人身交通事故を起こすと、行政責任(免許取消など)、刑事責任(罰金など)、民事責任(損害賠償)が発生します。今回のご相談は民事責任に関するものです。ご相談者は、任意保険に加入しているので、法律上の損害賠償責任については保険で賄えることになります(契約により限度額あり)。また、保険会社が任意の支払いに応じなくても、裁判により被害者の請求が認められれば保険金は支払われます。

 以上から、法律上ご相談者が負う損害賠償責任については、ご相談者が負担することはありません(免責金額を除く)。そして、相手が法律上認められない損害をご相談者に求めているのであれば、そのような要求に応じる義務もありません。

 もっとも交通事故の場合、加害者が交渉を保険会社に任せきりにして、一度も謝罪しない様な場合には、憤慨した被害者が行き場のない思いを損害賠償という形で加害者本人に請求することもあります。交通事故に限らず、人間関係のトラブルは、早い段階で感情のもつれを生まないような対応を心掛けることが必要です。