1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. シネマの時間
  4. 蜜蜂と遠雷

天を、地を、世界を、鳴らせ。

蜜蜂と遠雷

ⓒ2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会

いきなり本番だ。ピアノコンクールを戦う4人を描いた物語、その予告編を見て想像していたのは、コンクールを目指してそれぞれに奮闘し、さぁ本番を迎えるぞ!というようなもの。しかし本作は違った。「目指して」の部分が描かれないままいきなり本番なのだ。予選ではあるけれど本番である。その展開の速さには度肝を抜かれた。

譜面通り、指示通りに完璧な演奏をするエリート系、指示から逸脱してでも感情を揺さぶるような演奏をする天才系、影を背負ったわけありだけどトラウマを克服したらすごい系、天才からは遠く限りなく一般人だけれどなかなかどうして心に響く系。4人ともピアノコンクールものによくあるステレオタイプなキャラクターだ。しかし。彼らには互いに競うという感覚がない。唯一勝ちにこだわって描かれるのは脇役として描かれている人物だけで、その他は一貫して奏でる喜びを描いている。音楽は素晴らしいという信念に貫かれている。よくあるキャラクターを配していながらまったく新しい感覚の映画に仕上がっているのだ。あっけなく描かれた人物描写は突けば突っ込みどころはたくさんある。でもそんなことは気にならないぐらい、この映画は鳴っている。(映画ライター・ケン坊)

ケン坊がさらに語る!WEB限定おまけコラム

この記事には映画のネタバレが少々含まれているので、まだ映画を見ていない人はその点をご承知おきの上で読んでください。

もっと読む

ピアノコンクールものというのは過去にもいくつかあり、だいたい定型がある。実際のコンクールはそんなにわかりやすいものではないだろうけれど、エンターテイメントにしようと思うとどうしたってある種のパターンにはまらざるを得ない。完璧な演奏を見せるエリートピアニストとピアノを純粋に楽しむ天才の対決、世界的な指導者と転落した天才それぞれの弟子対決、一旦落ちぶれてから這い上がる天才の物語、などなど。本作はそんな中にあって、まずそれぞれの指導者というものがあまり描かれない。メインの4人は見事にステレオタイプなキャラ付けをされているけれど、「対決」としては描かれていない。当人たち同士が、あまり競っているという風ではないのだ。むしろ互いに良い影響を与え合い、喜びを分け合っているように見える。

メインの4人のうち、なんとなく素性がわかるのはパパさんピアニストである明石だけだ。彼についてもそう多くが語られるわけではないのだが、描かれている内容だけで一通り納得できるだけの人物像が掴める。しかしその他の3人についてはわからない。マサルは亜夜の幼馴染っぽいことは描かれているけれど、どういう経緯で幼馴染だったのか、彼はそもそも日本人なのか日系人なのかそういったことも描かれない。亜夜は7年間ピアノの世界から離れていたということが描かれ、その7年前にピアノの先生でもあった母を亡くしているらしいことが描かれる。しかしトラウマになったコンクールの出来事の直接の原因が母の死なのか、母はなぜ死んだのか、母が亡くなった直後のコンクールをなぜ棄権しなかったのか、そもそも父親はいないのか。さらに、なぜ今回戻ってきたのか、ということも描かれない。そして謎の天才である塵。彼に至ってはもうほとんど何も描かれない。ピアノの神様とされるピアニストの教え子だ、ということは描かれるけれど、なぜその教えを受けられることになったのか、どこから登場したのかといったことは描かれない。つまり、全般に人物についてはほとんど何も描かれていないのである。さらに、コンクールものとして、コンクールを目指している部分を一切描いていないということは新しい。いきなり予選から始まり、トントンとテンポ良く話が進む。ストーリーはあっけなく描き、演奏はじっくり見せる。これはコンクールという舞台を使って、ストーリーではなく音楽を見せたい作品なのではないか。

そして、そういう観点で見ると音楽についてはかなりこだわりを持って作られている。演奏シーンはフルサイズではないもののしっかりと時間を取って見せ、溢れ出てくるピアノの音に包み込まれるような感覚を覚える。それだけに、終盤、本戦の亜夜の演奏中に審査員が会話するシーンは残念だ。まともな審査員が、天才が完全復活を遂げた演奏中に隣の審査員と話したりするものか。そんな会話は演奏が終わった後ですれば良い。演奏後に亜夜が立ち上がった後、拍手に包まれながら審査員の会話をカットバックで入れればいいのにと思えてならなかった。それ以外はとても良かっただけに、最クライマックスでのこの演出はがっかりであった。

関連スポット

イオンシネマ旭川駅前

道北最大級の8スクリーン1,200席

イオンシネマ旭川駅前

住所:旭川市宮下通7丁目2番5号 イオンモール旭川駅前4F

TEL:0166-74-6411/駐車場:900台

  • 駐車場
ディノスシネマズ旭川(スガイディノス旭川)

ディノスシネマズ旭川(スガイディノス旭川)

住所:旭川市大雪通5丁目496-5

TEL:0166-21-1212(代表)/0166-21-1233(映画)

関連キーワード

シネマの時間 バックナンバー

アド・アストラ
円熟のブラッド・ピットが、宇宙の果てで行方不明になったトミー・リー・ジョーンズ父さんを追って43億キロを旅する、という物語。用意されたSF要素はなかなかハードで... (9月27日)
記憶にございません!
痛いところを突かれて立場が悪くなってきたときにどう行動するのか。そこに人の誠意というのが出るのかもしれない。こと政治の世界では、簡単には否を認めない(もしかする... (9月20日)
ロケットマン
フレディ・マーキュリーの半生を描いた『ボヘミアン・ラプソディ』のヒットも記憶に新しい中、今度はエルトン・ジョンを描いた映画がやってきた。フレディは故人だがエルト... (9月3日)
天気の子
北海道にいると感じないけれど、ここ数年、それまで見たことのない自然現象が頻発するようになった。ゲリラ豪雨。文字通りバケツの底が抜けたような大量の雨が短時間に、狭... (7月26日)
トイ・ストーリー4
誰もいなくなった部屋でおもちゃたちは何をしているのだろう。そんな世界を描いたトイ・ストーリーの4作目。ウッディ。バズ。ジェシー。おなじみの面々。4作目と聞いて、... (7月19日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

アカウント作成

ライナー最新号

2019年10月11日号
2019年10月11日号
黒毛和牛のシチューなど
ライナーのパパ社員が
夜ごはん作りに挑戦
紙面を見る

ピックアップ

注目グルメ
注目グルメ
無添加で栄養満点
ランプスタンドカフェ
のスムージーボウル
シネマの時間
シネマの時間
凄まじい展開の速さで
奏でる喜び描き尽くす
話題作「蜜蜂と遠雷」
味な人
味な人
旭川の果樹を知って
幅広い出会いを糧に
3代目智哉さんの挑戦
お通しダイアリー
お通しダイアリー
行ってみなけりゃ
出会えない。
今宵訪れたのは…
チアーズ!マミー
チアーズ!マミー
プロに教わる初心者
でも簡単に作れる
メニュー
オープンハウス
オープンハウス
旭川市近郊エリアで
公開中のおうちを
ご紹介します
求人情報
求人情報
旭川市・道北エリアの正社員、アルバイト、パート就職情報
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
10/8~14の運勢

ページの最上段に戻る