1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. シネマの時間
  4. モーリタニアン 黒塗りの記録

守るべきものは

モーリタニアン
黒塗りの記録

ⓒ2020 EROS INTERNATIONAL, PLC. ALL RIGHTS RESERVED.

大きな悪を目にしたとき、人は恐怖を感じる。耐えがたい恐怖は怒りに姿を変え、怒りの炎は正義の仮面で覆われる。正しさを振りかざし、悪は滅ぼせ、我らを脅かすものは許すなという論調が抑えきれないものとなる。近年日本でも、こうした論調がSNSなどで暴走していく様子を目にすることが増えた。法治国家であるはずなのに、法の裁きを待つことなく私刑のように断罪は行われる。その根っこにあるのは恐怖だ。

アメリカにとって歴史を揺るがすような恐怖であった9.11のテロ。理性的な判断を下せなくなるのも頷ける。だが、だからといって法を踏み外して不当な人権侵害が行われて良いはずはない。大国の国民感情を満たすために悪が黙認されて良いはずはない。とはいえ圧倒的多数の世論を敵に回して正しきを訴えるのは並外れた精神力を要する。本作は、そんな並外れた良心を持つ人たちがそれぞれの信念を貫き、恐怖に打ち勝って正義を取り戻すことを訴えた物語だ。実在の主人公によって書かれた手記をもとに映画化された、事実に基づいた物語なのである。

この映画はアメリカ政府の闇を暴く物語だが、それと同質の闇はわたしやあなたの心にも容易に発生し得るだろう。(映画ライター・ケン坊)

ケン坊がさらに語る!WEB限定おまけコラム

この記事には映画のネタバレが少々含まれているので、まだ映画を見ていない人はその点をご承知おきの上で読んでください。

もっと読む

事実をもとにした物語であり、アメリカ政府の行った、法に外れたいくつもの行為を白日の下に晒すような内容である。このような映画が作られ、全世界に向けて発信されるところにアメリカの本当の強さがある。

この作品はアメリカ政府によって不当に拘束されていた一人のモーリタニア人が、彼についた弁護士と共に政府を告発し、勝訴するまでを描いたドキュメンタリー作品だ。原作はそのモーリタニア人本人の書いた手記で、これが劇中でも彼を弁護するための重要な資料となる。対して政府側からも、9.11の重要な容疑者として拘束している彼を早く死刑にしろという命令が下り、軍の中で起訴に向けて動く人物が現れる。

本作は米英合作で、主人公を弁護する弁護士ナンシーをアメリカのジョディ・フォスターが、起訴すべく動くスチュアート中佐をイギリスのベネディクト・カンバーバッチが演じている。カンバーバッチの演じるスチュアート中佐は9.11テロで友人を亡くしており、事件を憎んでいるし、テロへの怒りも持っている。が、彼は起訴に向け、裁判で勝てるだけの証拠を集めるうちに、被疑者に対して行われていたアメリカ政府による非道な行為の数々を知ることになり、良心に従って行動し始める。

9.11事件は起こった出来事があまりにも大きく、もたらした恐怖も耐えがたく大きかった。それにより正義が見失われ、テロは滅ぼせ、悪は許すな、疑わしきも殺してかまわん、といった論調が膨らんでいった。そんな中で信じるべきものを見失わずに戦うことを選んだナンシーと、軍の内部にいながら理不尽な命令に逆らっても正しきを見ようとしたスチュアート中佐。そして不当な扱いを受けながらもそれを憎むことはしないと言った主人公のモハメドゥ。この作品はテロとの戦いという一見どこも間違っていない行為の裏で、人々はかくも簡単に道を踏み外し、あっという間に非人道的な行為を働く側へ転落するという事実を暴いている。怒りの裏に恐怖が入り込んでいるとき、人は判断を誤りがちだし、それが多数派になったとき、思わぬ暴力と化すこともある。これは本当に深く自省を促される作品であると言える。

関連スポット

ディノスシネマズ旭川(スガイディノス旭川)

各種クレジット・電子マネー使用OK!PayPay、dポイントも対応♪

ディノスシネマズ旭川(スガイディノス旭川)

住所:旭川市大雪通5丁目496-5

TEL:0166-21-1212(代表)/0166-21-1233(映画)

大雪通/アミューズメント

  • 駐車場
  • カードOK
  • 電子マネー可
  • お子様連れ歓迎

関連キーワード

シネマの時間 バックナンバー

ハウス・オブ・グッチ
歴史あるハイブランド「グッチ」。いわゆるブランドものに興味のない人でもその名ぐらいは知っているであろう「グッチ」がファミリービジネスとして衰退していった頃を描い... (1月21日)
決戦は日曜日
ある程度力のある代議士が病床に伏したことで、その代わりとして擁立された政治のことなどほとんどわかっていない代議士の娘。本作は二世として議員を目指すことになる何も... (1月14日)
映画ライター・ケン坊 巣ごもりのお供に、 一気見おすすめ作品9選
感染症対策が日常になって二年近く経過し、ワクチン接種も浸透して落ち着きの兆しが見えた矢先にまた新たなタイプが現れるなど、まだまだ予断を許さない状況が続いている。... (12月21日)
フラ・フラダンス
ハワイアンをテーマにしたリゾート施設に、専属フラダンサーとして就職した主人公。彼女と同期入社の仲間たちが日々をひたむきに生きる姿を描いたアニメ作品である。アイド... (12月10日)
ミュジコフィリア
芸術ってよくわからない。特に現代美術とか現代音楽、なにをやっているのか、どう楽しめばいいのかわからない。そういう人は決して少なくないだろう。この映画は音楽の世界... (11月26日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

アカウント作成

ライナー最新号

2022年1月18日号
2022年1月18日号
一番人気はどこだ?
旭川ラーメングランプリ
まずはしお!結果発表
紙面を見る

ピックアップ

つくろう旬レシピ
つくろう旬レシピ
しっとり甘いイモに
爽やかな香りがマッチ
さつまいもの柚子煮
シネマの時間
シネマの時間
ハイブランド一家の
欲にまみれた泥沼劇
ハウス・オブ・グッチ
お通しダイアリー
お通しダイアリー
行ってみなけりゃ
出会えない。
今宵訪れたのは…
注目グルメ
注目グルメ
軽めの赤と合わせて
上川町産ニジマスの
香草チーズ焼き
ここでもラーメン
ここでもラーメン
ラーメン屋じゃないのに、激うま!
意外なお店の一杯
不動産情報
不動産情報
不動産・リフォーム等
住まいに関する情報を公開中
ラーメンマップ
ラーメンマップ
ラーメン食べたいなぁ
そんなときは専用マップで探してみよう
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
1/18~24の運勢

ページの最上段に戻る