人はなぜうた…" />

人はなぜうた…" />

  1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. まとめ
  4. 自由な心で。人生を謳歌する大人たち

うたをうたおう♪

自由な心で。人生を謳歌する大人たち

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。

人はなぜうたうのか。ストレス解消、ボケ防止、ダイエット、平和のため―。人生経験を重ねた大人たちがうたう理由はさまざまです。いま、「うたうこと」に夢中な彼らを取材しました。

歌って踊って気分すっきり

ヤマハの「青春ポップス」教室には、まさに〝リア充〟の〝キラキラ女子〟がいっぱい!合間にはしっかり水分補給をして、運動靴持参の人も

「足をシュッと出して。宝塚のイメージで!」。元気に響く講師の声に、生徒から笑いがもれました。早速足を運んだのは、ヤマハミュージックリテイリング旭川店が昨年の夏から始めた、歌って踊れる「青春ポップス」の教室です。

スクリーンに映る専用の映像に合わせて、ザ・ピーナッツの「恋のバカンス」やあみん「待つわ」といった誰もが口ずさめる昭和のヒットソングに、簡単な振りをつけて歌います。和気あいあいとした雰囲気ながら、音程をとるパート練習や振り付けの確認などなかなか熱心。みなさん本気のご様子です。

「間違っちゃいけないとか、うまくやらなきゃなんて考えなくていいんです。ハモる時も、上のパートでも下のパートでも好きな方を自由に歌っていいし、とにかく楽しんで」と講師の荒川先生はにっこり。90分のプログラムもあっという間です。「青春ポップスは『カラオケ以上、レッスン未満』という位置づけで、習うことより楽しむことを重視したサークル感覚のプログラムです。音楽を通して、生活を豊かにできたら理想ですね」と話すのは同社の甲斐三保子さん。たしかに、教室から出てくる生徒たちは、運動後のように頬がほんのりピンクに色づき、充実感に満ちています。

生徒たちの始めた理由はいろいろですが、「思いっきり声を出せるのがいい!家じゃできないから」「だんだんうまくなるのがいい気分」「家で家事をしながら思わずステップを踏んでいる」といった明るい声がたくさん。人気上々で、今月からは豊岡センターでも実施を始めました。まだ若干の空きがあり、男性の申し込みもあるそうです。

終戦記念日に第九を歌う

あさひかわ第九の会のメンバーは、現在男性8人、女性19人で平均年齢は65歳

設立15年目のあさひかわ第九の会は、毎週日曜の午後1時半から2時間ほど、北星公民館に集まり、ベートーヴェンの交響曲第9番、通称「第九」の混声合唱を楽しんでいます。

代表の石黒勉さんは、もと旭川市木工芸指導所の技術者で、20代の頃に研修で3年間、西ドイツで暮らしました。第九との出会いは2002年、旭川音楽鑑賞協会が世界的指揮者「炎のコバケン」こと小林研一郎さんと日本フィルを招いた演奏会を企画した際、ドイツ語詞の解説を依頼されたことから。もともとは歌謡曲や演歌が好きだった石黒さんですが、「第九の歌詞はシラーという人の『自由のために』の詩の一部。第九は歓喜の歌として有名ですが、本来は自由、平等、博愛を歌ったもので、それをみんなで分かち合いたいと思いました」と会立ち上げのきっかけを語ります。

会の初演は、設立翌年の8月6日。広島原爆の日に、世界平和を願ったこの歌を歌いました。「日本では年末の定番曲のようにいわれますが、この時期に歌うことで、より日本らしい表現ができると気付いたんです」。その後も毎年、終戦記念日のある8月に、演奏会を開くことに決めました。これまでに、市内の北日本フィルや陸上自衛隊第2師団、目が不自由な弾き振りのピアニスト・宮崎剛さん、早稲田大の男声合唱団グリークラブなどと共演を重ねています。

「難しい歌詞ですが、会員みんながいつでも歌えるよう繰り返しレッスンしています。今後はさらに第九を極めるべく、ベートーヴェン自身やドイツ語、ドイツ文化についても幅広く学んでいきたい。ときには第九の生演奏を聴きながら、ケーキとコーヒーで気分転換も忘れずにね」。

17文字にユーモアのせて

昭和11年から続く旭川川柳社。主幹の庄司さんは元教諭で、日本けん玉協会一級指導員の一面も

声を出して歌うのは恥ずかしい…というシャイな人は、川柳をうたってみるのはいかが?月に2回、ときわ市民ホールで句会を開いているのは、旭川川柳社のみなさんです。

「季語がいらず、口語で作れる川柳は誰でも楽しめるものですよ」と主幹の庄司昭志登さん。説明や解説じみた句になってしまうのは面白みがなく、はっと思わせるのがいい川柳だそう。

取材日は、宿題となっていたお題が2つあり、庄司さんらが選者となって優秀な句を発表していました。続いて、席題。席題とは、本来その場でお題を出して詠むものですが、「もう年だからスッと思いつかない」というメンバーの声を受け、いつからか宿題となってしまったというから、何とものどかです。

メンバーは「頭を使うからボケ防止に」と始めた人もいますが、「運転中にひらめいたら、止まってすぐに携帯に打ち込むの。三歩歩いたら忘れちゃうから」と作句する人も。「わずかな文字の中に人間の本性が見えてくることがあります。あの人はこういう風に思っているんだとか、機微を感じられますね」とその奥深い魅力を教えてくれました。

たとえば「拗(す)ねる」というお題では、「拗ねてると背なに届かぬサロンパス」「脳はもう錆びたか減ったか働かぬ」「想定外拗ねた子らから介護受け」といった、思わずくすりとさせられる作品が並びます。老いや物忘れも笑い飛ばす、度量の広さが印象的です。旭川川柳社では月に1回、「川柳あさひ」と題した作品集を発行し、他の人の作品を見て研鑽を積んでいます。


夢中になるものがあると、人は生き生きします。「うたうこと」を始めてみたら、楽しい時間や新たな出会いが待っているかもしれません。

■取材協力
ヤマハミュージックリテイリング旭川店(☎0166-24-4500)
あさひかわ第九の会(☎090-1523-9034、代表・石黒勉さん)
旭川川柳社(☎0166-37-2582、庄司昭志登さん)

関連キーワード

トピックス

心温まる誕生秘話から 経営術を学ぼう
足や歩行に悩みのある高齢者500人以上の声をもとに、転倒しにくく歩きやすいケアシューズ「あゆみ」を誕生させた香川県の徳永産業株式会社。代表取締役会長の十河孝男さ... (11月22日)
中心部に13万球のあかり イルミネーション点灯式
冬の中心部を美しく彩る「あさひかわ街あかりイルミネーション」の点灯式が、11月30日(土)にアッシュアトリウム(旭川市1条通7丁目)で開かれます。 街あかりイル... (11月21日)
週末はオープニングイベント レーサーのトークショーも
北海道スバル株式会社は旭川市内2カ所で営業していた販売店を統合し、新たに旭川北彩都店(旭川市宮前1条2丁目)をオープンしました。今週末の11月23日(土)、24... (11月21日)
高校生が栽培したお米で 4種のおにぎりを開発
食品や農業をテーマに共同で商品開発に取り組む旭川農業高校と(株)道北アークスは、11月23日(土)と24日(日)の午前10時に、ウエスタンパワーズ(旭川市永山1... (11月21日)
賞品のお菓子の家 当選者にお届けしました
過去最多の53店舗が参加した「あさひかわスイーツスタンプラリー」が終了し、418通の応募があり、完全制覇者は31人でした。参加してくださったみなさま、ありがとう... (11月20日)
地元中高生らが多数出演 旭川信金の吹奏楽コンサート
旭川信用金庫は、12月8日(日)に旭川市民文化会館で市内と近郊の中学・高校の吹奏楽部が出演する「ジョイントコンサート」を開きます。 地域への感謝や地元中高生の文... (11月20日)
“写真の町”の歩み振り返る  歴代受賞者150人の作品展
東川町文化ギャラリー(東川町東町1丁目)で現在、「写真の町東川賞コレクション展」の歴代受賞作家から寄贈された作品を展示しています。 東川町は、1985年にユニー... (11月18日)
最新の成果から読み解く ブラックホールの謎
旭川市科学館サイパルは、12月8日(日)午後2時から4時に、巨大な質量と高い密度を誇る天体・ブラックホールについて最新の話題を提供するセミナーを開きます。 講師... (11月17日)
多彩な身体表現味わって 15団体が現代舞踊を披露
(一社)現代舞踊協会北海道支部は、11月24日(日)午後5時に、旭川市民文化会館で現代舞踊フェスティバルを開きます。 ジュニアからシニアまで道内外から15団体が... (11月16日)
木で箸とマットをつくろう ヒュッゲのトークイベントも
家具やクラフトメーカー約30社の常設ブースを設ける旭川デザインセンターで11月16日(土)に2つのイベントが行われます。 午前10時と午後1時からは、木を使った... (11月14日)
コンビニクリップ あったかメニュー編
初雪が降り、いよいよ冬到来! 寒さは厳しくなりますが、熱々の食べ物がよりおいしくなる季節♪ そこで今回は、冷えた体にしみ渡るあったかメニューをご紹介!... (11月12日)
旭川のチーズ料理はここで 溺れたい…夜のチーズ
とろ~り。カリカリ。まったりと…。秋の夜長に愛したいチーズ料理を紹介します。自宅でじっくり味わいたい人は、地元の手作りチーズ情報もチェックしてね。... (11月8日)
毎日でも行きたい おでかけランチ
冬の足音が徐々に近づき、肌で寒さを感じる時期になりましたね。雪がしっかりと降り出す前に、おでかけランチしませんか?... (11月5日)
旭川市内と近郊市町 ラーメン2019年秋版
旭川市内と近郊市町 全57店を総力特集... (10月29日)
旭川の人気パン屋13店に 秋のお勧め聞いちゃいました
小麦粉ラヴァーのみなさんに贈るパン特集「ぱんぱかパン」。 定番、王道のあの味はもちろん、この季節ならではの限定商品も気になりますよね。 旭川市内の人気パン屋13... (10月25日)
整体・カイロ&マッサージ特集
それぞれどんなお店なの? 気になる部分をライナースタッフが徹底調査してきました!... (11月19日)
道北地域の感動シェアしよう ただいま投稿動画を募集中
いまNHK旭川放送局で、あなたが心を動かされた道北地域のワンシーンを動画に捉え、みんなとシェアしようという企画「道北感どーが」が始まっています。 夕日に照らされ... (11月14日)
安全面への心強さもUP 日産セレナハイウェイスター
今年8月にマイナーチェンジした日産セレナ。シンプルだった外観デザインが一新されてフロントフェイスは個性的で力強いデザインに。また家族でゆったり快適に過ごせるミニ... (11月12日)
紫煙と煌びやかな 夜の世界
ネオンが少しずつ消えかけている寂しい現実のサンロク。80年代の旭川の夜は眩しかった。買物公園で家族がお店を営んでいた自分にとって、夜の帳が降りると、楽しい時間の... (11月8日)
あさひかわ商工会加盟店紹介 Vol.17
令和元年度あさひかわ商工会伴走型小規模事業者支援事業 平成27年12月に国の認定を受けた「あさひかわ商工会経営発達支援計画」に基づき、小規模事業者の皆様の持続的... (11月5日)
子供とどう向き合うか テーマに講演会
旭川の「保育サポーターあいあい」は、設立20周年を記念した講演会を、10月12日(土)午前10時から11時半に、障害者福祉センターおぴったで開きます。 あいあい... (9月23日)
旭川・近郊の夏のお祭り みどころを調べてみたよ
迫力の神輿やパレード、賑わう屋台、夜空に輝く花火…。7月、8月は道内各地でさまざまな夏祭りが行われます。 ライナー編集部で、旭川・近郊エリアのことしのお祭り情報... (6月25日)
もうすぐ10連休!旭川周辺で過ごすおすすめスポット
いよいよゴールデンウィークが近づいてきました。せっかくの連休を何するかどこで過ごすか迷っている方も多いのではないでしょうか。そんな休日にオススメの旭川とその近郊... (4月19日)
共に夢を語り、踏み出す年に
北海道新幹線が札幌までつながると、東京へ鉄路で4時間で行けるようになる。待機時間を考えると飛行機とそん色ない。何より函館や東北が近くなるのがうれしい。旭川―札幌... (1月1日)
旭川近郊店の初売・福袋・セール情報まとめ
今年もライナーでは、旭川市と近郊にある大型店の初売りや福袋の情報をまとめました。年末年始の変則的な営業時間などについても記載していますので、お役立てください!... (12月28日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

アカウント作成

ライナー最新号

2019年11月22日号
2019年11月22日号
旭川名物を贈ろう
ぎんねこのお歳暮ギフト
ライナー見たよで割引に
紙面を見る

ピックアップ

注目グルメ
注目グルメ
自家製ミートも絶品
東川・ナウカフェの
豪快デリワッフル
シネマの時間
シネマの時間
山崎まさよしの
朴訥な芝居がいい
双子描いた「影踏み」
お通しダイアリー
お通しダイアリー
行ってみなけりゃ
出会えない。
今宵訪れたのは…
味な人
味な人
まいど!おおきに!
の精神で拓いてきた
北海道の粉もん文化
つくろう旬レシピ
つくろう旬レシピ
ホタテじゃないよ
いまが旬・エリンギの
なんちゃって焼き
求人情報
求人情報
旭川市・道北エリアの正社員、アルバイト、パート就職情報
オープンハウス
オープンハウス
旭川市近郊エリアで
公開中のおうちを
ご紹介します
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
11/19~11/25の運勢

ページの最上段に戻る