1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. よみもの
  4. シネマの時間
  5. えいがのおそ松さん

これでいいのか

えいがのおそ松さん

©赤塚不二夫/えいがのおそ松さん製作委員会 2019

困った。この連載始まって以来最高に困った。この作品には熱狂的なファンが大勢いて、公開初日の映画館はそういう人で溢れかえっていた。そういうファンではない人にこの作品をどう紹介したらいいのか、とても困ったのだ。

全然面白くない楽屋落ちの前説は実写版銀魂のものに及ばないし、品格のない下品さはクレヨンしんちゃんに及ばない。とってつけたようなストーリーはひたすら薄く、メッセージには説得力がない。散りばめられたパロディは安直だし演出はベタだ。

ではいいところはないのかと言えばそんなこともない。声優の芝居はものすごいことになっているし、クライマックスの作画はアニメーションとしてとても楽しい。終盤から登場する手紙は、差出人像も内容もわからないという状態で文学のようにひたすら遅延され、ラスト10分で物語は急展開を見せる。この辺は実に面白い。序盤の印象がひっくり返っていい気分でエンドロールを迎えられる。それなのにエンドロール後の蛇足がひどくて興醒めになってしまった。

全般に作品の人気に寄り掛かった映画という印象は否めないが、後半には少々マニアックではあるものの確かになんらかの魅力がある。(映画ライター・ケン坊)

ケン坊がさらに語る!WEB限定おまけコラム

この記事には映画のネタバレが少々含まれているので、まだ映画を見ていない人はその点をご承知おきの上で読んでください。

もっと読む

言いたいことというのがなんとなくある。ありそうな気配はする。しかし、書いた人がそれを信じているのかというところに疑いがある。我らが六つ子たちはニートで童貞だそうだ。何歳なのだろう。本作に具体的な年齢は出てこないけれど、それほど年が行っているわけではないはずだ。だとしたら高校三年生のころのことを忘れすぎなのではないかという気がする。数年でそんなに曖昧にはならないだろう。それなのに六人が六人とも、高三のころの記憶をほとんど持っていない。もちろん、お話としてそういう状況が必要だからだ。

物語は高校の卒業式の前日を舞台にしている。ニートな六人が記憶の中の世界へトリップしてしまい、過去の自分たちとやり残したことをやるというような話だ。悩める若き日の自分に会いに行き、自分自身の背中を押す。いい話になりそうな気配がそこにはある。が。彼らはニートなのだ。仕事なし彼女なしという状態を自分たち自身もあまり良い状態だとは思っていない。にもかかわらず過去の自分を前にして、「おまえはそのままでいい」という。確かに彼らは楽しそうだ。でも楽しいからいいんだ、という自信がみなぎっているわけでもない。その中途半端な姿勢が作品全体を中途半端なところにとどめてしまう。いくつかのキャラクターを使って「そのままでいい」ということを訴えるのだけれど、書いている本人が本当にそう思っているのか、という疑問がわく。その疑問が映画の中に漂っているところに問題があると思う。

終盤、そもそものきっかけは読むことができなかった一通の手紙であるということが判明する。判明したあとはその差出人である「高橋さん」という人物がにおわされ、ひたすら遅延される。読めなかった手紙の中身もわからないまま遅延される。この遅延はほとんど文学のようで、この作品の中で唯一うまくいっている。見ている僕らは高橋さんのことが気になる。手紙の内容も気になる。しかしなかなか高橋さんに行きつかない。本人不在のまま名前だけが中心にある。この映画で最も面白かった部分は、個人的にはここだった。

ラスト10分、満を持して高橋さんが登場する。手紙は結局読めずじまいだったけれど、ラストで高橋さんによる朗読という形で披露される。ここにある種のカタルシスがあって、それまで見てきた作品の印象がひっくり返る。正直な話、途中かなりしょーもないな、と思って見ていた私はここに至って大いに満足した。急転直下ぶりの驚きも含めて感心したのだ。気持ちよくエンドロールを迎える。

なのに。なぜエンドロールの後に蛇足を付けるのか。観客が冒頭の絵を忘れているだろうからという親切心なのか。この蛇足が興醒めで、せっかく盛り返した印象がまた暴落したのだった。今回ばかりはエンドロールが始まったところで席を立ってしまえばその方が後味は良かったのではないかと思った。

関連スポット

シネプレックス旭川

シネプレックス旭川

住所:旭川市永山12条3丁目ウエスタンパワーズ内

TEL:0570-783-882

永山/アミューズメント

関連キーワード

シネマの時間 バックナンバー

まく子
かつて何の疑問もなく子どもだった。どこかで扉を開けるように大人になるのだと思っていた。でも子どもから大人への変化は少しずつ現れ、ある日突然ではなくだんだん大人に... (4月19日)
運び屋
デイリリーに半生を捧げてきた園芸屋のおじいさん。時代はネット通販全盛。古い方法の商売が通用しなくなって店をたたむことに。おじいさんは90歳だからもう隠居したって... (3月15日)
アリータ:バトル・エンジェル
巨大ロボットが怪獣と戦ったり、機械生命体が大暴れしたり、桁外れの宇宙船が降りてきたり、パワードスーツを着たヒゲオヤジが空飛んだり、およそとんでもない映像は出尽く... (3月1日)
七つの会議
「24時間戦えますか、ビジネスマーン」という歌が昔、あった。今で言うエナジードリンク的なもののコマーシャルだった。ビジネスマンは企業戦士などと呼ばれ、寝る間も惜... (2月8日)
TAXi ダイヤモンド・ミッション
本質とはまるで関係ない小さな要素が気になってしまい、そのせいで本来見るべきものに目がいかなくなる、そんな経験あるでしょう。『TAXi ダイヤモンド・ミッション』... (1月25日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

新規会員登録

ライナー最新号

2019年4月23日号
2019年4月23日号
旭山動物園前に新スポット
コンテナを再利用した
カフェで軽食やスイーツ
紙面を見る

ピックアップ

注目グルメ
注目グルメ
豆と雑穀が10種以上
肉なしでも味わい深い
深川そばの実カレー
シネマの時間
シネマの時間
戸惑う大人への変化
西可奈子の小説
「まく子」を実写化
お通しダイアリー
お通しダイアリー
行ってみなけりゃ
出会えない。
今宵訪れたのは…
つくろう旬レシピ
つくろう旬レシピ
エッグベネディクト
フレンチトーストに
春野菜を添えて
チアーズ!マミー
チアーズ!マミー
絵本講師に聞きました
思い出に残る
絵本との過ごし方
味な人
味な人
北海道を好きになって
ここは体験観光酒場
大舟・馬場博文さん
求人情報
求人情報
旭川市・道北エリアの正社員、アルバイト、パート就職情報
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
4/23~4/29の運勢

ページの最上段に戻る