1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. グルメ
  4. みんな最初は緊張するのだ… 寿司屋の寿司は、格別です

ライナースタッフ永木(25)がレポート

みんな最初は緊張するのだ…
寿司屋の寿司は、格別です

私たち日本人のごちそう「お寿司」。最近は外国人にも人気で、今や「SUSHI」は世界共通語ですよね。手ごろな回転寿司にはよく行くけれど、いつかは本格的なお寿司屋さんでスマートに注文してみたい!社会人3年目の私、ついに憧れのカウンターデビューです。

今回、お寿司屋さんのカウンターデビューを果たした永木(写真手前)。ザンギ特集に続いて、今回はお寿司ルポと、くいしんぼうキャラがいよいよ覚醒か!?

知識より、欲するままに?!

回転寿司やスーパーのお寿司を食べ慣れた世代にとって、まちのお寿司屋さんは高嶺の花です。この日、先輩に連れて行ってもらったお店は、職人歴30年の大将が腕をふるう老舗店でした。わぁ、やっぱり雰囲気あるなぁ…。緊張しながらカウンター席に座ります。

私、事前に予習しました。ネットで「玉子から食べるのが通」であると。にやにや黙っている先輩の横で、私はちょっと澄まして注文です。「まずはギョクでお願いします!」。大将は「順番とかは気にせず、好きなもの頼んでいいんだよ」とにっこり教えてくれました。浅い知識で通ぶった私。隠語を使っているのがバレバレ。きっと顔は真っ赤でした。「じゃあ、何か白身魚をくださーい」。先輩は大笑いです(くやしい)。

最近は、高級店でも既製品の玉子焼きを使っているところも少なくなく、「玉子で店の力量を確かめよう」という目論見はあまり意味がないそう。とはいえ、昔から言われている基本の順番というのはあり、「刺身、焼物、揚げ物、煮物という日本料理の順番に沿って、マグロ、白身、貝、光りもの、アナゴなどの煮物」とか、「淡白なものから濃いもの、最後は巻きものでさっぱり」といった流れ。ただし、これも絶対ではありません。「ネタの持ち味を一番生かせるのはシャリが人肌の時。時間が経つとネタとシャリの温度差がなくなって、本来のおいしさが失われてしまいます」と大将。順番よりも、出てきたらすぐに食べることがおいしく食べるポイントのよう。がっついているように見えるかな、なんて思っていたけど違うのですね。

大将は私の食べるペースを観察して、常に握りたてがお皿に並ぶようにテンポよく握ってくれます。ちょっとお休みしたいときは、そのように伝えること。「職人なら、味わって食べたいんだな、とむしろ好感を持ってくれるものだと思うよ」。怒られるかも?なんて心配は無用です。

調子づいて、翌週もう一軒

こちらの大将は、旭川で30年、東京で20年近くお寿司を握ってきました。東京で握っていたのはいわゆる「江戸前寿司」。全国から旬のネタが集まるようになった今は、厳密な意味での江戸前ではありませんが、新鮮なうちに旨みを凝縮させる「仕込み」をするのが特徴だとか。代表的なものが、〆る・焼く・蒸す・煮る・漬けるといった技法です。

一方、北海道のお寿司といえば、素材の鮮度を生かした生寿司。新鮮なネタをそのまま握るので、蝦夷前なんていう俗語もあるそうです。「塩で〆め、酢にくぐらせることで旨みを出す江戸前の技を、光り物など必要なネタに随所に取り入れたのが北海道の寿司。ネタ自体が新鮮なので、北海道は回転寿司もレベルが高い」と大将。

年間を通して、冷凍ものでも定番ネタを揃えなければならない回転寿司に対して、寿司店では旬というものを潔く割り切っています。「旬を外れたネタは脂のりが悪く、価格も高い。他店で出る前に、先取りして仕入れることはありますけどね。旬に乗り遅れるのは、寿司店では絶対にNG」ときっぱり。うーん粋だわー。

それだけ旬にこだわる寿司職人。市場や魚屋には毎日足を運び、それを見極めるのが職人の基本だと言います。「魚のランクは、自分は10段階くらいに分けています。季節によって獲れた場所や大きさ、沖〆なのか、浜〆なのか、活〆なのか」。経験豊富な職人は、季節によって魚の顔が変わってくるのが分かるそう。すごい!私のような初心者は、その日入ったネタの中からおすすめを出してくれる「お任せ」が無難のようですね。

お店に入ったら、最初に予算(4000円~1万円ほど、飲み物代は別)を伝えて、お任せで。気に入ったネタは再度注文すればいい感じ。よし、回らないお寿司屋さんも、もう怖くありません!

関連キーワード

トピックス

7月15日に爆笑「寿芸無寄席」
旭川の素人落語家集団、旭笑長屋の「寿芸無寄席」が7月15日(日)午後2時から、旭川市民文化会館小ホールで開かれます。 磨きぬかれた名人芸か?はたまた恐れを知らぬ... (6月24日)
北海道、台湾の青少年管弦楽団が共演
道内の小中学生を中心としたどさんこジュニアオーケストラと、台湾の青少年楽団が出演する「国際親善演奏会」が、7月8日(日)午後1時半から旭川市民文化会館大ホールで... (6月23日)
たいせつマルシェ、出店者を募集
たいせつマルシェ協議会は、7月14日(土)・15日(日)に旭川市1・2条買物公園で開く「たいせつマルシェ2018」の出店者を募集しています。 2008年に旭川青... (6月23日)
モフモフ♡アツアツ アルパカカップルの結婚式
VIVAアルパカ牧場に暮らす2頭のアルパカ、パルくんときらさんが、6月30日(土)午前11時に結婚式を挙げることになりました。地元は「美男美女カップルの誕生だ」... (6月23日)
アメリカ人から見た 日本女性のすばらしさ語る
日本に30年以上暮らすアメリカ人が日本女性のすばらしさについて語る講演会「世界に輝くヤマトナデシコの底力」が、7月15日(日)午前10時から大雪クリスタルホール... (6月22日)
100の建築模型に見る 北国のライフスタイル
日本建築家協会北海道支部が昨年実施した「北海道建築展」の出品作をもとに、7月1日(日)まで中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館ステーションギャラリー(JR旭川駅東口)... (6月22日)
道北の観光施設めぐり お得なチケットで
旭川市や周辺の町でつくる一般社団法人大雪カムイミンタラDMOは、連携する1市7町の観光施設や飲食店、道の駅売店などで利用できるお得なチケットを発売しています。 ... (6月22日)
赤平でツクリテフェスタ 市内外から80作家が集合
2015年に惜しまれながら終了した手作り作品の販売イベント「ふらのクリエーターズマーケット」を引き継ぐ「あかびらツクリテフェスタ」が、6月23日(土)・24日(... (6月21日)
爽快感がやみつき! 岩盤浴ロウリュオープン
漢方薬湯やカルチャースタジオが人気の旭川健康ランドがリニューアルし、館内に新しくロウリュを楽しめる岩盤浴「癒(ゆ)あみ」をオープンしました。 ロウリュはフィンラ... (6月21日)
キトウシで木育イベント
森の中で遊ぶ「木育フェスタin東川」が、6月24日(日)午前10時半から午後3時にキトウシ森林公園で開かれます。 会場には木のおもちゃ広場のほか、ロープ渡りやハ... (6月21日)
ぱんぱかぱ~んと大発表 うちのいちおし、いまはこれ
みんな大好きいろいろパン。 ソフトなの、ハードなの、甘いのしょっぱいのプレーンなの。 18店のいまのおすすめを集めてみたよ。... (6月19日)
富良野の森に、倉本聰さん監修のレストラン
新富良野プリンスホテルは、作家の倉本聰さんが監修するレストラン「ル・ゴロワ フラノ」を敷地内にオープンしました。 倉本さんが考える「自らの知恵で生み出すことの面... (6月19日)
旭川生まれの甘酒ができました
ワンカップ?いえいえ、これは甘酒です。髙砂酒造は先日、谷口農場と共同で「大吟醸酒粕甘酒国士無双」を発売しました。 髙砂酒造の代表銘柄「国士無双」の大吟醸酒粕に、... (6月19日)
老舗居酒屋が新店オープン ランチ営業もしています
創業から半世紀を迎える老舗居酒屋・天金が、このほど動物園通りに支店(旭川市東旭川北1条2丁目)をオープンしました。街なかの味はそのままに、こちらではランチ営業も... (6月15日)
コンビニクリップ 朝ごはん編
一日の始まりは朝ごはんから! 忙しくてつい抜いてしまいがちな人にもオススメの、お手軽な組み合わせをご紹介します♪... (6月12日)
野菜ソムリエから学ぶ 野菜のウソとホント
北海道栄養士会は、6月20日(水)午後7時から勤労者福祉会館(旭川市6条通4丁目)で、「ウソ?ホント?あふれる野菜の情報」と題したセミナーを開きます。 講師は(... (6月15日)
プレゼントがいっぱい! オンワード夏の大感謝祭
オクノオンワードショップでは、6月17日(日)まで夏の大感謝祭を開催しています。 17日(日)までの第二弾では、1万5000円(税込)以上購入すると、先着46名... (6月12日)
金魚すくいチャンピオンが コツを直接教えます!
今年7月に護国神社で開かれる「北海道金魚すくい選手権大会」を前に、昨年の全国大会チャンピオンをはじめ、トップレベルの選手らによるPRイベントが、6月 10日(日... (6月8日)
アラフィフ女が知りたいこと セミナーで学ぼう、話そう
50歳前後=アラフィフ。何かを学びにいこうにも、新たな繋がりを見つけようにも、ママや大人女子向け講座ばかり。それなら、自分たちで企画してしまおうと立ち上げたのが... (6月5日)
富良野のレザー工房で 移転1年感謝セール
富良野市にあるレザー工房のメディスン)は、移転1周年を記念して、6月30日(土)までセールを行っています。 メディスンでは店主の市山翔大さんが革のなめしから裁断... (6月5日)
旭川で活躍する6人に聞いた「お父さんはどんな人?」
地味にクる、笑いのルーツ (株)昇夢虹 イラストレーター 小川けんいちさん 父は自動車関連の会社員でした。家でもきりっとしていて、寝転がったりおならしたりなんて... (6月15日)
旭川で活躍する6人に聞いた 「お母さんはどんなひと?」
旭川で活躍する6人に聞きました。... (5月11日)
経産省「はばたく中小企業・ 小規模事業者300社」に選定
旭川のおかき製造業、北海道米菓フーズ(廣島俊郎社長)が、中小企業庁(経済産業省)の「はばたく中小企業・小規模事業者300社」に選定されました。 「はばたく中小企... (4月5日)
ここちよく、便利に。 あなたの門出を応援します
雪解け水が流れる音にもウキウキする春。これから始まる新生活には、どんなアイテムが必要でしょうか。ベッドにテーブル、冷蔵庫、食器に掃除用具の数々…。逆に不要なもの... (3月16日)
自由な心で。人生を謳歌する大人たち
人はなぜうたうのか。ストレス解消、ボケ防止、ダイエット、平和のため―。人生経験を重ねた大人たちがうたう理由はさまざまです。いま、「うたうこと」に夢中な彼らを取材... (1月30日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

新規会員登録

ライナー最新号

2018年6月22日号
2018年6月22日号
うちのいちおし、
いまはこれ。
特集ぱんぱかパン
紙面を見る

ピックアップ

つくろう旬レシピ
つくろう旬レシピ
ビールに合う~♪
アスパラとエビ、
チーズの磯の香り炒め
味な人
味な人
積極的に海外進出
梅光軒二代目の
サムライ魂はいかに
注目グルメ
注目グルメ
夢じゃないよ♥
肉畑1,980円は
赤ワインソースで
シネマの時間
シネマの時間
家族とはなにか。
カンヌ最高賞受賞
「万引き家族」
チアーズ!マミー
チアーズ!マミー
旭川は家具のまち。
子供の成長とともに
楽しめる家具見っけ!
月刊まち便り
月刊まち便り
マニアックどころを
聞いてみた
「だいすき地元食堂」
求人情報
求人情報
旭川市・道北エリアの正社員、アルバイト、パート就職情報
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
6/19~6/25の運勢

ページの最上段に戻る