1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. グルメ
  4. まりのワイン探訪① 鷹栖の丘に広がるぶどう畑

ここで生まれたあなたを知りたい

まりのワイン探訪①
鷹栖の丘に広がるぶどう畑

とわ北斗ヴィンヤード

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
内容のー部もしくは全部が変更されてる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

鷹栖町のとある一本道。ゆっくり坂を登りきったところで目に飛び込んできたのは、なだらかにひろがる丘陵、並ぶ果樹達、2つの赤い屋根。
たわわに実った果実を捉えた瞬間、一気に体温があがりました。

北斗地区にある「とわ北斗ヴィンヤード」は2014年から取り組みを始め、現在は3.5ヘクタールの畑に約10,000本のぶどうが栽培されています。
障がいを持つ方の就労支援を行っている「鷹栖共生会とわ北斗」の開所以来、トマトやとうもろこし、アスパラやじゃがいもなど、実に数多くの農作物を手掛け、生産や販売を通じ、利用者さんと地域の皆さんをつないできました。
そんな中、栃木県でワイン造りを取り入れている支援施設の成功例をお手本に、鷹栖町でもぶどうを育ててみよう、と挑戦が始まったそうです。

選んだのはヴィティス・ヴィニフェラ種と呼ばれるヨーロッパ品種のワイン用ぶどう。
この品種は生食用のぶどうに比べて糖度が高く酸が強いのが特徴です。粒が小さく皮や種の比率が大きいのですが、香味成分が非常に多く、芳香豊かな上質なワインを造ることができます。
凍害に強い山ぶどう系の品種よりも寒さには強くはありませんが、北ヨーロッパの寒冷な地方で作られている品種を中心に栽培を広げています。
この日、案内してくださったのは農業係長の林勇人さん。
お好きなワインはスパークリング系や、きれいな酸を感じられるエレガントなタイプで、アルザス地方を意識した品種を選定されています。(完全に好みが一致しており更にテンションが上りました。)
前日はスズメバチに傷つけられた果実を取り除く作業を行っていたとのこと。雨が上がりの朝、青空が垣間見える貴重な収穫の日にお話を伺うことが出来ました。

最初に拝見したのはピノ・ノワールの収穫風景。剪定鋏を使い収穫するスタッフの皆さんが慎重に作業を進めています。2020年のシーズンは気候に恵まれ、ぶどうにとっても生産者にとっても良い年だったとのそうで、収量に関連した事柄はクリアし、品質に関しては晩夏の夜の気温が高かったことや収穫間近に降雨が続いたことで水っぽさが加わった懸念はありましたが、ぶどうはしっかり生育し、生命力に満ち溢れた果実が、かごいっぱいに輝いていました。
次にお邪魔したのはゲヴェルツトラミネール、ピノ・グリ、シャルドネの畑。
地形を活かし、南向き・北向きの斜面それぞれ個性を大切に、その場所に適した品種を研究し相性を見ながら植えられています。

柔らかな芝生の下には粘土質の土壌、ぶどうを育てるのに重要な水はけをよくするために暗渠排水設備を整えていますが、基本的にもとあった環境を非常に大切になさっています。
「その土地らしさや風土が特徴的なぶどうを作り上げてくれると思いますので、ぶどうの邪魔をして苦しんだりしないようにしたい、自然との調和、森や生き物など環境をそのままに、肥料なども最低限の調整にとどめたいです。」
林さんのお話通り、周囲の森からやってくるたぬき(昨年はピノ・ノワールの一角をほとんどキレイに食べ尽くしてくれたそう)避けに、低い電気柵を設置し、春先にはスズメバチの女王蜂を探して駆除するなどして畑を守っています。

魅惑的な香りに誘われてやってくるたくさんの蜂達を刺激しないよう注意しながら、わたしたちも味見をさせていただくことに。一粒つまんで口に運ぶそばから花につつまれたようで、みずみずしい果汁と強い香りがぎゅぎゅぎゅっと詰まった果実は想像以上の甘さでした。糖度を表すBrix値が21を超えているものが大半で、品種それぞれ酸の風味が異なり、果皮の裏までさわやかさがあるため、ずっと口に含んでいたくなるほど。フルーツとしてこのまま食しても大変味の良いものばかりでした。(本当はもっと味見したかったが控えめにした)

とわ北斗ヴィンヤードではバスケットプレスという、ぶどうの房をまるごと絞る方式を採用しているため、残る茎の部分が小さくなるよう細心の注意を払い、木の勢いを確認しながらぶどう毎に切り方を変えていますが、広い畑で距離をとって進めることができる点や、手先を使う繊細な作業というのが、利用者さんにとても向いており、より良いワイン造りにつながるのだそうです。
この日収穫したぶどうはケルナー、シャルドネ、ピノグリ、ゲヴェルツトラミネール、ピノノワールの5品種。合わせて690.8kg、想定より多くの成果が得られました。
とはいえ、まだ単一品種での仕込みには数歩及ばないため、すべての品種を一緒に仕込む混醸というかたちで進めていくことになります。
現在入手可能なワインは「2019L’Assemblag」、3種のぶどうで醸された辛口の白ワインで、残念ながら店頭販売はされていませんが、ふるさと納税での返礼品として入手することが可能です。12月に追加受付予定のため、気になる方は是非、ホームページ等で確認してみてください。

来年度は新たに森を開墾したという畑に、白ぶどうのゲヴェルツトラミネールを中心に増殖予定で、その収穫によっては単一品種での醸造が見込めそうです。収穫量が増えれば、近郊の飲食店で味わったり、旭川市内での取り扱いもできるようになるかもしれません。
更には、林さんが目指すスパークリングワイン作りも実現するのではないでしょうか。
現在は岩見沢市の10Rワイナリーにて醸造を行っていますが、4〜5年以内にはワイナリー建設を視野に入れ、さらなるぶどう栽培の発展を目指しています。
その暁には畑のそばで試飲ができたり、利用者さんやお子さんにも安心なジュースを作ったり、あるいは絞った残りのぶどうを用いて、グラッパやブランデー蒸留などに発展するかもしれません。
また来年の今頃は、ボランティアの皆さんと共に収穫の喜びを分かち合えるよう色々とイメージされているとのことで、今から楽しみでたまりません。
日本酒でも田植えや稲刈りに参加できる取り組みがありますが、自らの手で収穫したぶどうが醸造され、仕上がったワインを手に思いを馳せる、という至福をこの地域でも堪能できる日がやってくるのです。
ゆくゆくは鷹栖町の新鮮な野菜やお肉を、ワインとともに楽しめるファームレストランが誕生しそうな予感。地元のおいしさをまるごと堪能する、そんな日を夢見つつ、今から是非このテロワールを体感してみてください。ヴィンヤード見学はひろくアナウンスをしていませんが、SNSを通じたメッセージや、お電話等で事前の問い合わせで対応可能な場合もあります。またSNSでの発信やブログなども是非ご注目ください。

ぶどうという果実はなんとも不思議な果物で、どんな果樹よりも土地の個性を反映しやすいと言われています。
同じ樹種でも気候や風土が異なる地域で収穫されたものは、全くと言っていいほど味わいの異なるワインを生み出すのです。
テロワール、という言葉をまさに肌で感じることのできるとわ北斗ヴィンヤード。
今後ますます注目が高まると確信します。それはワインラバーだけでありません。自分の住む地域に、こんな素晴らしいワインが特産としてあるのだ、というのが誰にとっても誇りになるような、そんな未来を感じずにはいられませんでした。


これまでも、観光でワイナリーや酒蔵を訪れたことはありましたが、ヴィンヤードの中を歩かせていただいたり、実っているぶどうに触れ、収穫見学や味見をするのは初めての経験でした。
その場に立たせていただけていることに感無量。舞い上がった気持ちでふわふわとしてしまっていました。わたしがこよなく愛する品種、ピノ・ノワール、そして、シャルドネの樹に触れた時、昂ぶる気持ちを抑えられず、平静を装うのに必死で、取材やインタビューという立場でありがながらニヤニヤしっぱなしでした。
わたしはシャンパーニュ(シャンパーニュ地方で決まった製法で作られたスパークリングワイン)が一番好きで、特に白ぶどう(シャルドネ)のみで醸すブラン・ド・ブランや、黒ぶどう(ピノ・ノワールやピノ・ムニエ)のみで醸すブラン・ド・ノワールを愛しているのですが、林さんも同様にシャンパーニュがお好きで、いつか手掛けてみたい(そのためにムニエも増やす予定とのこと)と話されていて、更に興奮してしまいました。その日が来るのが待ち遠しくてなりません。
ひときわ興味深かったのはピノ・グリのエピソード。ピノ・グリはグリ、とつく名前の通り、通常は灰青色の果実が実る淡い色合いの白ぶどう品種ですが、こちらの畑ではその中に紛れて黒ぶどうとみまごうものがちらほらとなっているのです。ピノ・グリは黒ぶどうのピノ・ノワールの突然変異種ともいわれているのですが、詳しいことは断言できないものの「先祖返り」をしたのではないだろうか?ということでした。確かにピノ・ノワールの色にそっくり、いや、まさに。突然変異がさらに突然変異、そんなこともあるのですね。

ヴィンヤードはまだまだ若い木がたくさんで、年を経る毎に育っていく木々を想像するだけでもわくわくし、こんなに近くに素晴らしい場所があると、ご迷惑になるくらいに通ってしまいそう、来シーズンは折りに触れ、お手伝いに参加させていただきたいと思っています。


収穫したぶどうはすぐに岩見沢の醸造所に運ばれました。病果が少なく選別も早かったそうで、搾汁率が65.8%で454Lのジュースが抽出されたとのこと。
この記事を書いている今はラッキング(濾す作業)を終え発酵が始まっており、順調に進んでいます。とても元気が良いので温度が上がりすぎないよう注意しています。
天然の野生酵母による発酵にあまり手を加えず、ぶどうがなりたいワインになれるよう、穏やかに見守っているそうで、その分時間がかかりますが、完成するのは来年の8月くらいになる予定(見込み)です。

2019L’Assemblage

  • 品種:ピノ・グリ70%、シャルドネ15%、ゲヴェルツトラミネール15%
  • 収穫日:2019年10月12日
  • 醸造:野生発酵、ホールプレス、ソフトな抽出、低温醗酵、MLF、無濾過無清澄
  • アルコール:10.5%
  • グリーンがかった色調が特徴。青リンゴや柑橘系果実の爽やかな香りとバランスの良い綺麗な酸味を感じる辛口白ワイン。

memo

ワインラベルをデザインしたのは、デボラ マリノさん、2020年度はこのデザインに黒ぶどう(赤ワイン)の色調が追加される予定。
単体でもスルスル進んでいく飲みやすいワインで、相性の良い料理は、熱を加え塩で調味したお魚など。

とわ北斗ヴィンヤード
〒071-1256 北海道上川郡鷹栖町16線
Facebook

問い合わせ先

社会福祉法人鷹栖共生会 とわ北斗 0166-87-5630

関連スポット

とわ北斗ヴィンヤード

とわ北斗ヴィンヤード

住所:鷹栖町14線17号

TEL:0166-87-5630

鷹栖町/体験見学・農牧場

関連キーワード

トピックス

とわ北斗ヴィンヤード 「花のまち」の植栽構想は? ガーデナー上野さんが講演
東神楽町に建設中の新施設で植栽デザインを担当するガーデナーの上野砂由紀さんが、2月23日(木祝)午後1時半から、町内のふれあい交流館(東神楽町ひじり野北1条1丁... (2月8日)
とわ北斗ヴィンヤード 大雪エリアは遊びの宝庫 ネットでアクティビティ発信
上川中部1市7町などで構成する(一社)大雪カムイミンタラDMOは、大雪圏域のアクティビティ情報を集約したウェブサイト「大雪アクティビティセンター」を開設しました... (2月7日)
とわ北斗ヴィンヤード 旭川&近郊町でみつけた おすすめ10店を紹介
一年の中でも特に寒い2月。おいしいものを食べて、心も体もあたためましょう♪... (2月7日)
とわ北斗ヴィンヤード これが旭川の熱い冬! 待ちわびたリアル開催
雪と氷とあかりの祭典「第64回旭川冬まつり」が、2月7日(火)から12日(日)まで、旭橋河畔のリベライン旭川パーク・コミュニティランドを主会場に開かれます。3年... (2月6日)
とわ北斗ヴィンヤード 近郊市町の美味銘品 冷凍自販機でお気軽に
旭川と近郊のバラエティー豊かな銘品を扱う冷凍自動販売機が、アッシュアトリウム1階(旭川市1条通7丁目)に設置されました。 旭川信用金庫の企画。地元に根差した金融... (2月5日)
とわ北斗ヴィンヤード 近隣小学校の校歌 作詞したのは…?
旭川ゆかりの詩人や歌人、著名な作詞家によって作られた市内と近郊の小学校校歌を集めたシリーズ展が、旭川文学資料館(旭川市常磐公園内)で6月10日(土)まで開かれて... (2月4日)
とわ北斗ヴィンヤード 冬毛は、保温と保湿効果の2層仕立て
いまオオカミの森で過ごしているのは、長女のレラ(11歳)・次女のワッカ(8歳)・弟ノチウ(7歳)のきょうだい。オオカミの順位は年齢で決まるのではなく、性格や賢さ... (2月3日)
とわ北斗ヴィンヤード 今年も冬に構想を練る
昨年の冬に、花壇改修を計画していると書きましたが、その後のゴールデンウィーク期間中に、川のボーダー花壇の一部を改修しました。 植えてある株をすべて掘り上げ、堆肥... (1月31日)
とわ北斗ヴィンヤード 生ギターの音色にのせて シンガー・バードが旭川公演
航空会社のテレビCMに起用された「LIFE」で知られるシンガーソングライターbird(バード)の旭川公演が、2月1日(水)午後7時からカジノドライブ(旭川7条通... (1月30日)
とわ北斗ヴィンヤード 丘がピンクに染まる日は? 芝ざくらの開花予想して
毎年5月から6月にかけてピンク色の花を咲かせる芝ざくらは、甘い香りで北海道に春の訪れを告げる可憐な使者。滝上町観光協会は、芝ざくらの名所「芝ざくら滝上公園」(滝... (1月30日)
とわ北斗ヴィンヤード 大好きなあの人に贈りたい 2023のバレンタインはコレ
今年はいつもより特別な日になる予感♡ 大好きなあの人に、いつも頑張る自分に 濃厚であま~いチョコレートを贈りましょう♪... (2月3日)
とわ北斗ヴィンヤード 人気の味が帰ってきたよ 神楽岡に薪窯ピザの店
薪窯で焼き上げる「ピッツェリア ミオ」が旭川市神楽岡6条3丁目にオープンし、本格的なナポリピザの味わいにリピーターが増えています。 昨夏まで農業青年たちが市内東... (2月2日)
とわ北斗ヴィンヤード 【期間限定】あれも、これも、しるこ。
個性派揃いの飲食店とのコラボ企画! あなたのイメージを覆す、オリジナリティ溢れる6種類のおしるこ ぜひ、ご賞味あ~れ~... (1月31日)
とわ北斗ヴィンヤード 米糀のごまソース 市内2企業が共同開発
旭川市内の米糀甘酒専門店「コージージューススタンド」(畠尾司代表)と、たれ専門メーカー「味楽屋」が、糀特有の優しい甘みを感じられるソース「COOZYSAUCE」... (1月26日)
とわ北斗ヴィンヤード 旭川産米粉100%スフレ発売
旭川市内に3店舗を展開するエチュード洋菓子店で、旭川産ゆめぴりかを使った「3時のごはんシリーズ」に、第4弾「お米のあさひかわスフレ」が登場しました。 米粉と小麦... (1月23日)
とわ北斗ヴィンヤード 笑顔100年計画〜第二の永久歯 インプラント
インプラントと聞いてどんな治療か思い浮かびますか?なんとなく聞いたことがあったり、大体の概要はわかるという方も多いと思います。 インプラントは、虫歯や歯周病など... (1月17日)
とわ北斗ヴィンヤード 笑顔100年計画〜失ってからでは遅い!予防の時代〜
明けましておめでとうございます。 医院や訪問先で、「ライナー読んでるよ」とお声がけいただくことが増え、とても励みになっています。ありがとうございます。本年もどう... (1月13日)
とわ北斗ヴィンヤード 幸せの鳥、来てくれるかな? バードハウス作品募集
東川町は、人と自然が調和する環境について考えてもらおうと、オリジナリティ溢れるバードハウスを募集しています。 野鳥が実際に使うことができる巣箱で、木材や金属、陶... (1月8日)
とわ北斗ヴィンヤード 大雪像が見守る中で 君の夢を聞かせて
旭川冬まつり実行委員会は来月、3年ぶりに旭橋河畔会場で開催される「第64回旭川冬まつり」(2月7日~12日)のフィナーレを飾る「旭川市市制100年 小学生夢作文... (1月7日)
とわ北斗ヴィンヤード 知りたい情報集めました 2022-2023年末年始ガイド
各ショップの営業時間やイベント情報、初詣、交通、医療情報まで、年末年始に役立つお知らせをお届けします。... (12月27日)
とわ北斗ヴィンヤード 希望の花を咲かせる、挑戦の一年に
みなさま、新年明けましておめでとうございます。 旧年中も格別のご高配を賜り、心より御礼申し上げます。 思い返せば昨年はロシアによるウクライナ侵攻を皮切りに、円安... (1月1日)
とわ北斗ヴィンヤード 旭川市内と近郊の13店 1番人気のカレーはコレだ!
1番人気だけを集めた魅惑のカレー13選! スパイシーで刺激的な出合いを楽しんで... (7月19日)
とわ北斗ヴィンヤード まん延防止期間 飲食店営業情報
旭川市内近郊の飲食店のまん延防止期間の営業情報です。店内での飲食やテイクアウトのみの営業などお店により異なるので詳細はお店にお問い合わせを。... (2月9日)
とわ北斗ヴィンヤード 経済再生に向けて、リハビリの年に
明けましておめでとうございます。 振り返ればコロナ禍で誰もがもがき苦しんだ2020年でした。当社も直撃を受け、大いに冷や汗をかきました。 三密を避けての分散勤務... (1月1日)
とわ北斗ヴィンヤード 旭川で【テイクアウト】できるお店〜東光・豊岡
旭川市内でテイクアウトできるお店を紹介します 【随時更新中・要事前確認】... (10月19日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

アカウント作成

ライナー最新号

2023年2月7日号
2023年2月7日号
今日のランチどうする?
厳選10店のいちおし
メニューをご紹介
紙面を見る

ピックアップ

注目グルメ
注目グルメ
静岡の郷土料理を
アレンジしました
猫福の黒おでん
看板スイーツ
看板スイーツ
お店を代表する
スイーツを紹介
します
味な人
味な人
単身東川に移住
再建誓う女性杜氏
浦里美智子さん
昭和喫茶探訪
昭和喫茶探訪
30代ライナー社員が
喫茶店のノスタルジックな魅力にふれる
シネマの時間
シネマの時間
映画ライター・ケン坊が語る「フラッグ・デイ 父を想う日」
不動産情報
不動産情報
不動産・リフォーム等
住まいに関する情報を公開中
ラーメンマップ
ラーメンマップ
ラーメン食べたいなぁ
そんなときは専用マップで探してみよう
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
2/7~13の運勢

ページの最上段に戻る