手仕事ダイニングてけてけ

 旭川っ子が噂する実高坂の都市伝説。下半身のない妖怪てけてけが出るとか出ないとか、ってまさしくその〝てけてけ〟だそうで。「12年前に店を建てたころは、まわりに使われていない自衛隊の官舎があって。真っ暗な住宅街にぽつんと光る店だから、ちょっと不気味にしようと思ってね」と店主の西村さん。

 その後、妖怪ウォッチ大流行にほくそ笑んだのはもちろんでしょう。流血チャーハンや人魂てんぷらなど、これまで生み出した妖怪メニューも数知れず(どれもきちんとおいしいお料理です!)。

 ちなみに「僕はカッパと座敷わらしを見たことがあるよ」と。マジかよ…。

2017年9月12日