一汁三菜ランチ
「アレルギーやアトピー、ダイエット中の方にもおすすめです」と田近さん。このほか野菜スムージー、デザート、たんぽぽコーヒーが付いて税込1200円。持ち帰り弁当やおかずセットも登場しています。営業は昼のみ。夜はカフェバー「no.0618(オーシックス)」に変身します
オーガニックレストラン0831(おやさい)

飲み屋街に、オーガニックの救世主

 近郊農家の野菜を中心に、すべて無農薬・無添加。動物性たんぱく質、牛乳、卵、砂糖は使わず、調味料は自然塩や生醤油、生味噌といたってシンプルです。店主はマクロビオティックなどの研究を重ね、食養講座の講師も務める田近英子さん。息子の病気をきっかけに玄米菜食の道に進み、食の大切さを多くの人に伝えたいとこの店をオープンしました。

 この日のラインナップは瑞々しい大根の竜田揚げ、自宅の庭で採れたミニ人参と春菊の黒胡麻和え、ピーマンの昆布茶和え。さらに常備菜の切干大根をプラスして、四菜にしちゃうのが田近さん流です。キャベツの甘みたっぷりの汁物が、身体を芯から温めてくれました。忘年会シーズンが始まる今こそ、お昼くらいはこんなおふくろの味で体を労わって。

2017年11月10日