1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. まとめ
  4. 自由な心で。人生を謳歌する大人たち

うたをうたおう♪

自由な心で。人生を謳歌する大人たち

人はなぜうたうのか。ストレス解消、ボケ防止、ダイエット、平和のため―。人生経験を重ねた大人たちがうたう理由はさまざまです。いま、「うたうこと」に夢中な彼らを取材しました。

歌って踊って気分すっきり

ヤマハの「青春ポップス」教室には、まさに〝リア充〟の〝キラキラ女子〟がいっぱい!合間にはしっかり水分補給をして、運動靴持参の人も

「足をシュッと出して。宝塚のイメージで!」。元気に響く講師の声に、生徒から笑いがもれました。早速足を運んだのは、ヤマハミュージックリテイリング旭川店が昨年の夏から始めた、歌って踊れる「青春ポップス」の教室です。

スクリーンに映る専用の映像に合わせて、ザ・ピーナッツの「恋のバカンス」やあみん「待つわ」といった誰もが口ずさめる昭和のヒットソングに、簡単な振りをつけて歌います。和気あいあいとした雰囲気ながら、音程をとるパート練習や振り付けの確認などなかなか熱心。みなさん本気のご様子です。

「間違っちゃいけないとか、うまくやらなきゃなんて考えなくていいんです。ハモる時も、上のパートでも下のパートでも好きな方を自由に歌っていいし、とにかく楽しんで」と講師の荒川先生はにっこり。90分のプログラムもあっという間です。「青春ポップスは『カラオケ以上、レッスン未満』という位置づけで、習うことより楽しむことを重視したサークル感覚のプログラムです。音楽を通して、生活を豊かにできたら理想ですね」と話すのは同社の甲斐三保子さん。たしかに、教室から出てくる生徒たちは、運動後のように頬がほんのりピンクに色づき、充実感に満ちています。

生徒たちの始めた理由はいろいろですが、「思いっきり声を出せるのがいい!家じゃできないから」「だんだんうまくなるのがいい気分」「家で家事をしながら思わずステップを踏んでいる」といった明るい声がたくさん。人気上々で、今月からは豊岡センターでも実施を始めました。まだ若干の空きがあり、男性の申し込みもあるそうです。

終戦記念日に第九を歌う

あさひかわ第九の会のメンバーは、現在男性8人、女性19人で平均年齢は65歳

設立15年目のあさひかわ第九の会は、毎週日曜の午後1時半から2時間ほど、北星公民館に集まり、ベートーヴェンの交響曲第9番、通称「第九」の混声合唱を楽しんでいます。

代表の石黒勉さんは、もと旭川市木工芸指導所の技術者で、20代の頃に研修で3年間、西ドイツで暮らしました。第九との出会いは2002年、旭川音楽鑑賞協会が世界的指揮者「炎のコバケン」こと小林研一郎さんと日本フィルを招いた演奏会を企画した際、ドイツ語詞の解説を依頼されたことから。もともとは歌謡曲や演歌が好きだった石黒さんですが、「第九の歌詞はシラーという人の『自由のために』の詩の一部。第九は歓喜の歌として有名ですが、本来は自由、平等、博愛を歌ったもので、それをみんなで分かち合いたいと思いました」と会立ち上げのきっかけを語ります。

会の初演は、設立翌年の8月6日。広島原爆の日に、世界平和を願ったこの歌を歌いました。「日本では年末の定番曲のようにいわれますが、この時期に歌うことで、より日本らしい表現ができると気付いたんです」。その後も毎年、終戦記念日のある8月に、演奏会を開くことに決めました。これまでに、市内の北日本フィルや陸上自衛隊第2師団、目が不自由な弾き振りのピアニスト・宮崎剛さん、早稲田大の男声合唱団グリークラブなどと共演を重ねています。

「難しい歌詞ですが、会員みんながいつでも歌えるよう繰り返しレッスンしています。今後はさらに第九を極めるべく、ベートーヴェン自身やドイツ語、ドイツ文化についても幅広く学んでいきたい。ときには第九の生演奏を聴きながら、ケーキとコーヒーで気分転換も忘れずにね」。

17文字にユーモアのせて

昭和11年から続く旭川川柳社。主幹の庄司さんは元教諭で、日本けん玉協会一級指導員の一面も

声を出して歌うのは恥ずかしい…というシャイな人は、川柳をうたってみるのはいかが?月に2回、ときわ市民ホールで句会を開いているのは、旭川川柳社のみなさんです。

「季語がいらず、口語で作れる川柳は誰でも楽しめるものですよ」と主幹の庄司昭志登さん。説明や解説じみた句になってしまうのは面白みがなく、はっと思わせるのがいい川柳だそう。

取材日は、宿題となっていたお題が2つあり、庄司さんらが選者となって優秀な句を発表していました。続いて、席題。席題とは、本来その場でお題を出して詠むものですが、「もう年だからスッと思いつかない」というメンバーの声を受け、いつからか宿題となってしまったというから、何とものどかです。

メンバーは「頭を使うからボケ防止に」と始めた人もいますが、「運転中にひらめいたら、止まってすぐに携帯に打ち込むの。三歩歩いたら忘れちゃうから」と作句する人も。「わずかな文字の中に人間の本性が見えてくることがあります。あの人はこういう風に思っているんだとか、機微を感じられますね」とその奥深い魅力を教えてくれました。

たとえば「拗(す)ねる」というお題では、「拗ねてると背なに届かぬサロンパス」「脳はもう錆びたか減ったか働かぬ」「想定外拗ねた子らから介護受け」といった、思わずくすりとさせられる作品が並びます。老いや物忘れも笑い飛ばす、度量の広さが印象的です。旭川川柳社では月に1回、「川柳あさひ」と題した作品集を発行し、他の人の作品を見て研鑽を積んでいます。


夢中になるものがあると、人は生き生きします。「うたうこと」を始めてみたら、楽しい時間や新たな出会いが待っているかもしれません。

■取材協力
ヤマハミュージックリテイリング旭川店(☎0166-24-4500)
あさひかわ第九の会(☎090-1523-9034、代表・石黒勉さん)
旭川川柳社(☎0166-37-2582、庄司昭志登さん)

関連キーワード

トピックス

無骨なビルで屋内フリマ フードやワークショップも
旭川市内の古着屋やレコード喫茶、飲食店などが集まり、10月28日(日)午前11時から午後8時に、8条ビルヂング(旭川市8条通17丁目)で「平成フリーマーケット」... (10月17日)
富良野塾OBらが公演 家族の再生の物語
脚本家の倉本聰さんが主宰した俳優と脚本家の養成所「富良野塾」のOBらが、10月27日(土)、28日(日)に富良野演劇工場で「みずのかけら」を上演します。 つまら... (10月16日)
デザイナーの喜多俊之さん 旭川家具テーマに講演会
東川町は、国内外で活躍するデザイナーの喜多俊之さんを講師に招き、10月21日(日)午後3時から東川町複合交流施設せんとぴゅあIで講演会を開きます。 喜多さんは、... (10月15日)
剣淵あんこフェスティバル
多種多様な豆が栽培されている剣淵町で、10月27日(土)午前10時から午後3時に、剣淵町民センター(剣淵町仲町37-1)であんこ菓子を楽しむ和風なイベント「あん... (10月15日)
絵本作家のぶみさんと遊ぼう 20日に読み聞かせ会
絵本作家・のぶみさんと読み聞かせやワークショップを楽しむイベントが、10月20日(土)午後1時から、東部住民センターで開かれます。 のぶみさんは、「ママがおばけ... (10月14日)
旭川の歴史的建物の紹介と 謎に迫る2つの市民講座
30年に及ぶ活動を続ける旭川の歴史的建物の保存を考える会は、フィール旭川7階で市民向けに連続講座を開きます。これまで東海大の川島洋一教授が開いてきた講座ですが、... (10月13日)
薬剤師のお仕事、体験しよう
医薬品を正しく使うことの大切さと、薬剤師が果たす役割を啓発する「あさひかわくすりと健康マルシェ」が10月21日(日)午後1時からアッシュアトリウムで開かれます。... (10月13日)
来週末はき花の杜で工場祭 お菓子づくしの3日間
地震の影響で延期していた旭川市の老舗菓子店・壺屋総本店恒例の工場祭が、10月19日(金)から21日(日)の3日間、き花の杜で開かれます。... (10月12日)
ご当地に愛を込めて目指せ合格!旭川大雪観光文化検定
旭川・大雪圏域のご当地検定「旭川大雪観光文化検定」が11月3日(土・祝)、旭川商工会議所(旭川市常盤通1)で行われます。 同検定は、旭川地域の歴史や文化、観光名... (10月11日)
ていねいな仕事ぶり伝わる 長く愛せる作品ずらり
大切な人への贈り物や自分へのご褒美をテーマに、道内で活躍する12人のアーティストの作品を集めた企画展が、11月3日(土)までギャラリープルプルで開かれています。... (10月11日)
来週末はき花の杜で工場祭 お菓子づくしの3日間
地震の影響で延期していた旭川市の老舗菓子店・壺屋総本店恒例の工場祭が、10月19日(金)から21日(日)の3日間、き花の杜で開かれます。... (10月12日)
コンビニクリップ がっつり男飯編
食欲の秋ですし、お腹いっぱい行きましょう♪ 腹ペコ男子も大満足なボリューム◎のメニューをご紹介!... (10月9日)
13・14日に「農場マルシェ in 旭川空港」
道北の空の玄関口、旭川空港に来月、国際線ターミナルが開業するのに合わせたプレイベント「農場マルシェin旭川空港」が10月13日(土)・14日(日)の2日間、同空... (10月7日)
銀座商店街の老舗かまぼこ店とのコラボカレーを発売
障害者就労支援事業所のギャラリー喫茶ゆい・ゆい本舗(東神楽町ひじり野北1条3丁目)と、銀座商店街のかねはら蒲鉾店(旭川市3条通15丁目第一市場内)のコラボメニュ... (10月7日)
秋の夜風に誘われて 今宵もめぐるはしご酒
参加者限定のはしご酒セットを振る舞うイベント「酔桜はしご」が、10月16日(火)から19日(金)まで行われます。... (10月5日)
もみじの赤ちゃん元気に育て200年先へのプロジェクト
まるで落ち葉みたいな、小さくて頼りなげなもみじ。紅葉前線が到着したこの庭で、生まれたばかりの赤ちゃんまでも折り目正しく色付いています。... (10月11日)
知識身に付けて販売促進に アパレル業界向け洗濯講座
自宅で洗えるの?型崩れしない干し方は?これ色落ちするかしら?洋服を買うときに、ケアについてあれこれ質問してしまいませんか。でも流行やコーディネートについては詳し... (10月2日)
自分らしい死を迎えるために 医療事前指示書の記入体験も
北海道看護協会上川南支部は、10月20日(土)午後2時から4時に旭川市赤十字病院(同曙1条1丁目)で、自分が望む終末期の医療をテーマに講演会を開きます。講師は高... (9月28日)
最年少ラッパー誕生?!旭川の5歳の少女がデビュー
「こんな小さな私でも大きな夢があるんだよ 私は素敵な馬車の上 On my way to the 花畑」―。テンポの良いリズムに合わせてキュートに歌いあげるのは、... (9月25日)
子供に平等な勉強の機会を 来月から活動スタート
塾に通えなかったり、家庭学習をできない事情がある小中学生を対象に、無料で国語、数学(算数)、社会、理科、英語の5教科を教えるNPO法人ルミエール旭川(旭川市春光... (9月25日)
地震に伴うイベントの(中止・延期・変更)のお知らせ
フリーペーパー「ライナー」、「ライナーWEB」に掲載されたイベント等で、今回の地震の影響により、中止・延期または内容に変更があったものをお知らせいたします。... (9月6日)
旭川・近郊の夏のお祭り みどころを調べてみたよ
迫力の神輿やパレード、賑わう屋台、夜空に輝く花火…。7月、8月は道内各地でさまざまな夏祭りが行われます。 ライナー編集部で、旭川・近郊エリアのことしのお祭り情報... (6月26日)
旭川で活躍する6人に聞いた「お父さんはどんな人?」
地味にクる、笑いのルーツ (株)昇夢虹 イラストレーター 小川けんいちさん 父は自動車関連の会社員でした。家でもきりっとしていて、寝転がったりおならしたりなんて... (6月15日)
旭川で活躍する6人に聞いた 「お母さんはどんなひと?」
旭川で活躍する6人に聞きました。... (5月11日)
経産省「はばたく中小企業・ 小規模事業者300社」に選定
旭川のおかき製造業、北海道米菓フーズ(廣島俊郎社長)が、中小企業庁(経済産業省)の「はばたく中小企業・小規模事業者300社」に選定されました。 「はばたく中小企... (4月5日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

新規会員登録

ライナー最新号

2018年10月16日号
2018年10月16日号
人気商品は何時ころが
ねらい目?き花の杜
秋の工場祭攻略ガイド
紙面を見る

ピックアップ

注目グルメ
注目グルメ
素朴という名の贅沢…
広大な丘のただ中、
この場でとれたものを
晩酌思案中
晩酌思案中
旨い豚を知る
店主のサガリは
香味豊な味噌仕立て
つくろう旬レシピ
つくろう旬レシピ
日本酒にぴったり
しっとりほろほろ
「秋刀魚の煮付け」
チアーズ!マミー
チアーズ!マミー
センスの見せどころ?
ホームパーティには
ひと工夫ある手土産を
お通しダイアリー
お通しダイアリー
行ってみなけりゃ
出会えない。
今宵訪れたのは…
あさひかわ佳景
あさひかわ佳景
春・夏・秋・冬
そばにある景色を
写真とことばで
求人情報
求人情報
旭川市・道北エリアの正社員、アルバイト、パート就職情報
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
10/16~10/22の運勢

ページの最上段に戻る