1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. グルメ
  4. みんな最初は緊張するのだ… 寿司屋の寿司は、格別です

ライナースタッフ永木(25)がレポート

みんな最初は緊張するのだ…
寿司屋の寿司は、格別です

私たち日本人のごちそう「お寿司」。最近は外国人にも人気で、今や「SUSHI」は世界共通語ですよね。手ごろな回転寿司にはよく行くけれど、いつかは本格的なお寿司屋さんでスマートに注文してみたい!社会人3年目の私、ついに憧れのカウンターデビューです。

今回、お寿司屋さんのカウンターデビューを果たした永木(写真手前)。ザンギ特集に続いて、今回はお寿司ルポと、くいしんぼうキャラがいよいよ覚醒か!?

知識より、欲するままに?!

回転寿司やスーパーのお寿司を食べ慣れた世代にとって、まちのお寿司屋さんは高嶺の花です。この日、先輩に連れて行ってもらったお店は、職人歴30年の大将が腕をふるう老舗店でした。わぁ、やっぱり雰囲気あるなぁ…。緊張しながらカウンター席に座ります。

私、事前に予習しました。ネットで「玉子から食べるのが通」であると。にやにや黙っている先輩の横で、私はちょっと澄まして注文です。「まずはギョクでお願いします!」。大将は「順番とかは気にせず、好きなもの頼んでいいんだよ」とにっこり教えてくれました。浅い知識で通ぶった私。隠語を使っているのがバレバレ。きっと顔は真っ赤でした。「じゃあ、何か白身魚をくださーい」。先輩は大笑いです(くやしい)。

最近は、高級店でも既製品の玉子焼きを使っているところも少なくなく、「玉子で店の力量を確かめよう」という目論見はあまり意味がないそう。とはいえ、昔から言われている基本の順番というのはあり、「刺身、焼物、揚げ物、煮物という日本料理の順番に沿って、マグロ、白身、貝、光りもの、アナゴなどの煮物」とか、「淡白なものから濃いもの、最後は巻きものでさっぱり」といった流れ。ただし、これも絶対ではありません。「ネタの持ち味を一番生かせるのはシャリが人肌の時。時間が経つとネタとシャリの温度差がなくなって、本来のおいしさが失われてしまいます」と大将。順番よりも、出てきたらすぐに食べることがおいしく食べるポイントのよう。がっついているように見えるかな、なんて思っていたけど違うのですね。

大将は私の食べるペースを観察して、常に握りたてがお皿に並ぶようにテンポよく握ってくれます。ちょっとお休みしたいときは、そのように伝えること。「職人なら、味わって食べたいんだな、とむしろ好感を持ってくれるものだと思うよ」。怒られるかも?なんて心配は無用です。

調子づいて、翌週もう一軒

こちらの大将は、旭川で30年、東京で20年近くお寿司を握ってきました。東京で握っていたのはいわゆる「江戸前寿司」。全国から旬のネタが集まるようになった今は、厳密な意味での江戸前ではありませんが、新鮮なうちに旨みを凝縮させる「仕込み」をするのが特徴だとか。代表的なものが、〆る・焼く・蒸す・煮る・漬けるといった技法です。

一方、北海道のお寿司といえば、素材の鮮度を生かした生寿司。新鮮なネタをそのまま握るので、蝦夷前なんていう俗語もあるそうです。「塩で〆め、酢にくぐらせることで旨みを出す江戸前の技を、光り物など必要なネタに随所に取り入れたのが北海道の寿司。ネタ自体が新鮮なので、北海道は回転寿司もレベルが高い」と大将。

年間を通して、冷凍ものでも定番ネタを揃えなければならない回転寿司に対して、寿司店では旬というものを潔く割り切っています。「旬を外れたネタは脂のりが悪く、価格も高い。他店で出る前に、先取りして仕入れることはありますけどね。旬に乗り遅れるのは、寿司店では絶対にNG」ときっぱり。うーん粋だわー。

それだけ旬にこだわる寿司職人。市場や魚屋には毎日足を運び、それを見極めるのが職人の基本だと言います。「魚のランクは、自分は10段階くらいに分けています。季節によって獲れた場所や大きさ、沖〆なのか、浜〆なのか、活〆なのか」。経験豊富な職人は、季節によって魚の顔が変わってくるのが分かるそう。すごい!私のような初心者は、その日入ったネタの中からおすすめを出してくれる「お任せ」が無難のようですね。

お店に入ったら、最初に予算(4000円~1万円ほど、飲み物代は別)を伝えて、お任せで。気に入ったネタは再度注文すればいい感じ。よし、回らないお寿司屋さんも、もう怖くありません!

関連キーワード

トピックス

なんと美瑛豚食べ放題 美瑛の丘のくらで収穫祭
美瑛の豊かな食材を思う存分味わい、堪能してもらおうと、9月29日(土)午前10時から午後2時に、道の駅びえい「丘のくら」で「にこにこ収穫祭」を開きます。... (9月20日)
農と食と音楽の祭典 上富良野とんとん祭り
深山峠アートパークは、9月22日(土)・23日(日)の午前10時から午後4時に、例年人気の「とんとん祭り」を開きます。... (9月20日)
秋の草花咲くガーデンで 週末に美と癒しの催し
秋風に揺れるアスターやセンニンソウ、頭上ではハウチワカエデやシラカンバの葉が鮮やかな赤や黄に染まっています。穏やかな風景が広がる大雪森のガーデンで9月23日(日... (9月19日)
ミュージカルや手作り体験で 動物の命について考えよう
旭山動物園が取り組む「ボルネオへの恩返しプロジェクト」について理解を深めてもらおうと、9月23日(日祝)午前10時半と午後2時からの2回、ココデ(旭川市宮前1条... (9月18日)
神居古潭の魅力たっぷり 秋分の日に「こたんまつり」
神居古潭地域の自然の恵みやアイヌ文化に触れる「こたんまつり」が、9月23日(日祝)午前10時半から午後3時半に、神居古潭旧駅舎周辺で開かれます。... (9月18日)
22・23日にアッシュで「農福連携マルシェ」
福祉事業所の新鮮な農産物や加工品を販売する道主催の「農福連携マルシェ(ノウフクマルシェ)」が9月22日(土)・23日(日)の2日間、アッシュアトリウム(旭川市1... (9月18日)
旭川からすぐ”そば” 幌加内そばロードをドライブ
今年も新そばの季節がやってきました!旭川からすぐ”そば”にある幌加内町へ「旬」を堪能しにLet’sドライブ ♡... (9月17日)
シラカバの樹皮で自然の風景 文化会館で作品を展示
朽木の皮で自然の風景を描く樹皮絵画が、9月17日(月祝)から20日(木)に市民文化会館で展示されます。旭川や札幌の愛好家が作る北海道樹皮絵画会の主催。... (9月14日)
しなやかなヤナギが大変身 動物もっと増やしちゃおう!
のんびり草を食むエゾシカ、草原を駆けるウサギ、ペアで仲良く寄り添うカモ…。秋の花に誘われて、北彩都ガーデンに愛らしい動物たちが集まってきました。実はこのオブジェ... (9月14日)
「オンワードブランド フェア」9月15日から第2弾
オクノONWARDショップ(旭川市3条通7丁目)は、9月30日(日)まで、オンワードブランドフェアを開催しています。税込2万円購入毎に10%OFFクーポンをプレ... (9月14日)
えびづくしの深い味わい 家庭で手軽に楽しんで
藤原製麺株式会社(旭川市9条通14丁目)が、このほど新商品の即席ラーメン「北海道ラーメン えび三昧しお味」を発売しました。全国1位の漁獲量を誇る北海道らしい味わ... (9月12日)
毎日でも行きたい おでかけランチ
味覚の秋がいよいよスタート。9月は連休が2回もあるので、なにかとおでかけする機会が増えそうですね。忙しい合間をぬって、ランチに行きませんか?今月も厳選8店をご紹... (9月4日)
幌加内町でそば祭り 世界各国のそば料理も
日本一の収穫量を誇る雨竜郡幌加内町で、9月1日(土)・2日(日)に新そば祭りを開きます。会場は役場(幌加内町字幌加内4699)周辺。... (8月28日)
京都出身の焙煎家と考える 山とコーヒーのイイ関係
コーヒー豆焙煎家のオオヤミノルさんが、9月1日(土)午後3時半から5時半に、セレクトショップのソルトでワークショップを開きます。... (8月28日)
あさひかわ商工会加盟店紹介  飲食と住まい編Vol.13
あさひかわ商工会加盟の飲食と住まいのお店を紹介... (8月24日)
お菓子作りのお悩み解決! パティシエが出張レッスン
「スポンジがふわふわに仕上がらない」「シュークリームが膨らまない」「上手にデコレーションしてみたい」…お菓子作りの悩みを抱える人に、菓子店・スイーツ工房香が、出... (9月4日)
妊娠中からママ準備を助産師が開く母親教室
「転勤族でマタニティの友達がいなくて不安だった」「妊娠中から産後や育児のことを知っておきたかった」などの声を受け、旭川市内の助産師・花田亜紀子さんが、妊娠期から... (9月4日)
子供と行けちゃう美容室 西御料にオープン
子連れで通える美容室を探しているパパママいませんか?9月3日(月)にオープンする美容室フラフ(旭川市西御料2ノ1)は、小さな子供も飽きない工夫がいっぱいです。... (8月28日)
あさひかわ商工会加盟店紹介  飲食と住まい編Vol.13
あさひかわ商工会加盟の飲食と住まいのお店を紹介... (8月24日)
東川町在住の写真家 大塚友記憲さんが写真集を出版
残雪にダケカンバの新緑が映える春、チングルマの黄色い花が揺れる夏、紅葉が山裾に広がる秋、雪に風紋が浮かび上がる冬―。東川町在住の写真家、大塚友記憲(ゆきのり)さ... (8月17日)
地震に伴うイベントの(中止・延期・変更)のお知らせ
フリーペーパー「ライナー」、「ライナーWEB」に掲載されたイベント等で、今回の地震の影響により、中止・延期または内容に変更があったものをお知らせいたします。... (9月6日)
旭川・近郊の夏のお祭り みどころを調べてみたよ
迫力の神輿やパレード、賑わう屋台、夜空に輝く花火…。7月、8月は道内各地でさまざまな夏祭りが行われます。 ライナー編集部で、旭川・近郊エリアのことしのお祭り情報... (6月26日)
旭川で活躍する6人に聞いた「お父さんはどんな人?」
地味にクる、笑いのルーツ (株)昇夢虹 イラストレーター 小川けんいちさん 父は自動車関連の会社員でした。家でもきりっとしていて、寝転がったりおならしたりなんて... (6月15日)
旭川で活躍する6人に聞いた 「お母さんはどんなひと?」
旭川で活躍する6人に聞きました。... (5月11日)
経産省「はばたく中小企業・ 小規模事業者300社」に選定
旭川のおかき製造業、北海道米菓フーズ(廣島俊郎社長)が、中小企業庁(経済産業省)の「はばたく中小企業・小規模事業者300社」に選定されました。 「はばたく中小企... (4月5日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

新規会員登録

ライナー最新号

2018年9月18日号
2018年9月18日号
上川町の大雪森のガーデン
癒し系ワークショップや
秋の味覚と共に楽しんで
紙面を見る

ピックアップ

注目グルメ
注目グルメ
真空調理+石焼きで
ポテンシャル最大に!
菊善のひれステーキ
つくろう旬レシピ
つくろう旬レシピ
ゼラチンの代わりに
マシュマロ使って!
桃ムースのジュレ乗せ
チアーズ!マミー
チアーズ!マミー
ちょっぴり懐かしい
使い捨てカメラで
特別な思い出を残そう
お通しダイアリー
お通しダイアリー
行ってみなけりゃ
出会えない。
今宵訪れたのは…
味な人
味な人
ネオン街の変遷見つめ
熟成続けるレストラン
仏蘭西亭・紙谷侑さん
あさひかわ佳景
あさひかわ佳景
春・夏・秋・冬
そばにある景色を
写真とことばで
求人情報
求人情報
旭川市・道北エリアの正社員、アルバイト、パート就職情報
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
9/18~9/24の運勢

ページの最上段に戻る