アウトレイジ 最終章
©2017「アウトレイジ 最終章」製作委員会

悪人 完結

 「全員悪人」でおなじみの『アウトレイジ』。そのシリーズ三作目にして完結編が本作である。主人公大友の物語の完結編であり、前作のその後を描いている。しかし登場人物こそ引き継いでいるものの、本作は新たな事件とそれを発端に巻き起こる一連の物語を描いているため、前の二作を見ていなくてもほとんど問題なく付いていけそうだ。

 登場人物の数が多く、また陰謀や根回し、謀略などが渦巻いているため相関関係も複雑だ。にもかかわらず、初めて見る人にもすぐわかるように演出されており、それぞれの人物の名前も、セリフの中で呼び合ってくれるのですぐに理解できる。毎度ながらこの演出手腕には舌を巻く。

 このシリーズは基本的に悪人ばかりが登場するのだが、その悪人まみれの中に、ほかの悪人が善人に見えるぐらい卑劣で醜悪な人物が登場する。そういう悪人の中の悪人たちが、たいていひどい死に方とセットで用意されている。

 日本版ゴッドファーザーとも言うべきバイオレンス映画の傑作だが、溢れるほどの暴力を通じて描かれているのは日本人の根底に流れる忠臣蔵的な忠義心である。最終章の公開は、一作目から改めて見直してみる良い機会とも言えそうだ。

ディノスシネマズ旭川で上映中

ケン坊がさらに語る!WEB限定おまけコラム

この記事には映画のネタバレが少々含まれているので、まだ映画を見ていない人はその点をご承知おきの上で読んでください。

もっと読む

 大友の物語が完結する。『アウトレイジ』というシリーズが終わるのは大友が死ぬ時だ、というのはおそらく多くのファンにとって共通認識のようなものだろう。問題は「どのように死ぬか」というところだ。生きざまがあり、死にざまがある。振り返ればこのシリーズはそれぞれの登場人物が「いかに死ぬか」を描いてきたようでもある。極悪な人物に凄惨な死を、忠実な子分にあっけない死を、私怨のある相手に滑稽な死を、ばらまいてきた。本作でもそれを継承し、登場する人物は次々に死に、名も与えられないキャラクタたちはまとめて大量に葬られ、悪人の中にあって極悪に見える卑劣な人物はひどい死に方をする。そして最終的に大友に死を与えることになるわけだが、その引導を誰が渡すのか。この凄絶な物語の主人公たる大友にはどんな死がふさわしいのか。

 強大な勢力を誇った山王会は今や花菱会に抑えられており、一作目のころとは大きく勢力図が書き換わっている。本作では韓国マフィアの張が強力な影響力を誇っていて、大友はその庇護下にある。しかし張の子分として命令に従うのではなく、大友は自らの意思で自分が信じるもののために行動している。李はおそらく、自分の言葉で大友を止めることはできないとわかっていて、制止する言葉を投げつつ行動を見守り、協力もする。大友は「迷惑はかけない」と李に伝えた上で行動を開始する。その時点で幕引きについても張、李、大友の3人の中にはあったのではあるまいか。

 一作目からシリーズを通して、関東、関西をまたいで暴力団の勢力地図に巨大な影響を及ぼした大友。その大友が最終的に信頼したのが韓国マフィアだったという事実は象徴的だ。

 済州島での花田との一件が引き金となって日本に戻ってきたとき、大友の脳裏にはすでに自身の幕引きがあったのかもしれない。いかに生き、いかに死ぬか。本作の大友は前作にも輪をかけて表情がない。達観したまなざしで淡々と事を為す。それはすでに死に場所を見定めた男のまなざしだったのかもしれない。

2017年10月13日