相続に関しては、長年内縁関係にあったとしても、内妻には相続権がありません。ご相談者のお父様のお話も、残念ながら法的な遺言にはあたりません。そのため、C子さんが住宅を取得するためには、一旦ご相談者が単独で住宅を相続し、その後に住宅をC子さんに譲渡する必要があります。

 ただし、相続放棄をしない場合には、ご相談者が住宅と住宅ローンを相続することになります。

 仮にC子さんが住宅ローンを負ってでも住宅の取得を望んだとしても、ローンの返済義務者をC子さんに変更するには、金融機関の承諾が必要になります。

 どのような方法が最善かは法律的な観点や税務的な観点も含めて全体を見据えながら進める必要がありますので、すぐに手続を進めて思わぬ失敗をしないためにも、弁護士などの専門家に相談しながら進めることをお勧めします。