1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. よみもの
  4. 味な人
  5. 前川 俊哉さん

創業110年老舗茶屋の5代目
酒の世界に新風を吹き込む

前川 俊哉さん

前川茶舗/喫茶マルサ

前川茶舗/喫茶マルサ
毎日のティーブレイクには、一昨年販売を始めた特製缶「抹茶割り用抹茶」(100グラム6800円)を利用。宇治抹茶をベースに数種類をブレンドしていて、氷たっぷりのタンブラーになみなみと注いだ濃い目のお茶をラフに飲む姿はなんとも健康的!昨夏には買物公園を舞台に自作のPVを製作。ユーチューブで公開しています

食べマルシェやさんろく祭りで数年前からひそかに人気の、お茶屋さん発のお酒を知っていますか?昨年創業110年を迎えた老舗・前川茶舗併設のカフェ「マルサ」で販売する、「抹茶ビール」、「抹茶割り」などがそうです。

酒飲みの間では昨年からじわじわとお茶割りがブームですが、先んじて旭川で本格的にこれを始めたのは前川茶舗の5代目・俊哉さん。「8年前、抹茶ビールの名前をインターネット上で見かけて。写真はなかったので、試行錯誤で作ってみたのが始まりです」。茶せんで濃い目に点てた上質な抹茶に、軽い苦味のサッポロクラシックを注ぎます。一方の抹茶粉末と焼酎をシェイクした抹茶割りは、甘やかな茶葉の味わいと青い風味を感じられる一杯。このほか抹茶ミルクや煎茶割りなど、「酒×茶」の多彩なバリエーションを提案しています。

俊哉さんは18歳からの8年間、接客を学びたいと旭川市内でバーテンダーとして働いていました。抹茶ビールはこのときに生まれたもの。26歳で家業を継いだ際、こちらも60年の歴史がある純喫茶「マルサ」の夜の部で酒類を提供するようになりました。「知人の茶道の先生は邪道だって怒っちゃって。でも実際飲んだら『おいしい!』って認めてくれたんです」。

個性的な見た目と味わいが噂になって、旭川市内の飲食店から卸の依頼がくるようになりました。今では80店以上で抹茶割りを楽しめます。

「急須離れが進む中、若い人にも抹茶の魅力や楽しみ方を伝えたい。そのためには手軽に、身近であること」。お茶屋さんの長い歴史に新風を吹き込む俊哉さんの感性が、いま少しずつ同世代にも浸透しています。

前川茶舗/喫茶マルサ
旭川市5条通8丁目
TEL 0166-23-4065
営業時間/9:00~18:00
※マルサでの酒類提供は20:00以降
https://www.facebook.com/marusa108/

関連キーワード

味な人 バックナンバー

湯元 湧駒荘 竹内 崇さん
センター試験の申し込みをしそびれてしまったのが料理人のはじまりでした。進学を取りやめ、旅館を営む両親の勧めで板前になる決心をし、紹介してもらった東京・赤坂の割烹... (2月12日)
幸せごはん 夢いち 水越 友亮さん
若いころは金髪にスカジャン。素行不良でとんでもなくひねくれていたという、豊岡の小料理屋「幸せごはん 夢いち」を切り盛りする水越友亮さん。 札幌で生まれ育ち、多感... (12月25日)
手打ちそば処 淳真 山崎 淳司さん
「冬でもざるそば食べるような子だった」と振り返るのは、士別市多寄町にそば屋「淳真」を構える山崎淳司さんです。高校まで旭川で過ごし、札幌の大学を卒業後は一般企業に... (10月19日)
PIZZA STAND passatempo(パッサテンポ) 立川 巧さん
軽快な音楽に合わせ、身体の周りをクルクル回り、時には激しく宙を舞う白い円盤。まるで生き物と戯れているかのように巧みな手さばきでピザ生地を操る立川巧さんは、ピザア... (9月21日)
レストラン仏蘭西亭 紙谷 侑さん
バーテンダー歴は60年。すっと背筋を伸ばしてシェイカーを振る姿には、かくしゃくとした気品が漂います。日本バーテンダー協会旭川支部の常任相談役を務めるレストラン仏... (8月28日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

新規会員登録

ライナー最新号

2019年2月19日号
2019年2月19日号
農家さんがつくる
道内チーズが大集合
3・24日にフェスタ
紙面を見る

ページの最上段に戻る