1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. 味な人
  4. 河部 貞子さん

会いに行きたくなる顔と味
ひとが大好きな仕事人

河部 貞子さん

大阪屋精肉店

大阪屋精肉店
穏やかな口調とは裏腹に、慣れた手つきでスピーディに捌いていく姿はまさに職人。取材中には豚みそ漬けをストーブの上で焼き、味見させてくれました。フライパンで焼くだけでできるごちそうです。

住宅街に、知る人ぞ知る昔ながらの市場があります。精肉店と魚屋、2軒だけの入居ですが、店主たちの気さくな人柄に、3代に渡って通う家族も少なくありません。

笑顔がチャーミングな河部さんは御年74歳。昭和48年に精肉店を営んでいた夫と結婚し、肉屋人生がスタートしました。けれど実は、肉は好きではなく、仕事がいやでいやで逃げ出したこともあったとか。今では笑い話ですが「壁一面がバラ肉になった悪夢を見た」ほど、思い詰めた時期もあったといいます。

平成元年、二人三脚で働いてきた夫を病気で亡くしました。それでも3人の子供を育てるため、覚悟を決めて葬儀から3日で店を再開。そこからはひとりで30年以上お店と家族を守ってきました。「毎年、来年はあるのかしらと不安になりますよ。でもお客さんに恵まれて、ここまでやってこられた」とにっこり。

いちおしは、夫から引き継いだレシピで作るジンギスカンと豚肉のみそ漬け。肉が苦手な河部さんが厳選するので、やわらかくて臭みがなく、食べやすい味わいです。注文が入ってからカットしてタレに漬け込むため、電話で事前予約するのが常連の流儀。お客さんとの会話が何よりも好きだという河部さん。お客さんを愛し愛されながら、肉屋人生はまだまだ続きます。


大阪屋精肉店
旭川市6条通24丁目379 あさひストアー内
☎0166-31-5822
営業時間 10:00〜18:00
定休日 日曜、祝日

関連キーワード

味な人 バックナンバー

株式会社㋥河井商店 河井 隆郎さん
旭川にワイン文化が根付いたのは、この酒屋のおかげかもしれません。創業113年を迎える老舗で、まだ旭川では誰もワインを口にしたことがない45年前に、先代の父・秀基... (6月28日)
Chirai(チライ) 嵯城 要介さん
「手に職をつけろ」。建設業を営む祖父の教えを守り、ホテルやレストランで料理人として腕を磨き、3年前に念願の独立。家族で江丹別に移住して、自宅を併設したフレンチレ... (5月31日)
有限会社 助安農場 助安誠二さん 高安祥吾さん
近隣スーパーの産直コーナーでお馴染みとなった、超特大の「ジャンボシイタケ」。鷹栖町にある助安(すけやす)農場で生産しています。 現会長・誠二さん(左)の祖父は1... (4月28日)
Wolves tracks small batch chocolate(ウルブズ トラックス スモールバッチチョコレート) 土村 尚貴さん
旭川出身。航空自衛官として戦闘機の整備士を務めていた異色な経歴の持ち主です。全国を渡り歩いて様々な食や文化に刺激を受け、好きなモノを作って、自分の思いを形にした... (3月22日)
ぶたバルすぎもとキッチン 押切 和也さん
西神楽の養豚場・すぎもとファームの豚肉を、フレンチの要素を加えた華やかな洋食に変身させる押切シェフ。気軽に通え、肩ひじ張らずに楽しめる店を目指しています。 旭川... (2月18日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

アカウント作成

ライナー最新号

2022年6月28日号
2022年6月28日号
休憩タイムにほっと一息
ほんやり、喉をうるおして
【特集】サマードリンク
紙面を見る

ピックアップ

味な人
味な人
創業113年の老舗
河井商店4代目
河井 隆郎さん
つくろう旬レシピ
つくろう旬レシピ
家庭菜園でも人気の
オクラとトマトで
和風ペペロンチーノ
昭和喫茶探訪
昭和喫茶探訪
30代ライナー社員が
喫茶店のノスタルジックな魅力にふれる
お通しダイアリー
お通しダイアリー
行ってみなけりゃ
出会えない。
今宵訪れたのは…
注目グルメ
注目グルメ
食感を楽しむ
フランス伝統菓子
サロンドールのカヌレ
不動産情報
不動産情報
不動産・リフォーム等
住まいに関する情報を公開中
ラーメンマップ
ラーメンマップ
ラーメン食べたいなぁ
そんなときは専用マップで探してみよう
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
6/28~7/4の運勢

ページの最上段に戻る