1. ライナーウェブ
  2. ニュース&記事
  3. まとめ
  4. 自由な心で。人生を謳歌する大人たち

うたをうたおう♪

自由な心で。人生を謳歌する大人たち

人はなぜうたうのか。ストレス解消、ボケ防止、ダイエット、平和のため―。人生経験を重ねた大人たちがうたう理由はさまざまです。いま、「うたうこと」に夢中な彼らを取材しました。

歌って踊って気分すっきり

ヤマハの「青春ポップス」教室には、まさに〝リア充〟の〝キラキラ女子〟がいっぱい!合間にはしっかり水分補給をして、運動靴持参の人も

「足をシュッと出して。宝塚のイメージで!」。元気に響く講師の声に、生徒から笑いがもれました。早速足を運んだのは、ヤマハミュージックリテイリング旭川店が昨年の夏から始めた、歌って踊れる「青春ポップス」の教室です。

スクリーンに映る専用の映像に合わせて、ザ・ピーナッツの「恋のバカンス」やあみん「待つわ」といった誰もが口ずさめる昭和のヒットソングに、簡単な振りをつけて歌います。和気あいあいとした雰囲気ながら、音程をとるパート練習や振り付けの確認などなかなか熱心。みなさん本気のご様子です。

「間違っちゃいけないとか、うまくやらなきゃなんて考えなくていいんです。ハモる時も、上のパートでも下のパートでも好きな方を自由に歌っていいし、とにかく楽しんで」と講師の荒川先生はにっこり。90分のプログラムもあっという間です。「青春ポップスは『カラオケ以上、レッスン未満』という位置づけで、習うことより楽しむことを重視したサークル感覚のプログラムです。音楽を通して、生活を豊かにできたら理想ですね」と話すのは同社の甲斐三保子さん。たしかに、教室から出てくる生徒たちは、運動後のように頬がほんのりピンクに色づき、充実感に満ちています。

生徒たちの始めた理由はいろいろですが、「思いっきり声を出せるのがいい!家じゃできないから」「だんだんうまくなるのがいい気分」「家で家事をしながら思わずステップを踏んでいる」といった明るい声がたくさん。人気上々で、今月からは豊岡センターでも実施を始めました。まだ若干の空きがあり、男性の申し込みもあるそうです。

終戦記念日に第九を歌う

あさひかわ第九の会のメンバーは、現在男性8人、女性19人で平均年齢は65歳

設立15年目のあさひかわ第九の会は、毎週日曜の午後1時半から2時間ほど、北星公民館に集まり、ベートーヴェンの交響曲第9番、通称「第九」の混声合唱を楽しんでいます。

代表の石黒勉さんは、もと旭川市木工芸指導所の技術者で、20代の頃に研修で3年間、西ドイツで暮らしました。第九との出会いは2002年、旭川音楽鑑賞協会が世界的指揮者「炎のコバケン」こと小林研一郎さんと日本フィルを招いた演奏会を企画した際、ドイツ語詞の解説を依頼されたことから。もともとは歌謡曲や演歌が好きだった石黒さんですが、「第九の歌詞はシラーという人の『自由のために』の詩の一部。第九は歓喜の歌として有名ですが、本来は自由、平等、博愛を歌ったもので、それをみんなで分かち合いたいと思いました」と会立ち上げのきっかけを語ります。

会の初演は、設立翌年の8月6日。広島原爆の日に、世界平和を願ったこの歌を歌いました。「日本では年末の定番曲のようにいわれますが、この時期に歌うことで、より日本らしい表現ができると気付いたんです」。その後も毎年、終戦記念日のある8月に、演奏会を開くことに決めました。これまでに、市内の北日本フィルや陸上自衛隊第2師団、目が不自由な弾き振りのピアニスト・宮崎剛さん、早稲田大の男声合唱団グリークラブなどと共演を重ねています。

「難しい歌詞ですが、会員みんながいつでも歌えるよう繰り返しレッスンしています。今後はさらに第九を極めるべく、ベートーヴェン自身やドイツ語、ドイツ文化についても幅広く学んでいきたい。ときには第九の生演奏を聴きながら、ケーキとコーヒーで気分転換も忘れずにね」。

17文字にユーモアのせて

昭和11年から続く旭川川柳社。主幹の庄司さんは元教諭で、日本けん玉協会一級指導員の一面も

声を出して歌うのは恥ずかしい…というシャイな人は、川柳をうたってみるのはいかが?月に2回、ときわ市民ホールで句会を開いているのは、旭川川柳社のみなさんです。

「季語がいらず、口語で作れる川柳は誰でも楽しめるものですよ」と主幹の庄司昭志登さん。説明や解説じみた句になってしまうのは面白みがなく、はっと思わせるのがいい川柳だそう。

取材日は、宿題となっていたお題が2つあり、庄司さんらが選者となって優秀な句を発表していました。続いて、席題。席題とは、本来その場でお題を出して詠むものですが、「もう年だからスッと思いつかない」というメンバーの声を受け、いつからか宿題となってしまったというから、何とものどかです。

メンバーは「頭を使うからボケ防止に」と始めた人もいますが、「運転中にひらめいたら、止まってすぐに携帯に打ち込むの。三歩歩いたら忘れちゃうから」と作句する人も。「わずかな文字の中に人間の本性が見えてくることがあります。あの人はこういう風に思っているんだとか、機微を感じられますね」とその奥深い魅力を教えてくれました。

たとえば「拗(す)ねる」というお題では、「拗ねてると背なに届かぬサロンパス」「脳はもう錆びたか減ったか働かぬ」「想定外拗ねた子らから介護受け」といった、思わずくすりとさせられる作品が並びます。老いや物忘れも笑い飛ばす、度量の広さが印象的です。旭川川柳社では月に1回、「川柳あさひ」と題した作品集を発行し、他の人の作品を見て研鑽を積んでいます。


夢中になるものがあると、人は生き生きします。「うたうこと」を始めてみたら、楽しい時間や新たな出会いが待っているかもしれません。

■取材協力
ヤマハミュージックリテイリング旭川店(☎0166-24-4500)
あさひかわ第九の会(☎090-1523-9034、代表・石黒勉さん)
旭川川柳社(☎0166-37-2582、庄司昭志登さん)

関連キーワード

トピックス

童話の村のおまつりで 丸太切り大会参加者募集
やはり力か、それともテクか―。9月1日(土)・2日(日)に紋別郡滝上町で開かれる「童話村たきのうえふるさとまつり」のメインイベント、全日本丸太早切りチャンピオン... (8月21日)
カンボジアの地雷被害報告
カンボジアで地雷被害にあい、体に障害を負った人々のためにバリアフリーの洋式トイレを送る活動を続ける兵庫県尼崎市の女性グループ「リズムネットワーク」が、8月25日... (8月21日)
コンビニクリップ 「激辛メニュー」編
とくに暑かった今夏、冷たいものばかり取っていませんか? 内側から熱くなれるメニューで、心と身体に活を入れましょう♪... (8月21日)
夏の空港はグルメ天国! 人気商品の試食や限定販売も
ミルクにチーズ、野菜に小麦…北海道の恵みをたっぷり取り込んだスイーツやグルメ。観光客じゃなくてもグッとくるフレーズですね。いま旭川空港では、道内の有名スイーツや... (8月17日)
アイスコーヒー特集
残暑が続く午後のひとときは、ひんやり冷えたコーヒーでひと息つきませんか。 火照ったカラダとココロをすっきりリフレッシュしてくれる、旭川市内10店のアイスコーヒー... (8月17日)
カフェにビアガ、イベントも いま旭川のお寺がおもしろい
粛々として静謐、咳払いひとつも許されないような緊張感…というお寺のイメージが最近変わりつつあります。都心部では近ごろ、ヨガ教室やライブ、映画鑑賞会、フリーマーケ... (8月17日)
目指せ銭湯マスター! 10月末までスタンプラリー
旭川市内と近郊の銭湯で作る旭川浴場組合は、10月31日(水)まで加盟店20軒が参加するスタンプラリーを実施しています。業界を盛り上げるイベントとして始まり、今年... (8月15日)
19日にひつじ一色のお祭り オクラホマ河野さんがゲスト
見てかわいい、食べておいしい羊だらけのイベント「羊まつり」が、8月19日(日)午前10時から午後3時に、羊と雲の丘(士別市西士別町)で行われます。... (8月14日)
家族の姿を丁寧に描いた 舞台「ゆずり葉の季節」
在宅医療をテーマにした劇団たんぽぽによる舞台「ゆずり葉の季節(はる)」が、9月1日(土)午後3時から旭川市公会堂(常磐公園内)で上演されます。 2013年に浜松... (8月13日)
9月8日にバスの日イベント 菓子店巡りや会社見学も
日本で初めて路線バスが運行した日(9月20日)を記念して、9月8日(土)午前9時から午後5時まで、買物公園のアッシュアトリウムで「バスの日イベント」が開かれます... (8月12日)
手も口も止まらない!?旭川産のやみつき〇〇〇
しっとり柔らかい、茹で落花生を食べたことありますか?旭川でいち早く落花生の栽培を始めた宮下農園では、今年も収穫したての鮮度のいい落花生を塩茹でにして販売していま... (8月17日)
毎日でも行きたい おでかけランチ
たっぷりの野菜を使ったり、ピリっと辛かったり、夏らしい料理が勢揃い♪気分にあわせて使い分けしたい8つのお店を紹介します。... (8月7日)
道産和牛や希少ラムも対象に 専門店が10周年記念セール
食肉の加工・販売の専門店、日乃出食品は、8月4日(土)から15日(水)まで、現店舗への移転10周年を記念して「お盆特別セール」を実施します。 鮮度や産地、品質な... (8月3日)
旭川の若手料理人ふたりが ビアテラスに挑戦
旭川市内で営業する和食「雪屋」と石焼料理「菊善」の2店が協力し、買物公園沿いの川瀬ビル(旭川市3条通8丁目)2階で、9月30日(日)までひと夏だけのビアテラスを... (8月2日)
駅前でフードフェスティバル 3日から後半戦スタート
道内各地のご当地料理を提供する夏のフードフェスティバルが、8月3日(金)午後5時から後半戦をはじめます。会場は旭川駅前広場。連日のユニークなお酒の割り引き企画が... (8月2日)
東川町在住の写真家 大塚友記憲さんが写真集を出版
残雪にダケカンバの新緑が映える春、チングルマの黄色い花が揺れる夏、紅葉が山裾に広がる秋、雪に風紋が浮かび上がる冬―。東川町在住の写真家、大塚友記憲(ゆきのり)さ... (8月17日)
療養中のミルキー号に メッセージ送ろう
毎年恒例の旭川夏まつり期間中のばんえい十勝のばん馬による馬車運行が急きょ中止になりました。 例年、常磐公園を出発点に、旭川市中心部を運行して子供たちの人気を集め... (7月31日)
夏物衣料や家具雑貨が最大50%オフ
アパレルや雑貨、家具などを扱うセレクトショップのネオカプセル(旭川市曙1ノ2)が7月27日(金)より、半期に一度の大セールを実施します。 カリフォルニアなどのア... (7月27日)
心合わせて赤い羽根募金をPR
旭川市共同募金委員会は、市のシンボルキャラクター「あさっぴー」と幼なじみの「ゆっきりん」の寄附金付きバッジ=写真=を作成しました。  赤い羽根共同募金運動のPR... (7月10日)
トレーニングメニュー あなたのために作ります
水泳やダンス、囲碁など様々なスポーツや娯楽の複合施設、近文市民ふれあいセンター・ちかふれで、コツやポイントを短時間で指導してくれるマンツーマンのトレーニング教室... (7月3日)
旭川・近郊の夏のお祭り みどころを調べてみたよ
迫力の神輿やパレード、賑わう屋台、夜空に輝く花火…。7月、8月は道内各地でさまざまな夏祭りが行われます。 ライナー編集部で、旭川・近郊エリアのことしのお祭り情報... (6月26日)
旭川で活躍する6人に聞いた「お父さんはどんな人?」
地味にクる、笑いのルーツ (株)昇夢虹 イラストレーター 小川けんいちさん 父は自動車関連の会社員でした。家でもきりっとしていて、寝転がったりおならしたりなんて... (6月15日)
旭川で活躍する6人に聞いた 「お母さんはどんなひと?」
旭川で活躍する6人に聞きました。... (5月11日)
経産省「はばたく中小企業・ 小規模事業者300社」に選定
旭川のおかき製造業、北海道米菓フーズ(廣島俊郎社長)が、中小企業庁(経済産業省)の「はばたく中小企業・小規模事業者300社」に選定されました。 「はばたく中小企... (4月5日)
ここちよく、便利に。 あなたの門出を応援します
雪解け水が流れる音にもウキウキする春。これから始まる新生活には、どんなアイテムが必要でしょうか。ベッドにテーブル、冷蔵庫、食器に掃除用具の数々…。逆に不要なもの... (3月16日)
PRインターネット広告掲載はこちら »

ニュース / キーワード

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

新規会員登録

ライナー最新号

2018年8月21日号
2018年8月21日号
理想のお庭を提案
冬の準備もそろそろ
オカモトの夏祭り
紙面を見る

ピックアップ

注目グルメ
注目グルメ
目指せコンプリート!
日替わりで登場します
47都道府県おにぎり
チアーズ!マミー
チアーズ!マミー
今から準備しよう
教えて!
七五三事情
晩酌思案中
晩酌思案中
どうぞお試しを
唎酒師コタさんの
カンタン夏レシピ
お通しダイアリー
お通しダイアリー
行ってみなけりゃ
出会えない。
今宵訪れたのは…
つくろう旬レシピ
つくろう旬レシピ
果肉大きめがいい!
湯むきいらずの
ひんやりトマトゼリー
味な人
味な人
名物ペロンタン汁は
クジラ汁をヒントに。
花まる亭藤丸正雄さん
求人情報
求人情報
旭川市・道北エリアの正社員、アルバイト、パート就職情報
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
8/21~8/27の運勢

ページの最上段に戻る