1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. チアーズ!マミー
  4. 子供のデビューにもピッタリ 秋こそ家族キャンプ

「チアーズ!マミー」子育てを愉しむヒント

子供のデビューにもピッタリ
秋こそ家族キャンプ

キャンプ=夏のイメージ。でも実はまだまだこれからの季節もキャンプができます。むしろ秋の方が過ごしやすいという声も!今回はアウトドアを愛して止まない、アウトドアショップiGATEイケウチ大雪店の統括マネージャー・佐藤文泰さんに秋キャンプの魅力を教えてもらいました。
4歳と2歳のママ・ライナー記者 阿部洋子


iGATE IKEUCHI daisetsu佐藤 文泰さん

キャンプはもちろん、山登り、トレールランニングなどアウトドア大好き!もっぱら秋キャンプ派で、4歳と2歳のお子さんとも一緒にキャンプをする子育てパパさん。

ちょうど良い温度で快適

手袋やカイロなど“大げさ”なほど防寒の準備をしていくと安心。寒さ対策さえできれば、秋キャンプデビューでも大丈夫♪

夏の炎天下、慣れないテント設営で汗だく。特に夜はテントの中に熱がこもり、なかなか眠りにつけない…なんてニガイ経験をしたことはありませんか?最悪、熱中症になってしまう場合もあるので、特に夏はテント内の換気に注意しなければいけません。

旭川近郊の秋は9月半ばくらいまでなら日中は25度前後、夜は10~15度ほどの気温で快適に過ごせます。夜が寒そうという声が聞こえてきそうですが、重ね着をすれば大丈夫。暑さよりも寒さの方が服装で簡単に体温調節できるので、実は初心者にもハードルが低いのです。長袖&長ズボンのスタイルを基本に、夜のためにフリースやダウンなど冬用の上着を用意しましょう。寝る時は寝袋のほかに、毛布を持っていくと安心です。

気温が低いということは、虫の動きも夏ほど活発ではないというメリットも!虫嫌いな家族がいる人にも秋キャンプはおススメです。

爽やかな朝、美しい夜

秋は紅葉の季節で木々が冬を迎える準備を始めます。木から葉が落ちる季節に、リラックス効果が期待できる化学物質「フィトンチッド」が多く放出されます。色づいた木々を眺めるだけでも十分癒されますが、マイナスイオンとフィトンチッドを感じながら朝に森林の中を散歩すると一日の活力がもらえそうです。

夜は芝生に寝転んで空を見上げて。空気が澄んだ秋の夜空は、晴れていれば夏よりも星が見えます。ほとんどのキャンプ場は最低限の灯りしかないので、運が良ければ流れ星を見つけることもできます。

味覚の秋をキャンプ飯で満喫

ホクホクの根菜類や魚などさまざまな食材が秋に旬を迎えます。食べ頃の食材は、塩コショウを軽く振って、炭火で焼くだけでも十分に旨みが感じられます。

もう少し踏み込んだことがしたいなら、スキレットでカレーやシチューを作るのがおススメ。日が落ちてちょっぴり寒くなってきた頃、旬の野菜がたっぷり入ったアツアツのシチューと炭火でトーストしたパンを食べる、なーんて秋キャンプの醍醐味ですね!スキレットの力で肉も野菜も柔らかに仕上がるから、普段は料理をしないパパと子供のクッキングにもぴったりです。一工夫すると燻製も作れるので、普段家では作らないキャンプ飯に挑戦するのも良い思い出になりそうですね。

スキレットとは、鋳鉄製のフライパンのこと。熱伝導がよくじんわりと食材を暖めるため、温度が下がりにくく、素材をムラなく加熱することができます。煮込みはもちろん、浅い形のラウンドグリルならピザやクレープなどにも◎

家族の距離が縮まる時間を過ごして

季節に関わらず、キャンプは家族の距離を自然と近づけると話す佐藤さん。みんなで協力してテントを張ったり、同じテントで眠ったり、一緒に走り回ったりなど、家から場所を移しただけで日常ではなかなかできない体験ができます。テレビや洗濯機など当たり前に使っている家電がない空間で、より楽しく快適に過ごすためにはどうしたら良いのか家族みんなで考えるのも思い出になるはず。子供が寝た後は、焚火を眺めながら夫婦でゆっくりとした時間を過ごせば、普段は言いにくいことも話せるかもしれません。家族によってキャンプの楽しみ方は千差万別!自分たちにあった楽しみ方をぜひ模索してください。


秋はスズメバチが活発になる季節。巣に近づかない限り襲ってきませんが、建物の中で遭遇したら要注意!スズメバチ自身も出口がわからずパニック状態になっていたり、建物の中に巣があることもあります。発見した場合は、速やかにその場を離れて管理人に報告しましょう。

子連れキャンプデビューに!旭川市内・近郊の おススメスポット

【ひがしかぐら森林公園】
キャンプ用品がすべて借りられるキャンプ場。レンタルすればテントの設営・撤収もスタッフさんがやってくれるから、初めてのキャンプでも安心です。
■上川郡東神楽町25号40 ℡0166-83-3727〈開設期間〉4月下旬~10月下旬

【21世紀の森キャンプ場】
テントサイトはもちろん、6人用のバンガローが全8棟あるのでテント泊が不安な人にもおすすめ。敷地内にはお風呂やドッグラン(ともに無料)もあります。
■旭川市東旭川町瑞穂937 ℡0166-76-2108〈開設期間〉5月1日~11月30日

【カムイの杜公園キャンプ場】
屋外に大型の木製遊具があり、体を動かして思いっきり遊べます。館内には授乳室やおむつ替えスペースもあるので、子連れでも心配なし♪
■旭川市神居町富沢 ℡0166-63-4045〈開設期間〉5月1日~10月31日


取材協力:iGATE IKEUCHI daisetsu 上川郡東神楽町ひじり野南1条6丁目1-1アルティモール東神楽内 ℡0166-73-5523


クスっと笑える育児ネタを
5-7-5の川柳にしてみませんか?

毎月一つイラストにしてコーナーで紹介します。
採用された方にはクオカード500円分プレゼント♪
応募はこちらから

関連キーワード

チアーズ!マミー バックナンバー

子連れで行きたい!ママ(パパもいいよ)忘年会
たまの飲み会なのに子供と一緒だからいつも行く店が決まってしまっている…というママさんも多いのでは?今回はライナーの子育て中ママたちに「こんな子連れ飲み会あったら... (11月12日)
ママにひとり時間をプレゼント♥「パパクッキング」
週1とは言わないから、月に一度だけでもパパが夜ご飯を作ってくれたらどんなにラクか…(もちろん後片付けも込みで!!)。そして月に1回頑張るだけで、ママの機嫌が良く... (10月8日)
子供といっしょに成長できる!動物との暮らし
子供がある程度大きくなると「ペットを飼ってみたい!」と言われたことはありませんか?動物を飼うのが子供の教育に良いことはなんとなくわかるけど、本当にお世話できるの... (9月10日)
夏休みのお出かけにも♪ 上川町で遊ぼう!
旭川から車で約1時間で行ける、大雪山連峰の麓に広がる上川町。道北最大級の温泉街「層雲峡温泉」や遊べるスポットも充実しています。今回は親子で一緒に出かけたくなるス... (7月9日)
日本人のココロに触れる 和の習い事
今回は子供が通える習い事の第二弾。「和」をテーマに書道、和楽器、剣道の3つの教室に潜入してきました。 4歳と2歳のママ・ライナー記者 阿部洋子... (6月11日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

アカウント作成

ライナー最新号

2019年11月12日号
2019年11月12日号
子連れで行きたい
ママ忘年会プラン
特別に作ったよ
紙面を見る

ピックアップ

味な人
味な人
まいど!おおきに!
の精神で拓いてきた
北海道の粉もん文化
注目グルメ
注目グルメ
永山・喫茶セカンドは
リーマンのオアシス
日替り定食700円
お通しダイアリー
お通しダイアリー
行ってみなけりゃ
出会えない。
今宵訪れたのは…
つくろう旬レシピ
つくろう旬レシピ
ホタテじゃないよ
いまが旬・エリンギの
なんちゃって焼き
シネマの時間
シネマの時間
ご都合主義でもよし!
ウィル・スミスと
ウィル・スミスの戦い
オープンハウス
オープンハウス
旭川市近郊エリアで
公開中のおうちを
ご紹介します
求人情報
求人情報
旭川市・道北エリアの正社員、アルバイト、パート就職情報
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
11/12~11/18の運勢

ページの最上段に戻る