1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. グルメ
  4. まりのワイン探訪③ ワインもひとつの農産物

ここで生まれたあなたを知りたい

まりのワイン探訪③
ワインもひとつの農産物

有限会社多田農園

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
内容のー部もしくは全部が変更されてる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

この日、旭川をはじめとする道北地方の各地では市街地で初雪を観測。
ベベルイ川の清らかな響きの中、しんしんと積もる雪…それは初雪とは思えぬほどの降雪で、ぶどう畑は一瞬にして真っ白な世界に包まれています。
わたしたちを迎えてくれたのは愛らしいワインショップ。
急遽お休みとなった剪定作業の貴重なお時間、オーナーである多田繁夫さんのお話を伺うことが出来ました。
実はライナーでは以前にも取材をさせていただいたことがあり、その当時(2014年)は3種類のぶどうを栽培、委託醸造を行っていた頃で、憶えてくださっている方もおられることと思います。

2007年、700本のピノ・ノワールの苗木から始まった多田ヴィンヤードは、偶然の連続の中、障がいをもった人たちに働く場としてぶどう畑が最適であるという確信のもと、働く場の提供を第一目的として増殖をされてきました。
主に栽培されいているのはヴィティス・ヴィニフェラ種。品種は多岐にわたり、ピノ・ノワール、シャルドネ、バッカス、メルロ、キャンベル、ナイヤガラ、カベルネ・ソーヴィニヨンなどで、ミューラートルガウを増殖され、シラーを試験栽培中でもあり、近年はりんご栽培にも着手されています。
収量が増えるにつれワインの評価も上がり、現在ではおよそ4ヘクタールに、約7,000本の樹々を守っていらっしゃいます。
何よりも大きな変化は、ワイン造りをはじめて10年目の秋、自前の醸造所が稼働したことでしょう。
北海道で33番目のワイナリーとなった多田ワイナリーは、50年前からある建物を利用して設えており、室内には整然とタンクが並んでいます。10Rワイナリーや宝水ワイナリーで醸造していた頃と同様に、野生酵母で特徴的なワインを醸しています。

経験豊富で見聞も広い多田さんは、お付き合いのあるワイナリーはもちろん、醸造家、栽培家との繋がりも多く、各地の皆さんと交流を深め、情報交換をなさっています。
かつて病気や凍害でご苦労されいた時期、6〜7年前は植え替えをすすめられたほどに元気をなくしていたぶどうの樹々は、この4〜5年で少しずつ回復の兆しが見えはじめ、今年はかなり良い状態になってきているそうです。
「苗木が育つのまで4〜5年かかるものだが、ダメージからの回復も同様に時間がかかる。
イメージしている樹の姿にもっていくための手入れを続け、見守っていくことが大切。」多田さんは静かに語ります。
大変な時期にアドバイスをくださっていた原料供給農家の方が最近の回復の様子に驚かれ、素晴らしい復活劇を産んだ多田さんのスタイルを絶賛したとのこと。
「ほめられて嬉しかった。」とちょっと照れくさそうに語る多田さんの微笑みに胸キュンでした。
寒さに弱いヨーロッパ品種はただでさえ冬を越すのが難しいと言われていますが、この富良野盆地は寒暖の差が大きく、時にその差は60℃を超える程。
醸造用ぶどう栽培にとって厳しい気候の中、長年に渡りぶどう達と歩んできた多田さんの瞳には、優しさやあたたかさとともに、力強さを感じずにいられませんでした。
ぶどう造り、そしてワイン醸造に向き合う真摯な姿、柔和な笑顔の奥にとても説得力があり、
多田さんが紡ぎ出す「ワインは農産物」という言葉の意味を、あらためて深く感じさせていただきました。

お話を伺った次にご案内いただいたのは倉庫。この中には、これからラベル貼りをされ出荷を待っているボトルたちが所狭しと積み上げれれています。
どんな場面で抜栓され、どんなお料理と合わせて楽しまれるのだろう…と、妄想がどんどん膨らみ、その箱の山に囲まれているだけで興奮してしまいます。
そして、なんとこの日は圧搾作業の真っ最中で、ガラス越しに醸造長のお仕事を拝見することが出来ました。

見学させていただいた時間帯はまさにプレス作業の真っ最中。
タンクから果実を取り出し、きびきびと作業が進められています。
圧搾されたプレスワインはこの後フリーランワインに混和され、ゆっくりとバランスを調えながら風味を向上させていくのです。

2020年はぶどうにとって恵まれた気候で、灰色かび病や鳥害も少なく、糖度も上出来でした。
10月12日、バッカスから今年の収穫が開始し、その次(17日)のシャルドネは、近年にないとても良い状態での収穫ができたそうです。
10月28日からは剪定作業が行われ(お邪魔した日は降雪が多かったため急遽様子を見ておやすみ)11月下旬までは基本的に、雨の日も雪の日も剪定が続いていきます。
ワイン造り、ぶどう栽培には休みがありません。
これから冬を乗り切り、芽吹きの春を迎え、畑の仕事やワインの醸造だけでなく、多田さんみずから各地をまわったり、取引先への訪問など精力的にこなされるそうです。
あらゆる手間をかけて育んできた実り、凝縮されたその果汁は、手掛けた皆さんの思いと共にじっくり熟成されていきます。時を経て仕上がったひとしずくには大変な愛着がわくことでしょう。

小学校側に植えられたりんごはぶどうに先駆け、10月8日から収穫スタート。
トップバッターは紅玉、800kgありましたが、虫食いなどの被害のため選定後は600kg、大変おいしい果実だったそうです。
その後のシナノゴールドも酸と甘味のバランスが絶妙で、とてもいいりんごに仕上がっていたとのこと。まずはシードルやりんごジュースの試作品づくりをしたり、
今後はりんごの加工(ピューレなど)も見据えて、新商品を開発予定との事で、来季はショップに並ぶ仲間が更に増えていきそうです。

多田ワイナリーで販売されているワインは現在8種。シードルもすべて「よつば舎」あべみちこさんデザインのエチケットで、お客様から大変支持されています。
人気のピノ・ノワールやシャルドネをはじめ、ピノ・ノワールのブランやメルロのブランなど、ちょっと他では出会うことの少ないワインや微発泡のもの、そしてシードルと、とてもバラエティに富んでおり、様々なシチュエーションと合わせて楽しむことができます。

農園にあるショップは基本的に土日の営業で、旭川市内で購入できるお店は現在3箇所、まるしん商店、酒々おがわ、イオンモール旭川駅前きた・キッチン、他には旭川空港や千歳空港の売店でも入手可能です。
ものによってはリリースしてすぐに完売になってしまうものもあるそう。
ネットショップも充実していますので、是非一度、お手にとってみてください。

多田ワイナリーのワインにもっと触れてみたい、という方に大変おすすめなのは、ワインの畑の会です。
こちらではぶどう畑を応援したい「ワインの樹」のオーナーを募集中で1本1口12,000円で入会より3年間、出資のお礼として毎年ワインのプレゼント(箱代送料含む4,000円相当、ということは実質無料!?)があります。
気候によってワインではなく野菜や加工品になることもありますが、そちらもまた楽しみですね。
更に特典として、なんと農園のワインが10%割引!いい事尽くし!
オーナーになると読むことが出来る、多田農園通信もみどころ満載。
多田さんが丁寧に執筆されており、ファーム・ワイナリーの「今」を知ることが出来ます。
ネットショッピングを利用された方にも商品と一緒にお届けされるそうです。

野菜づくりから始まった多田農園は、来年120周年を迎えます。
近くの神社の石碑には入植者として、多田さんのご先祖様の名前がはっきりと記録されているそうです。
明治34年(1901年)からこの地で根を張り、農園、加工品の販売だけでなく、ペンションやカフェといった多角的な経営をされ、ワイナリーとしての活躍も注目される多田さん。
多田さんの描く未来は、現在のぶどう収量の倍にすること、タンクを増やすこと、品質をより高めていくこと、
そして目指すはワインは15,000本。
来年は記念のイベントを行い、収穫の喜びを、たくさんの方と共有できたらと計画されています。
ピノ・ノワール700本から始まった多田さんのストーリー、今後ますます広がっていくことでしょう。人と人のつながりを大切にされている多田さんの、その新たな一歩が、これからも楽しみでなりません。


有限会社 多田農園
〒071-0529 北海道空知郡上富良野町東9線北18号
TEL 0167-45-5935
FAX 0167-45-6012

多田農園
多田ワイナリー


2018年C.N.(キャンベル&ナイヤガラ) 野生酵母

キャンベル60%・ナイヤガラ40%、酸化防止剤(亜硫酸塩)

2018年に収穫したキャンベル&ナイヤガラを野生酵母で発酵して造りました。
豊かな伏流水とエネルギーが集まる富良野岳の麓にある多田農園で、道産キャンベルとナイヤガラを野生酵母で発酵させブレンドし、無濾過でつくった多田ワイナリーの白ワインです。

特徴:柑橘系や花の香りが感じられ、キリッとした酸味が特徴でフレッシュな印象。白身魚のグリルや貝類のシンプルな料理、またチキンのハーブ焼きなどと相性がよさそう。

関連スポット

多田農園・多田ワイナリー

北海道・上富良野 多田農園

多田農園・多田ワイナリー

住所:上富良野町東9線北18号

TEL:0167-45-5935

上富良野町/農業

関連キーワード

トピックス

有限会社多田農園 クーポン利用で全品500円 スタンプラリーも実施中
旭川市は、市内にある34の障害者就労施設でお得に買い物ができるクーポン紙「ふれーるふくし」を発行しました。コロナ禍で対面販売するイベントの中止が続き、商品を生産... (1月16日)
有限会社多田農園 素敵な出会いにご期待を 28日まで参加者募集中
旭川市をはじめ、結婚相談所や旭川信金など婚活を支援する団体で構成されるあさひかわ縁結びネットワークは、2月20日(日)午後1時からJA上川ビル(旭川市宮下通4丁... (1月15日)
有限会社多田農園 東神楽町産ホップ100% クラフトビールあす発売
町民ら有志が作る「東神楽クラフトビールプロジェクト」は、町内(株)ほっとファームの農場で栽培、手摘みしたオーガニックホップだけを使用した地ビール「グリーンマッシ... (1月14日)
有限会社多田農園 警察や消防、海保など7職種 駅前イオンで合同就職説明会
7職種の現役公務員がそれぞれの仕事内容を紹介する合同就職説明会が、1月15日(土)・16日(日)に、イオンモール旭川駅前(旭川市宮下7丁目)4階イオンホールで開... (1月12日)
有限会社多田農園 笑顔100年計画〜世界の歯医者、旅の思い出
歯科治療は世界各国で提供されていますが、中でもインドの歯医者のことで衝撃を受けたことがあります。 昔見たテレビ番組でインドの路上歯医者を紹介していて、そこに写っ... (1月11日)
有限会社多田農園 サイパルに新展示コーナー 錯視・錯覚の作品30点以上
旭川市科学館「サイパル」(旭川市宮前1条3丁目)に、錯視や錯覚、錯聴について、30種類以上の作品を体験できる展示コーナーが登場しました。 場所は1階の常設展示室... (1月10日)
有限会社多田農園 見れば運気マシマシ? トラの3きょうだい
一昨年に父キリルと母ザリアの間に生まれたメイ、シン、リキの3きょうだい。互いにじゃれあったり、色んなものに興味津々だったりと、愛らしい姿を見せてくれています。... (1月7日)
有限会社多田農園 旭川出身の芸人かねきよさん ふるさとで初の寄席公演
旭川出身のお笑い芸人のかねきよ勝則さんがプロデュースする「旭川演芸祭」が3月5日(土)、旭川市公会堂で開かれます。一昨年4月に旭川観光大使に就任したかねきよさん... (1月6日)
有限会社多田農園 身近な「いいデザイン」 みつけて自由に描き留めて
旭川デザイン協議会は、市内の小学4年生から中学2年生を対象に、「旭川でみつけたデザイン絵日記」を募集しています。 デザインの役割や可能性について同協議会ではこれ... (1月5日)
有限会社多田農園 朝霜輝くガーデンも、ついに冬の装いに
12月になってもなかなか雪が積もらなかったので、ぐっと冷え込んだ日の朝は、霜の降りた植物に朝日が当たってキラキラ輝いている姿をよく見かけました。なかなか根雪にな... (12月28日)
有限会社多田農園 コンビニクリップ アンダー500kcalセット編
年末年始の食っちゃ寝生活でサイズアップしちゃった方々に捧げるセット。健康な食生活と適度な運動でメリハリボディを取り戻そう!... (1月11日)
有限会社多田農園 今日も元気にいただきガス! 旭川ガスのお店を動画紹介
25回目の今回は、旭川の「動物園通り」沿いに建つ、時計台が目印の「優鳳」さんにおじゃましました。優鳳さんは、昭和54年創業のラーメン店。長年地域から愛される老舗... (1月8日)
有限会社多田農園 ここでもラーメン⑫ 絶品スープに麺は1.5玉分
護国神社界隈で約50年続く老舗ながら、実はラーメン屋では?とまで思わせる一杯。 職人ならではの丁寧な下処理のもと仕込むスープは、豚骨と鯖節や鰹節、野菜などをじっ... (12月21日)
有限会社多田農園 スーパー惣菜 鶏料理編
いよいよパーティーシーズン到来だ!今年もおうちで家族とゆったり…という人たちにおすすめのお惣菜を紹介するぞ ※表示価格はすべて税込です... (12月21日)
有限会社多田農園 今日も元気にいただきガス! 旭川ガスのお店を動画紹介
ちょっと変わった店名が目を引く、国道39線沿いの人気店「地産食堂ウルエ」さんにお邪魔しました。大粒の雪がちらつく中、真っ白なTシャツ姿なのに一向に寒そうに見えな... (12月18日)
有限会社多田農園 余剰の酒米、食べて応援 「願いを米(こめ)て」販売中
高砂酒造株式会社(旭川市宮下通17丁目)は、醸造できなかった余剰酒米を救おうと、食べる酒米「願いを米て」を販売しています。 コロナ禍で飲食店の休業や時間短縮営業... (1月9日)
有限会社多田農園 経験豊かな教員と母親の目線 親子が安心のデイサービス
昨年11月、元小学校教諭の千葉美保さんが、障害がある子供たちの自立支援を行う放課後等デイサービス事業所「ともに」(旭川市錦町17丁目)を開業しました。 放課後等... (1月8日)
有限会社多田農園 あさひかわ商工会加盟店紹介 Vol.25
令和3年度あさひかわ商工会伴走型小規模事業者支援事業 令和2年3月に国の認定を受けた「あさひかわ商工会経営発達支援計画」に基づき、小規模事業者の皆様の持続的発展... (1月7日)
有限会社多田農園 旭川出身の吉田さん 北海道の魅力伝えたい
世界4大ミス・コンテストの一つで、国際的な地球環境問題を訴える「ミス・アース」の2021年の日本大会で、旭川出身の吉田小夏さんが、北海道代表として初のグランプリ... (12月27日)
有限会社多田農園 国語嫌いも得意な子も 「わかった!」を実感しよう
国語授業の名人といわれる元北海道教育大学教授の野口芳宏さんによる国語教室が、1月7日(金)午後1時半から旭川勤労福祉会館(旭川市6条通4丁目)で開かれます。野口... (12月22日)
有限会社多田農園 経済再生に向けて、リハビリの年に
明けましておめでとうございます。 振り返ればコロナ禍で誰もがもがき苦しんだ2020年でした。当社も直撃を受け、大いに冷や汗をかきました。 三密を避けての分散勤務... (1月1日)
有限会社多田農園 旭川で【テイクアウト】できるお店〜東光・豊岡
旭川市内でテイクアウトできるお店を紹介します 【随時更新中・要事前確認】... (10月19日)
有限会社多田農園 旭川で【テイクアウト】できるお店〜中心部
旭川市内でテイクアウトできるお店を紹介します 【随時更新中・要事前確認】... (10月15日)
有限会社多田農園 旭川で【テイクアウト】できるお店〜新旭川・永山
旭川市内でテイクアウトできるお店を紹介します 【随時更新中・要事前確認】... (10月8日)
有限会社多田農園 旭川で【テイクアウト】できるお店〜神楽・神居
旭川市内でテイクアウトできるお店を紹介します 【随時更新中・要事前確認】... (10月8日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

アカウント作成

ライナー最新号

2022年1月14日号
2022年1月14日号
宮沢りえが怪演
デタラメな主人公が
選挙戦に挑むコメディ
紙面を見る

ピックアップ

注目グルメ
注目グルメ
軽めの赤と合わせて
上川町産ニジマスの
香草チーズ焼き
シネマの時間
シネマの時間
宮沢りえが怪演
デタラメな主人公が
選挙戦を戦うコメディ
お通しダイアリー
お通しダイアリー
行ってみなけりゃ
出会えない。
今宵訪れたのは…
味な人
味な人
海苔も「焼き一生」
日本伝統の技術守る
ヤマムロ菅野敦史さん
ここでもラーメン
ここでもラーメン
ラーメン屋じゃないのに、激うま!
意外なお店の一杯
不動産情報
不動産情報
不動産・リフォーム等
住まいに関する情報を公開中
ラーメンマップ
ラーメンマップ
ラーメン食べたいなぁ
そんなときは専用マップで探してみよう
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
1/11~17の運勢

ページの最上段に戻る