46
38.7%
73
61.3%
0
0.0%
30〜34歳 172
100.0%
75
43.6%
97
56.4%
0
0.0%
35〜39歳 236
100.0%
100
42.4%
136
57.6%
0
0.0%
無回答 5
100.0%
1
20.0%
2
40.0%
2
40.0%
独身
(結婚歴なし)
273
100.0%
122
44.7%
151
55.3%
0
0.0%
独身
(結婚歴あり)
30
100.0%
9
30.0%
21
70.0%
0
0.0%
既婚 325
100.0%
130
40.0%
195
60.0%
0
0.0%
無回答 13
100.0%
5
38.5%
5
38.5%
3
23.1%

調査方法:アンケート調査票を郵送し、郵送(返信用封筒同封(切手不要))にて回収
調査機関:旭川市

※本ページへのリンクはフリーです。データを引用・転載される際には必ず出典を明記してください。

※図表中の構成比は小数点第2位を四捨五入しているため、合計が100.0%にならない場合があります。

※図表中の「SA」は単数回答を表しています。

この記事に関連するイベント

ワーク・ライフ・バランスと結婚観フォーラム

住所 旭川市7条通9丁目50
開催場所 旭川市民文化会館2F 第2会議室
日程 2016年3月12日(土)

【演題】「日本人の結婚観の変化とワーク・ライフ・バランス」
【講師】木脇奈智子さん(藤女子大教授)

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

新規会員登録

ライナー最新号

2019年2月19日号
2019年2月19日号
農家さんがつくる
道内チーズが大集合
3・24日にフェスタ
紙面を見る

ページの最上段に戻る