香典などで葬儀費用が賄いきれなかった場合、不足分を誰が負担するか揉めることはよくあるようです。裁判例では葬儀費用の負担者を決めていなかった場合、喪主が負担すべきとされることが多いようです。その理由は、多くの場合、喪主が葬儀の費用や規模を決めるなど葬儀の主催者にあたるからです。

 今回のように葬儀費用や規模などのほとんどをお兄様が決めた場合には、お母様が喪主であっても、実質的な葬儀の主催者、つまり費用の負担者はお兄様となる可能性もあります。

 もっとも、亡くなったお父様は、法的に誰が葬儀の主催者かを判断し、その一人に葬儀費用を負担させるより、ご家族がお互いの言い分を少しずつ譲り合い円満に解決することを望んでいるのではないでしょうか。

 弁護士は交渉の窓口として法的な請求を行うだけでなく、裏方として円満な解決のサポートもしていますので、一度弁護士に相談してみることも一つの方法です。