1. ライナーウェブ
  2. 求人
  3. お役立ちコンテンツ
  4. あさひかわ パートでの働き方 〜配偶者控除と社会保険等について~

あさひかわ パートでの働き方 〜配偶者控除と社会保険等について~

「配偶者控除」という言葉、なんとなくは知っているけれど、きちんと理解できていない人が意外にも多いのではないでしょうか。

配偶者控除を一言で説明するなら、自分以外に養っている人がいる場合、支払う所得税と住民税が減るという制度です。夫の扶養になっている妻が、仕事探しをする際には、この配偶者控除内で働くのか、そうではないのかで、世帯の収入が異なってきます。

自分にあった働き方を理解した上で、仕事探しをはじめたいですね。

妻の手取りに影響するもの

夫の手取りに影響するもの

参照)財務省/平成29年税制改定

旭川の会社員世帯でシミュレーション!

例えば、旭川市在住の会社員の夫(30歳・社会保険加入者)とパート主婦(30歳)という前提とします。

※税額や保険料は、地域や年齢などでも異なります。
※正確な数字を計算するには、細かな情報が必要となるため、ここでは概算で金額(千円未満を四捨五入)を表示しています。
※住民税は2019年度分以後に新しい配偶者控除が適用されます。(上記シミュレーションは適用されたものとしています)
※社会保険料は健康保険・厚生年金・雇用保険または国民健康保険・国民年金・雇用保険の合計です。
※夫、妻ともに賞与がないものとして社会保険料を計算しています。
※所得税率・社会保険料率は2018年7月時点のものです。

まとめ

●夫の扶養に入り、税金(所得税や住民税)を払いたくない人
→年収97万円までに抑えて働く

(旭川市の場合です。各市区町村は基準がそれぞれ設けられています)

●税金(所得税・住民税)は仕方ないけど、健康保険の扶養からは外れたくない人
→年収130万円未満(一部106万円未満)に働く

妻の勤務先が社保完備の会社の場合は、1週間の所定労働時間および1ヶ月の所定労働日数を正社員の4分3未満に働く

●できるだけ働きたい人
→年収150万円といわず稼げるだけ稼ぐ


住民税や所得税ではそれほど大きな差になりませんが、社会保険または国民健康保険・国民年金への加入の有無で手取り額は大きく変わります。年収が増えるということは、その分税金や保険料の負担が増えます。

妻の勤務先が社保完備の会社で、一定金額以上の年収と正社員並みに就労した場合は、社会保険加入義務が発生します。目先の収入は減りますが、社会保険料は労働者と会社で保険料を折半することになっており自分と会社も同額を収めております。合算すると国民健康保険料より大きな額を支払っていることがあります。長期的に見ると長生きをすれば将来の受け取れる年金が増えます。
※ただし、個々人の状況により必ずしも増えるとは言い切れませんのでご了承ください

社会保険加入期間中に病気やけがで障害状態になった場合には障害基礎年金のほかに障害厚生年金が受給できるなど手厚い保障が受けられます。妻の勤務先が社保完備していない会社で、年収130万円以上稼いだ場合は、国民健康保険・国民年金への加入義務が発生します。国民健康保険料はご家族の状況によりケースバイケースですので、社会保険料より低く抑えられることがあります。
今までご説明した様々な制度をふまえて自分に合った働き方を選んでいきましょう。

文・監修:株式会社多田総合会計事務所
代表取締役 多田 陽平

PRインターネット広告掲載はこちら »

キープリスト

「キープ」された情報はありません。

ようこそ、ゲストさん

メールアドレス
パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

はじめての方はこちら

アカウント作成

ライナー最新号

2019年7月16日号
2019年7月16日号
熱いの、辛いの、冷たいの
期間限定もお見逃しなく!
紙面を見る

ピックアップ

注目グルメ
注目グルメ
最後の一滴まで濃厚♡
洋菓子店がつくる
本格チョコドリンク
わが店の地味じまん
わが店の地味じまん
素朴な見た目だけど
おいしいお菓子を発掘
チアーズ!マミー
チアーズ!マミー
上川町で遊ぼう
親子で楽しむ&まなぶ
おすすめスポット
店名 その心は…
店名 その心は…
ここで家具を作りたい
白さと静けさに惹かれ
ガージーに秘めた想い
お通しダイアリー
お通しダイアリー
行ってみなけりゃ
出会えない。
今宵訪れたのは…
オープンハウス
オープンハウス
旭川市近郊エリアで
公開中のおうちを
ご紹介します
求人情報
求人情報
旭川市・道北エリアの正社員、アルバイト、パート就職情報
開店・移転・閉店
開店・移転・閉店
旭川市・近郊エリアの新店や創業などの話題。情報提供も歓迎!
星占い
星占い
7/16~7/22の運勢

ページの最上段に戻る