笹豚の炭焼き骨付きカルビ
大雪さんろく笹豚」をご存知か。同社が熊笹添加飼料で育てた健康で肉質の良いブランド豚だ。独自の加工や味付けによって、笹豚ならでは美味しさが堪能できる人気商品の一つがコレ。
真空パックで販売されているので、手軽に扱えて便利。骨に沿ってナイフを入れてみれば、ジューシーな肉がたっぷり。見た目以上の食べ応えであった。次は丸ごとかぶりついてみようかな。

醍醐味に満ちた骨付き肉で
晩酌も盛り上がる

 有難いことに、何でも酒の肴として美味しく頂ける性分である。もちろんお肉だって、良いものがあれがそれで一献。

 例えば骨付きカルビ。いわゆるあばら骨がついた、いや、あばら骨についた…ともかくそういうバラ肉のことだが、骨の周りの肉は赤身と脂肪が層になっていて、旨みが多いんだそうな。

 良い肴になる、というのはそこがポイント。どんな肴だろうと、酒の味を引き立てるのは、実はこの旨み成分によるところが大きいのである。自然とバラ肉を好むのは野生の、いや、呑兵衛の勘というやつか(笑)。

 気を惹くのはそれだけじゃない。骨付きという大胆さは趣向としても面白い。骨までしゃぶり尽くせば、動物の肉を頂いているんだという実感に満ち「ありがとう」と口に出してまでは言わないが、気分が揚がることは確か。これこそ醍醐味である。

 余談だが、骨付き肉で思い出すのは、かの原始時代のギャグマンガ。と言うと年齢がバレるが、これもまた醍醐味なり。

(株)大雪山麓社
旭川市東光8条8丁目6-3
TEL0166-74-6689
11:00~18:00
定休日/日曜・祝日

2017年10月20日