1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. よみもの
  4. 味な人
  5. 藤丸 正雄さん

生涯続く料理人としての人生
基本に忠実に進化し続ける味

藤丸 正雄さん

花まる亭

花まる亭
「あっという間の40年でしたが、どんな時も結局店のことばかり考えてしまうんです」と藤丸さん。愛用の包丁を握り、今日も変わらずカウンターに立ちます

旭川や東京の日本料理店などで下積み時代を過ごし、札幌で叔父が営んでいた郷土料理の店を経て独立したのが30歳。北海道の力強い大地や山、海を連想させるような素材を生かした「創作えぞ料理の店」として、はなまる亭は産声を上げました。

開店にあたって、何か名物をと考案したのが今も店の代名詞となっている「ペロンタン汁」です。父や叔父が天売島の出身だったこともあり、藤丸さん自身も幼いころから親しんでいた郷土料理のクジラ汁にヒントを得て、かつお、鶏、野菜、それぞれから丁寧に取った出汁と醤油を合わせ、クジラの脂でコクを出しています。具材は旭川周辺でとれる良質なかぼちゃを丸めた、いわゆる団子汁。「食感がつるつるしていてペロンと口に入るから、そのまま名前にしちゃいました」と笑います。他にも肝を使ったソースでいただくアワビのステーキや白トウモロコシの天ぷらなど、ここでしか味わうことのできない数々の「えぞ料理」を作り上げてきました。

創業当初は自身も若く、同世代のお客さんで賑わう居酒屋のような雰囲気でした。それから40年以上の月日が経ち「みんなそれぞれ歳をとって、ありがたいことに家族の祝い事など、大切な場面で利用してくれることが増えました」。現在では一品料理に加え女性向けや会席、郷土料理などのコースメニューも豊富に取り揃えて、客人たちを迎えています。

「音楽家が自分だけの音を追求するように、一口味わえばそれがすぐにうちの味だと分かるような料理をこれからも提供していきたい」と話す藤丸さん。代替わりしても変わってはいけない「花まるの味」を守り続けるため、後進の育成にも励みます。

関連スポット

花まる亭

深い味わい

花まる亭

住所:旭川市3条通8丁目(3・4仲通り)

TEL:0166-26-7206/定休日:日曜(月曜祝日の場合は日曜営業、月曜休み)

3条通/和食・寿司・割烹

  • ランチ
  • カードOK
  • ペット不可

関連キーワード

味な人 バックナンバー

湯元 湧駒荘 竹内 崇さん
センター試験の申し込みをしそびれてしまったのが料理人のはじまりでした。進学を取りやめ、旅館を営む両親の勧めで板前になる決心をし、紹介してもらった東京・赤坂の割烹... (2月12日)
前川茶舗/喫茶マルサ 前川 俊哉さん
食べマルシェやさんろく祭りで数年前からひそかに人気の、お茶屋さん発のお酒を知っていますか?昨年創業110年を迎えた老舗・前川茶舗併設のカフェ「マルサ」で販売する... (1月18日)
幸せごはん 夢いち 水越 友亮さん
若いころは金髪にスカジャン。素行不良でとんでもなくひねくれていたという、豊岡の小料理屋「幸せごはん 夢いち」を切り盛りする水越友亮さん。 札幌で生まれ育ち、多感... (12月25日)
手打ちそば処 淳真 山崎 淳司さん
「冬でもざるそば食べるような子だった」と振り返るのは、士別市多寄町にそば屋「淳真」を構える山崎淳司さんです。高校まで旭川で過ごし、札幌の大学を卒業後は一般企業に... (10月19日)
PIZZA STAND passatempo(パッサテンポ) 立川 巧さん
軽快な音楽に合わせ、身体の周りをクルクル回り、時には激しく宙を舞う白い円盤。まるで生き物と戯れているかのように巧みな手さばきでピザ生地を操る立川巧さんは、ピザア... (9月21日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

新規会員登録

ライナー最新号

2019年2月22日号
2019年2月22日号
店内にカフェも登場
パティスリーフゥ!!
23・24日移転オープン
紙面を見る

ページの最上段に戻る