1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. おでかけ
  4. すずめの戸締まり

さがしものはなんですか

すずめの戸締まり

ⓒ2022「すずめの戸締まり」製作委員会

日常のすぐそばにある異界。近くて遠い世界。リアルな現実から一足飛びに神話の世界に飛び込む。新海監督の真骨頂とも言えるその世界観が、「扉」というモチーフを用いて見事に描き出される。内と外、こちらとあちらを隔て、かつ行き来するための装置である扉。人が住まなくなった場所にある扉は通る者を失い、意味を喪失する。本作はそこに日本古来の神道からのモチーフを引きつつ、特定の神話に寄りすぎない距離感で神秘的な世界を見せる。身近な自然現象を超常的な力と結びつける世界観も新海監督ならではで、テーマ性、ストーリーテリングともにここ数作と同じ系譜にある作品だと感じた。

散りばめられたモチーフには奥行きがあり、深読みする楽しみもある作品だが、近作と同様、この作品も登場人物がひとりひとり魅力的なのでただストーリーを追うだけでも十二分に楽しめる。さらに全体がロードムービーになっているため、距離と時間を共有しながら出会い、別れ、そして再会するというドラマも満載だ。

予告編で印象的に響いた「いってきます」という言葉が、作品を見終えると複雑な想いとともに残る。とても楽しい映画だが、それだけではない深さがある。(映画ライター・ケン坊)

ケン坊がさらに語る!WEB限定おまけコラム

この記事には映画のネタバレが少々含まれているので、まだ映画を見ていない人はその点をご承知おきの上で読んでください。

もっと読む

ネタバレせずになにかを書くのが非常に難しい作品であった。そのため本紙の方には書けなかったことをここで書こうと思う。

本作も「君の名は」からの流れをくむ最近の新海作品的な展開を持つ作品で、物語は中盤で一度決着が付き、それで納得しない主人公が終盤の展開をもたらす。一度終わったような形で着地してそこからあれこれひっくり返すというのは前作「天気の子」も含め、共通しているように感じる。また、「天気の子」ではゲリラ豪雨を神秘的世界に起因するものとしていたけれど、本作では「地震」がそういうものとして描かれる。このような、身近な自然現象を神々の世界によるものとする新海作品は現代の神話と言えるかもしれない。そういう神話的設定が敷かれているが、作品世界はあくまで現代の日本に軸足を置き、主人公たちだけが半分ファンタジー世界に踏み込んだ状態にある。

現在という時間軸でティーンエイジャーの主人公を描くためか、幼少期に東日本大震災で被災し、重い事態を抱えてしまった人物として描く作品がここ数年たくさん出てきている気がする。10年が経過してそろそろフィクションに描きやすくなってきたという事なのかもしれないが、近年少々目立っている。本作も主人公に関する情報が伏せられた状態から始まり、本人も重要な要素を忘れている、という設定で、それが震災に起因している。雑に要約すれば、この作品は震災でトラウマを抱えた少女が十二年ぶりに実家の跡地へ戻り、そのトラウマを克服する話とも言える。彼女が被災者であることは終盤まで断定的には描かれないが、冒頭からあからさまに見せられてはいる。九州を舞台にして物語が始まるのだが、主人公は明らかに東北の被災地の記憶を抱えている。本作はそんな主人公が行きがかり上どんどん北上し、自分の生まれ育った被災地まで旅をしていくというロードムービーなのだ。

目立つ形で意味深に挿入される懐メロの数々やキャラクタの名前等、深読み要素も随所にちりばめられている。何度も見て毎回違った発見があるような、そういう映画と言えそうだ。

関連スポット

シネプレックス旭川

シネプレックス旭川

住所:旭川市永山12条3丁目ウエスタンパワーズ内

TEL:0570-783-882

永山/アミューズメント

イオンシネマ旭川駅前

道北最大級の8スクリーン1,200席

イオンシネマ旭川駅前

住所:旭川市宮下通7丁目2番5号 イオンモール旭川駅前4F

TEL:0166-74-6411/駐車場:900台

宮下通/アミューズメント

  • 駐車場

関連キーワード

シネマの時間 バックナンバー

ザリガニの鳴くところ
冒頭で発見される死体。ほどなく殺人の疑いで一人の女性が逮捕される。舞台は1969年のアメリカ。主人公は小さな町に隣接する湿地帯に一人で暮らしている風変りな人物だ... (11月25日)
RRR
アクション映画にはつきもののスリリングなシーン。人間離れした運動能力を見せるキャラクタ、窮地を無双で切り抜ける圧倒的な強さ、そこらじゅう大爆発。そういう派手なシ... (10月28日)
耳をすませば
スタジオ・ジブリのアニメ映画として有名な『耳をすませば』。本作はその十年後を描く実写映画だが、けっこう根幹の設定を変更してあるので直接の続編ではない。また、十年... (10月21日)
犬も食わねどチャーリーは笑う
犬も食わぬと言えば夫婦喧嘩。タイトルを見ると本作は夫婦喧嘩の話なのかと思うが実はそうでもない。夫婦の間の問題を描いてはいるもののそれは喧嘩ではなく、むしろ喧嘩で... (9月30日)
グッバイ・クルエル・ワールド
社会問題とリアリティのない世界観を混ぜ合わせて描かれるどこにも救いのない世界。冒頭から無害っぽい若者が明らかに危なそうな人たちのところへ金を運んでいる。最近よく... (9月16日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

アカウント作成

ライナー最新号

2022年11月25日号
2022年11月25日号
男山の新作です
寿司と呑みたい日本酒
「つまみつつ」本日発売
紙面を見る

ピックアップ

注目グルメ
注目グルメ
無添加の優しい甘み
東川町TamJam
ワイン用ぶどうジャム
地元のうつわ。
地元のうつわ。
旭川と近郊で見つけた
素敵な作品を20代の
スタッフが紹介します
シネマの時間
シネマの時間
映画ライター・ケン坊が
新作映画を語る
ザリガニの鳴くところ
昭和喫茶探訪
昭和喫茶探訪
30代ライナー社員が
喫茶店のノスタルジックな魅力にふれる
つくろう旬レシピ
つくろう旬レシピ
ジューシーなもも肉と
旬のきのこがたっぷり
香り豊かな一品です
不動産情報
不動産情報
不動産・リフォーム等
住まいに関する情報を公開中
ラーメンマップ
ラーメンマップ
ラーメン食べたいなぁ
そんなときは専用マップで探してみよう
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
11/22~28の運勢

ページの最上段に戻る