未婚の男女の交際は、ほとんどが別れることを考えて始めるわけではないので、交際中に結婚の話がでることも少なくありません。

 婚約とは、文字通り将来結婚することを約束することですが、婚約指輪の受渡しがあったり、結納が取り交わされたりというようなことが第三者に明らかにされた段階で法的に婚約として保護される確実な約束と判断されることが多いようです。

 メールのやりとりでも、結婚することが確実であったことがわかれば証拠になり得ますが、そうでない場合には、第三者がお二人の婚約を知っているなどの事情がなければ、法律で保護される婚約と認められる可能性が低くなります。

 メールだからといって、必ず婚約が認められないとは限りませんし、慰謝料等が認められるかどうかは別としても、このままわだかまりを抱えていくのではなく、新たな人生に向けて彼との関係をきちんと清算するためにも、一度、弁護士などに相談されてみてはいかがでしょうか。